2011/01/30

1月30日(日)

今日は寒いですね〜時折日差しは有るものの、雪もちらついて寒いです。
今週なかなか出来なかったハンドマイク宣伝。昼から南加茂台の中を歩いて回ってきました。
塚穴公園のテニスコートでは、テニスをしているみなさん。たぶん、下の子をだっこしてくれていた先輩ママさんたち、やっぱり元気!元気!

ハンドマイク宣伝は、1人で回るにはまだ恥ずかしさが先に立って、今日もお願いして、3人で回りました。来週の目標は「1人で」でも頑張ろう!

ざっくばらん懇談会

1月29日(土)

昨日も今日も、雪がちらついています。月末にかけ強い冬型になると言っています。寒さが厳しいですね。富山は雪が降っていましたが、やはり京都の「底冷え」とは違いますね。京都の方が寒い気がします。

1時30分から、南加茂台6丁目のやすらぎセンターで、むらき恵子市議の「12月議会報告会」がありました。12月議会の事、市政の対する疑問など、ざっくばらんに懇談。私もちょっとだけ報告。

 
去年の11月、きょうと祭りでの決意表明。かみかみです。

2011/01/29

なんで?

1月28日(金)

以前の仕事で知り合った方の所に挨拶に行きました。なかなか時間が取れずにお会いできなかったりしていましたが、少しずつ顔を出しています。

「なんで日本共産党なの?」と、率直に聞かれます。「私も前はそうでした。同じですね」
企業献金も受け取らない。政党助成金も受け取らない。だから、大企業やアメリカ言いなりではなく「住民が主人公」と、住民のくらしを良くするための政策を提案できる。

「本当は自民党とか民主党とかなんだけど、今回は西山さんを応援するわ」おもくてありがたい言葉です。

2011/01/27

しいたけ

1月27日(木)

わが家の息子はしいたけが苦手です。採れたてのしいたけなら食べるかな?と思って、去年の秋に「きのこ栽培キット」なるものを購入しました。(当尾の人には笑われそうですよね)
届いてすぐの時は、次々にきのこが出てきて、お隣さんにもおすそ分けしたぐらい。
ところがその後ぴたっと出て来なくなり、もうダメかな?とあきらめていた頃、久しぶりに3本出現しました。
貴重な3本は、夕飯の食材の足しに・・・

ちなみに息子のしいたけ嫌いはなおっていません。


有害鳥獣問題研究会

1月25日(火)

午後から、「山城地域有害鳥獣問題懇談会」に参加。
研究会の方からの資料にもとづく説明と現状、和束町の岡本議員の「和束町湯舟地区のとりくみ」、各地域の意見交換など。

里山が荒れてきた事と平行して、被害も増えている近年。シカの被害などは、人工林(スギ・ヒノキなど)の増加、外材の輸入とも連動しているそうです。  私の花粉症も?

サルは、追い払っても集団で移動するので、和束町でも「町内を回っているのか、お隣へ行ったかも?」との話しで、やはり市町村をまたがって広域で「鳥獣被害対策」の対応をするのがベスト。

里山が荒れると、地下へ流れ込む水にも、自然の保全にも影響が出ます。守って欲しいものは、緑豊かな日本の大地、安心安全な食料。


2011/01/26

朝宣伝

1月25日(火)

南加茂台バスローターリーで朝宣伝。
私も子どもが産まれるまでは、ここからバスに乗って、大阪の日本橋まで通勤してたなぁと思い出しながら。
その頃から比べると、バスに乗る人もかなり少なくなっています。

今日は「子どもの医療費、自治体ごとの制度の違い」「山城南医療圏の課題」についてのビラ。毎回ちょっと知らなかった事、でも知っておいて欲しい事が載っているビラ。
配り出してわかる事は、女性があまり受け取らない事。バスに乗る人が少ない事もあるからだけど、ぜひ知っておいて欲しい情報。

でも以前の私もそうだったかな。配りながら若い頃の自分をふと思い出す。

2011/01/24

さる

今日、午前中に当尾へ宣伝に行って来ました。朝は寒く池には氷が張っていました。
宣伝の途中でお話を聞くと、また猿が集団で出て来たそうです。
猿も賢く、朝早くは野菜も冷たいので、少し寒さがマシになった頃に畑へ来るらしく、「爆竹」で脅かして追い払うそうです。
前回も猿の親子連れに遇いましたが、里山を守るため、もっと鳥獣被害対策に取り組まないといけません。



2011/01/20

子育て支援勉強会

今日あじさいホールで木津川市社会福祉協議会が主催する講演会に行って来ました。
講師は、夢街道国際交流子ども館の理事長の比嘉昇さん。
今までにも何度かお話を聞く機会があり、今日も楽しみにしていました。

不登校・非行は、いつでも誰でもなりうる問題。「大人社会のひずみ」の投影。「不登校」は、子どもが生き急がされた時に、立ち止まる自然な感覚であり、普通な考え方。
子どもの成長は一直線には行かない。子ども自身で選択させる。決めさせる。子どもの成長を見守る事が大事なのに、生活に追われ、ついつい急かしている。

講演を聞きながら、自分の子どもに対しての接し方など、反省。

また、いろいろな意味で子どもたちも親たちも、そして先生方や教育現場が「疲れている時代」だとあらためて思いました。
今こそ教育・医療・福祉にもっと手をさしのべる『やさしい政治』にかえたい。

2011/01/19

ハンドマイク

18日、はじめてのハンドマイクを使っての宣伝。
むらきさんに連れてもらって、のぼりを持って団地の中を歩く。
思っている事、いいたい事はたくさん有るのに、
緊張してついつまってしまう。

でも何人かの方に「がんばって」って声をかけてもらい、
あたたかい幸せな気持ちになりました。

「住民のみなさんが主人公」です。みなさんとともに頑張ります。

こんにちは

それこそ「昨日まで一主婦だった私」が、大きな顔写真のついたのぼりを持って、
市会議員のむらき恵子さんと一緒に街頭宣伝するとは・・・

南加茂台に住み始めて20年。子どもが小さい頃は専業主婦で、ママ友に誘われて「ママさんテニス」を楽しんでいました。その時下の子はまだ赤ちゃんでしたが、ママさんテニスの「子育ても一息ついた先輩」のお母さん達にとても可愛がってもらいました。

考えてみればテニスだけではなく、保育園や学校でのPTA活動もまわりの人達に恵まれて、いつも楽しく活動していました。

子どももすぐに大きくなる。だからこそそんな時は、学校や先生方、お母さんたちとも関わりを持ちながら、仕事が忙しくても子どもを通じていろんな体験を楽しんでいました。

その私がのぼりを持って、街頭宣伝。そこにいくまでにおおいに迷い、悩み、そして頑張ろうと決意しました。