2011/02/26

船屋のひな祭り

2月26日(土)

今日から3月3日まで、加茂の船屋のひな祭りです。昼から少しだけ見に行って来ました。出店している方に聞くと朝から良いお天気だったので、まあまあの人出だそうです。地域の方やお店がお雛様を飾っていたり、ちょっとした品物や飲食物を出していたりします。   
「金のなる木」ってこんなにきれいな花が咲くって知りませんでした。

二人寄り添うようなお雛様
素敵なお着物
ぜひ足を伸ばしてみて下さい。お気に入りのお雛様と会えるかも・・・

船屋商店街は小さいまちです。駐車場はないので、加茂支所の駐車場に置いてぶらぶら歩いてみて下さい。

演説会

2月25日(金)

加茂を少し早めに出て、京都市内の府立体育館へ行って来ました。
6時開場で、6時過ぎには着いたのでまだ人も少なく、ちゃんと人が来るのかな、と心配でした。

最初は笑工房のナオユキさんの時事漫談、TPPの問題や憲法9条の話しをされました。9条の条文をスラスラと語り、「このすばらしい9条は変えたらあかん。やっと覚えたんだから。」(笑)

日航の不当解雇撤回裁判のパイロット山口さんのお話。本当の意味で空の安全を願う人と国民の声を大切にしないといけないと、心から思いました。また、その安全さえも簡単にお金(利益追求)と置き換えられて切り捨てられようとする、今の仕組みを許してはいけないと思います。


市田さんのお話の中の一つにTPPの問題点がしめされました。TPPをアメリカが進めるにあたり、どんな弊害と矛盾点が有るか。「アメリカからの冷凍食品のフライドポテトに少しぐらい大腸菌が検出されても、日本は文句を言うな。狂牛病の検査が厳しすぎるから、検査基準をゆるめろ。農薬や食品添加物の基準が厳しすぎる、とアメリカが言っている事。」

私は日本共産党に入党する前から、食育や学校給食の安心・安全に関しての活動に関わって来ました。子ども達の健康を守るために、食材の購入にすごく気を使っているお母さん達も多いです。大腸菌がついているとわかっている冷凍食品を食べさせる親はいないと思います。
市田さんが強調した「安全な食材は日本の大地から」は、ごく普通の願いです。当たり前の事です。

2011/02/25

京都府立体育館

2月25日(金)

今日の午後6時開場で、6時45分開会で「日本共産党大演説会」が有ります。市田書記局長が、今の日本と京都の政治を話します。
市田書記局長のお話は大好きです。わかりやすく、問題点と解決策を教えてくれて、尚かつ頑張ろうという勇気をくれます。
夜の演説会ですがぜひ来て下さい。

去年の11月「きょうと祭り」で市田書記局長と一緒に撮ってもらった写真です。大きな温かい手でした。

2011/02/23

運動不足

2月23日(水)

昨日と今日で、合計5時間ほど南加茂台を歩きました。いかに普段運動不足かを実感。膝から下、足首にかけてが痛い事。
その中での収穫は、何年かぶりに会えた人がいる事です。子どもが小さい時はよくお茶のみをしたりランチをしていたママ友も、子どもの成長とともに仕事に出たりして、なかなか会えなくなります。

「すごい決意したんやね。頑張ってね、応援するから」顔を見るなりそう言ってくれる人もいます。「体に気をつけて頑張ってね」その一言がとても嬉しい。

また「民主党はあかんわ。あんなひどいとは思ってなかった。」とおっしゃる方も多い。「期待はずれだった。がっかりだ。」と、私もそう思う。
筋肉痛もなんのその。みなさんの意見をしっかり聞いて、住みよい木津川市・笑顔あふれるまちづくりにがんばります。

2011/02/22

「にゃんにゃんにゃん」の日

2月22日(火)

ラジオで言っていましたが、今日は猫の日だそうです。2/22=にゃんにゃんにゃん
朝から「若者アンケート」のチラシを配っていました。就職が決まらない。奨学金の返済が出来るか心配・・・長女の2年後とダブって、ちょっとブルーになる内容だったので、にゃんにゃんにゃんに気持ちが緩みました。
共産党のビラは受け取らない、ビラは全て受け取らない、という人も多いです。でも、大事な情報・知っておいて欲しい事をビラにしています。受け取って読んでから判断して欲しいといつも思います。

2011/02/21

ふきのとう

2月21日(月)

家のまわりに出てくるものの一つにふきが有ります。去年は見つけてすぐにふきみそを作ったのですが、今年はばたばたしている間にすっかり大きくなっています。

手入れをしているわけでもないのに、砂利の間から顔を出して毎年出ているふき。あのほろ苦さは子どもには受けませんが、今年は全部で10個も出ていました。残念。

岩田さん

2月20日(日)

今日は朝からむらきさんと一緒に行動。私と違ってむらきさんは木津川・相楽地区を走り回っています。少し鼻声のむらきさん、一緒に並ぶとかなりの身長差で、私が階段一つ分下に立っていて丁度いいくらいです。
でもとってもパワフル。小さな体で、どこからそんな元気が出てくるのか?一緒に歩き出すとわかる事は、やっぱり「みんなの願いを京都府政に届けたい」と言う熱い思い。
今日話した人も他党支持だけど、むらきさんの事を「頑張ってる。共産党はスジが通っている」って評価してくれてます。できたら私みたいに「以前は他党支持でしたが、今は日本共産党支持です」とならないかしら・・・

昼からは、女性ばかりの集まりに参加して、岩田さんのお手製のいちご大福を頂きました。岩田さんは加茂町時代に、子育てしながら長く議員をしてきた人で、お菓子や料理を作るのがとても上手。私なんか毎日の食事づくりにてんてこ舞いです。


いっぱい作ったからとお土産にもらって帰って、子ども達もいちご大福をおいしく頂きました。

お気に入りのラーメン

2月19日(土)

お気に入りのラーメンと餃子。
息子と二人の時にいきなりラーメンが食べたくなって行く店があります。家から梅美台へ向かって行く途中の、あのいつでも人が並んでいる人気のラーメン屋さんではなくて、もう少し先の奈良の小さなお店です。

写真ではわかりにくいのですが、餃子もおいしい♬
お水とおしぼりもセルフ。

一人で作っていはるので、少し待たされるかもしれませんが、私のお気に入りの一つです。





(子ども達にいわせると私の写真の撮り方はセンスがないそうです。おいしく見えなかったらごめんなさい)

2011/02/20

赤い花5つ

2月18日(金)

夕方6時から、木津第二中学校でフリーアナウンサーの岩崎裕美さんの講演会「コミュニケーションをもっと豊かに〜こころ育て、ことば育て〜」がありました。

いつもながら、話しを聞く中でドキッとする事が出てきます。たとえば、若い人達は話す時に「口を開けていない。ぼそぼそっと話している。表情が変わらない。」と言う特徴がある、と言う話。
そうそう、うちの大学生の長女はそんな感じです。いつも声が小さいので私が聞き返さないといけないし、短いことばで済まそうとします。またまた親バカですが、笑うと可愛い子なのにすぐにムッとした顔になります。(これは私の聞き方が悪いのかな)

岩崎さんいわく、最近の若者は基本が「携帯電話でのしゃべり」だからだそうです。携帯電話を使うとまわりに聞こえないように大きな声で話してはいけないし、別に表情豊かに話す必要もないし、本当に邪魔くさくなったらメールを送れば良い。そのくせが続くと、自分の気持ちを表情豊かに話し、相手に伝える事が出来ない人になって来るそうです。そして相手の気持ちをことばの中からくみ取る事が苦手になってしまう。

岩崎さんが面白いゲームをしてくれました。「赤い花5つ早口で言って下さい」一人目二人目は「赤い花5つ、赤い花5つ・・・」と5回早口で言いました。三人目は「赤い花、赤い花・・・」と5回早口で言いました。四人目は「カーネーション、ガーベラ、えーと」と赤い花の名前を5つ言おうとしました。
実はどの人も正解なんだそうです。三人目までの人達は「アナウンサーが言うから、早口言葉の練習」だと思うし、四人目の人ぐらいになると「花の名前でしょ?」と思う。
岩崎さんもわざと全てを伝えていないし、どの人も早口言葉を言うのか、花の名前を言うのかを確認していません。

これは他人同士だけにありがちだと思ってはいけないそうです。親子の間でも同じ事が言えます。親子の方が「これくらいわかってくれているだろう。気づいてくれているだろう」と、思い込みが激しい場合があります。
長女に対して、賢いから全部言わなくてもわかるだろう、しっかりしているからそこまで言う必要がないだろうと、少しずつ会話しなくなっていた事に気づかされました。

またまた勉強できました。勉強の後は、実践です。これがなかなか難しい。あらためて話すのは、相手が自分の子どもでも結構恥ずかしいです。
この事は夫婦間でも同じですって。 年齢がいって会話のない夫婦になる前に、きちんとことばを伝える練習しておきましょうね。

2011/02/17

ほっと一息

2月17日(木)

今日は泉川中学校の第2回PTA総会でした。まだ3年生は3月に公立高校の受験を控えていますが、ぼちぼち進路の決定した子ども達もいます。
総会で新役員さん達も承認されて、これで旧役員の仕事も一区切りです。

学校もずいぶん落ち着いているせいか、総会では保護者の参加は少ないです。でもいつも思う事は、この1年子ども達が「大きな事件・事故」に巻き込まれなくて良かった。保護者・学校・地域の人達に感謝、です。

そして一緒に頑張ってくれた役員さん達と先生方。子どもの事でぼやきながらも毎回楽しく活動できるからこそ、次も「やっても良いかも」と思います。

世のお父さんお母さん達、PTA役員って楽しいですよ。子育ては長く感じるけれど、すぐに終わってしまいます。難しくかまえずに、気楽にかかわれる範囲で一緒に楽しみましょう。

2011/02/16

サル

2月16日(水)

 午前中、宣伝カーで州見台を回ってから、久しぶりに当尾に行ってきました。朝から穏やかな天気だったので、ちらほらと散歩の人もいらっしゃいます。
と思っていたら、サルも・・・今日はせいぜい10匹くらいの集団でしたが、宣伝カーから聞こえる「西山さち子です」の声に驚くわけでもなく、ちらっとこちらを見ています。
※上の写真は見えにくいですが、畑の野菜を食べています。

今TPPの問題がテレビでも新聞でもよく取り上げられています。一般紙ではわからない事実、例えばTPPは農業だけの問題ではなく、医療や保育、環境にも影響を与える事が新聞『赤旗』を読むとわかります。

世界では「自国の食料は極力自国で供給する、食料主権の確立」を求める流れが広がっている事。食料需要の増加や気候変動の影響を受け、食料価格の高騰で「食料はお金を出せばいつでも輸入できる」時代ではなくなってきている事。
本当の事を知らさずに不安をあおって、民主党はどこへ行こうとしているのか。もう政権にしがみつくための、国民に対しての「方便」はやめて欲しい。(西山の頭!サル→農業→TPP)

2011/02/14

バレンタインデー

2月14日(月)その2

今日は世間ではバレンタインデー♡長男は「チョコを一杯食べたい」と自分からリクエストしてこのチョコ。
今時の子どもたちは女の子同士で「友チョコ」を楽しみます。雪も降っているし、わが家には誰もチョコを持ってきてはくれません。
母からすれば、なかなかの男前だと思うけれど、世の中の女の子はもっと目が肥えているのかしら?

ちょうど自分が長男と同じ年頃。雪が降り積もる中親友についてきてもらい、片思いの男の子の家へ行きました。彼は歌も上手で賢くて友達も多く、とてもモテていました。家まで行ったものの、恥ずかしくて自分では手渡せずに、親友にチョコレートを渡してもらいました。親友とは大人になってもしばらくそのエピソードで「私らも純情やったね」って、盛り上がっていましたっけ。
富山での大切な青春の思い出の一つです。

共産党の名前が・・・

2月14日(月)

今日は朝から前の職場でお世話になった人の所に顔を出しました。「びっくりしたぁ。最近見ないと思った」「木津川市って子どもの医療費の無料化が遅れていた事にびっくり。上の子が小学生になって病院に行ったら、いきなり何千円って取られるもんね」「寒いから体に気をつけて、頑張ってね」などなど。

60代のSさん(男性)は、拍子抜けするくらい無反応。そっと名刺と個人ビラを見せながら、「仕事の事ではご不便をおかけしますが、違う部分でしっかりお役に立ちたいと決意をしました。よろしくお願いします」

しばらく沈黙の後「共産党って名前があかんわ。僕らの世代は名前で嫌いだって人多いん違う?」 はい、多いです。私もそうでした。私の場合は父の影響が大きかったんですけど。

どうやら嫌いな共産党のビラは手に取らず、即ゴミ箱へ行っていた様子。それでもめげずに、「今回は西山を通して、日本共産党を少しだけでも知ってみて下さい」 ビラにさっと目を通して「国保料は高いよ。国保料と介護保険料、住民税、固定資産税で、年金収入の2割近くになるからなぁ。国保料の引き下げはして欲しいな」
Sさんもきっと今日から、共産党のビラをちらっと見てくれるはず。

ちなみに共産党の名前は、コミュニティから来ているそうです。そんな事を学んで、名前をコロコロ変えるよりは、まじめに頑張っていると思う私です。

日本共産党って良い事ばかり

2月13日(日)

今日はむらきさんと一緒に、宣伝カーで南加茂台を回りながら、何か所かでマイクで話しました。日陰で少し風が吹くと、とたんに手やほほが凍りそうな気がするくらいの気温です。

「共産党って良い事ばかり言う。」そんな風に言われる事が有ります。実は私も昔はそう思っていました。「実現したら嬉しい事なんだけど、無理そう」と・・・
なんで良い事ばかりか、なんで実現したら嬉しい事か。それって本当は、私たち住民の願いを代弁してくれているから、みんながこうなったらもっと暮らしやすいのに、もっと幸せを感じるのに、そんな願い。

今の時代は、若い人達には「就職・結婚・子育て」という将来の夢を持ち辛くさせて、老後を楽しめるはずだった人達には長生きする事を躊躇させてしまうような「医療や介護」を押し付けている気がします。

今新聞やテレビでは「消費税を上げないといけない」みたいな話しばかり。その前に民主党も自民党も公明党も、みんなまず政党助成金や企業献金を受け取らなければ良いのに。「みんなの党」とか言いながら政党助成金は11億ももらう。なんだかおかしい。

若い時には政治にもたいして興味もなく、「お任せしておけばちゃんとやってくれるだろう」と思っていました。4年前の木津川市合併の時に、声をかけられて「赤旗日曜版」を読み始めました。そこからスタートした「共産党とのおつきあい」
今選挙だからという訳でなく、生活が大変だと感じる人がこれほど増えているからこそ、赤旗を読んで本当の事を知って欲しいと思います。
日本共産党が良い事ばかり言っているのではなくて、みんなで一緒に「国民が主人公」な日本にしたいだけなのです。
私は「住民が主人公」の木津川市をめざします。

2011/02/13

日帰り温泉

2月12日(土)

今日は夫も休みの土曜日で、長女もバイトがなく、下の子も部活が休み、一日「お休みの日」にして、西名阪の針インターに有る都祁温泉に行きました。

出かけた時はそうでもなかったんですが、現地に着くとすごい☃ かなり前に行った時は、もう少しお店も有って楽しかった記憶が有るのですが、天気が悪いせいもあり、ちょっとさびれた感じ・・・でも、お湯は気持ちよかったですよ。

夜は夫のいとこが経営している大山崎町の居酒屋で、いとこ5家族と2人の姑、15人揃っての「いとこ会」です。子どもたちが小さい頃はしょっちゅう集まって、バス旅行に行ったりしていましたが、今回は久しぶりに集まりました。

私は運転手なのでお茶でお腹がチャポチャポになりながら、夫は機嫌良く久しぶりの生ビールを楽しんでいました。みんなも「家では第3のビールやもんな」どこの家庭も同じです。

2011/02/11

意思表明期

2月11日(金)

朝からすごい雪です。今日と明日は「とことんがんばる街頭演説会」と題して、むらきさんが南山城村からスタートして、今日の昼に加茂・南加茂台・梅美台・州見台を経由して、高の原から山城町。宣伝カーで走り回る予定です。昼からは、私も合流、でも☃大丈夫かな?

家の前にもポスターが…
先週は、長男に「お願いやから、通学路に顔写真出さんといて」と言われました。少しずつ「意思表明期」の息子。「友達になんか言われた?」「みんなあんまり触れないようにしてくれてる。それがなんか嫌や」「名前と顔知って欲しいやん」「みんな知ってるし」「お母さんって知ってるの、君の友達ぐらいやで、案外みんな見てないって」

実はお母さんの方が、結構恥ずかしいねんよ。でも、ちゃんと話してくれて嬉しいよ。親子でもきちんと話して理解し合わないと行けない事って、たくさん有ります。
PTA活動に参加して、子育てや教育に関する「講演会」に行くのって、時間のやりくりは大変だけど大好きです。いつも気づかされる事が出てきて、自分の子育てと照らし合わせて、落ち込んだり、元気づけられたりします。
保護者や地域の人達が少しでも、子どもの事を気にかけて欲しい。子ども達が見守ってもらえている、その気持ちと思いをうけて、地域の人達やお年寄りに優しく接して欲しい。そうすると、もっと素敵な世の中になるんじゃないかな。

むらき恵子さん

2月10日(木)

今日はむらきさんのお引っ越し。とは言っても、「むらき事務所」です。
まだ机とイスが運び込まれたぐらいですが、山城町の開橋の東側、国道沿いにあります。

南山城村から精華町までを走り回るむらきさんはとても忙しい。久しぶりに9日と10日は時間の合間を縫って、一緒に訪問と宣伝をしました。南加茂台を少しだけ訪問できたものの、お留守のお宅も多く、なかなか思うようにお会いできません。

むらき事務所が拠点になればなおさら忙しく、また3月議会も目の前に迫ってきています。
私もPTA役員の行事を少しずつこなし、確定申告の準備もしなくちゃ、気持ちだけが焦るこの時期です。

2011/02/10

ひぽぽたあむ 永野むつみさん

2月9日(水)

今日はPTA家庭教育委員会主催で、永野さんの「子どもが心豊かに育つために」と題した講演会がありました。夜7時からの開催にも関わらず、70人近い人の出席でした。
私たちの子どもの頃は、今の子どもたちと違って「自由にできる、たっぷりの時間」が有った。今は、子ども達にさえ「効率、能率、効果」だけが求められる現状。


他者を鏡にして自分を知る。
それが、大人になるためのトレーニングの始まり。子どもに有るのは反抗期ではなく「意思表明期」
なあーんだ、うちの子ども達も「意思表明」しているんだ。

永野さんのお話は、小さい子どもさんを育てる時のアドバイスでもあり、これから「意思表明期」を迎える子どもさん達を持つ親にも共有できる話でした。



2011/02/07

山田さん

2月7日(月)

今日も穏やかな良いお天気でした。でも、少し変な曇り方をして「黄砂かな、花粉かな」って感じ。
が家の朝は、夫が一般紙を読んで私は横で赤旗を読みます。夫が出勤してから、余裕の有る時は、朝のうちに一般紙もさっと目を通します。



今朝、新聞を読んでいた時には気づかなかったコラム。毎日新聞の山田さんの「風知草」

2日の衆院予算委員会での志位さんの質問を書いています。

私自身は、もう何年も飛行機に乗ってどこかへ行くなんて事とは無縁の生活だけど・・・あの「御巣鷹の尾根」の誓いがいかされるように、安全が脅かされての「再建」にならにように。

きっと山田さんも労働者の権利を守る事と、安心を願って、志位委員長の事を書いたんですよね。

2011/02/06

外食

2月6日(日)

今日は久しぶりの外食、お寿司です。
去年地デジ用に新しいテレビを買いました。エコポイント駆け込み利用です。希望していた「ギフトカード」が届いたので、使えるお店を探して行ってきました。

おいしそうなカニ

4人揃って出かける事が少なくなってきたので、今年初めての外食です。

だけどエコポイントも結局は国民が払った税金。なんか複雑な気持ちです。

2011/02/04

立春

2月4日(金)

今日は穏やかな春、って感じの日でした。暖かくなるとどんどん「眠い眠い病」と、花粉症が出てきて困ります。

ガーデンモールの電気屋さんにハンドマイク用の単一乾電池を20個買いに行きました。重いなぁって考えながら歩く私に、MMさんが「西山さん!」
彼女は前の職場で知り合ったお客さんですが、若いのにしっかりしているめがね美人。下の子が同じ学年だった事も有り、最初からかなり打ち解けて話しあう仲でした。

「びっくりしたぁ。でも頑張ってね。忙しいだろうけど、体に気をつけてね」こんなシンプルな言葉が嬉しい。やっぱり春。
「眠い眠い病」も飛んで行った。

節分

2月3日(木)

今日は節分、この所の寒さが緩んで、とても気持ちよいあたたかさです。
朝からたまった書類をファイルし、報告書をまとめていて、気持ちがどんどん落ち込む。う〜ん、久しぶりにブルーな状態。

そうだ、こんな時は髪を切りましょう。ちょっとさぼりましょう。と、思っていたら、外から「とことん頑張るむらき恵子です」の声。
そう言えば、今日はYさん達が宣伝カーで回ってくれるって言ってました。うれしいなぁ、やっぱり私も頑張ろう。

夕方髪を切りに行って、帰りに「マグロ三種恵方巻き」なるものを買って来ました。子どもたちは二人とも「南南東ってこっち?」と聞きます。現代っ子のくせしてそういう事は、ゲンを担ぐんだ。

明日は立春。明日も頑張ろう。

2011/02/01

38豪雪

2月1日(火)

今日は加茂駅での朝宣伝の日です。寝て体力を保つタイプなのでちょっとつらい・・
夜7時からは、不破さんが講師の古典の学習会。わかりやすく噛み砕いて解説して下さる。今の日本が陥っている状況を説明しているような内容の本で、みんながもっと知らないといけないんじゃないかと、つくづく思います。

一緒に勉強しているYさん達の「北陸の方雪がすごくて、JR動かなかったみたいね。」の話しから、「38豪雪の時にも、列車が遅れて受験に影響が有ったよ。ちゃんと受験は出来たんだけど」
そういえば「富山県民は必ず38豪雪の話しで盛り上がる」って、前にTVで誰かが話してました。

富山のみんなは大丈夫かな?昔と違って、道路の融雪装置も増えてるから、心配なのは屋根の雪ぐらいかな。