2011/02/14

共産党の名前が・・・

2月14日(月)

今日は朝から前の職場でお世話になった人の所に顔を出しました。「びっくりしたぁ。最近見ないと思った」「木津川市って子どもの医療費の無料化が遅れていた事にびっくり。上の子が小学生になって病院に行ったら、いきなり何千円って取られるもんね」「寒いから体に気をつけて、頑張ってね」などなど。

60代のSさん(男性)は、拍子抜けするくらい無反応。そっと名刺と個人ビラを見せながら、「仕事の事ではご不便をおかけしますが、違う部分でしっかりお役に立ちたいと決意をしました。よろしくお願いします」

しばらく沈黙の後「共産党って名前があかんわ。僕らの世代は名前で嫌いだって人多いん違う?」 はい、多いです。私もそうでした。私の場合は父の影響が大きかったんですけど。

どうやら嫌いな共産党のビラは手に取らず、即ゴミ箱へ行っていた様子。それでもめげずに、「今回は西山を通して、日本共産党を少しだけでも知ってみて下さい」 ビラにさっと目を通して「国保料は高いよ。国保料と介護保険料、住民税、固定資産税で、年金収入の2割近くになるからなぁ。国保料の引き下げはして欲しいな」
Sさんもきっと今日から、共産党のビラをちらっと見てくれるはず。

ちなみに共産党の名前は、コミュニティから来ているそうです。そんな事を学んで、名前をコロコロ変えるよりは、まじめに頑張っていると思う私です。