2011/03/08

子ども子育て新システムって?

3月8日(火)

今日は「子ども子育て新システム」の勉強会に参加してきました。国は「待機児童の解消」など一部分だけを声高にアピールし、すばらしいシステムであるかのような宣伝をしています。
でも内容の説明を聞いてみると、このシステムも子どもの為・保護者の為というより、経済界の主導でとりいれ採算を重視したまさしく『ビジネス』になりそうな仕組みです。

日本共産党ムービーの高橋千鶴子議員の質問
新システム 保育の公的責任放棄 高橋議員が質問 衆院予算委員会(11.2.9) http://www.jcp.or.jp/movie/11mov/20110210/index02.htmlも、新システムの事がよくわかります。

待機児童を解消して欲しい、という保護者の願いを逆手に取って面積基準を緩和したり、子ども達の保育・幼児教育環境など、国と自治体の保育責任をはずすものです。

どんな時でも一番の被害者は弱い立場に置かれる者です。一人一人がしっかりと内容を知ることが大切です。そして子ども達が健やかに育つ為にも、国・自治体の責任を後退させ保育を産業化する「子ども子育て新システム」に反対の声をみんなで上げましょう。