2011/03/21

想定外

3月21日(月)

福島第一原発で復旧作業・放水に携わっている方々、有り難うございます。本当に気をつけて作業して下さい。そう願うばかりです。
今回の事で「想定外」を何度も耳にします。人間が推し量るにはあまりに自然が大きすぎたのか。本当にそうでしょうか。

今日の「新聞赤旗」2Pに、原発事故「想定外とはいわせない」の記事が載っています。
19日放送のCS放送朝日ニュースキャスターの「愛川欽也パックインジャーナル」での愛川欽也さんの発言です。日刊スポーツ(15日付)のコラム「政界地獄耳」を取り上げ、福島原発で事故が起こる可能性を指摘していた日本共産党の姿を紹介しました。

17日付の赤旗でも、2007年には日本共産党福島県委員会が津波によるトラブルの危険性を指摘し、東京電力に申し入れをしていた事を紹介しています。国会でも吉井英勝衆議院議院が去年5月に民主党政権に対し、「地震で電源喪失し冷却系が機能しなくなり炉心溶融になった時」と危険性を具体的にあげ、対策を迫りました。

「安全神話」「想定外」今は耳にしたくない言葉です。

0 件のコメント:

コメントを投稿