2011/03/30

メディアの問題点

3月30日(水)

今回の原発事故。いったいどうなっているの?一体何がおこっているの?
「隠さない、ウソを付かない、過小評価しない」TVで何度も聞く言葉です。でも悲しい事に、政府や東電がその三原則にのっとっているとは思えません。何かしら疑問がわいてきます。

また新聞「赤旗」と一般紙を読み比べると、諸外国の反応などの報道内容に差がある事がよくわかります。もちろん震災のための募金などを呼びかけてくれていることは、一般紙にもちゃんと載っています。ただ、他にも原発に対しての諸外国の反応や方針は、がぜん赤旗の方が詳しく書かれています。

最初は赤旗日曜版の購読を勧められ、その後赤旗日刊紙を読み始めた時、ページ数が少ないのに読むのに時間がかかって大変でした。何しろ広告がほとんどないからです。一般紙はいろんな広告が載っています。記事よりも広告の方が多いのかと思うくらいです。
で考えました。これだけ広告収入があると、企業に対して言いたい事の半分も言えないんじゃないかと。

私がいつも思う事は、本当の事を知る努力をもっとしないといけないのではないか、という事です。政府が「安全だ」と言っているから、会社が責任を持って設計したから、私たちはお任せしておきましょう。
それがだんだん通用しなくなって来ています。

今回の原発事故の事だけではなく、沖縄の米軍基地の問題もそうです。一定の地域にだけ危険を押し付けておくような事をなくし、自分の事ととらえて、一緒にその支援と解決に取り組みたいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿