2011/03/13

地震

3月13日(日)

11日は昼から、12日の演説会のお知らせをしながら宣伝カーで梅美台や州見台を回っていました。4時過ぎに家に帰ったら娘が「お母さん、すごい地震が有ったみたいよ。大津波警報出てるって、震度7だって」と教えてくれました。
宣伝カーでは、自分がマイクで話しながら回っていて、もちろんラジオもつけずにいたのでTVを見てびっくり。刻々と報道される中で、見た事もない光景が目に飛び込んできます。推し量る事が出来ない位の衝撃です。

むらきさんの実家が栃木。娘さんが宇都宮。娘さんからは夜中に「余震が続いて怖くて寝れない」と電話が有ったそうです。

今何が出来るか。何をするのが一番良いのか。どうぞこれ以上被害が広がらないようにと祈るだけです。友人からも「電気を使わないようにする事も援助の一つ」とメールが回ってきました。

今日の夕方4時から高の原駅の西側で、日本共産党の人達と一緒に募金活動をしてきました。中高生が「少しですけど」と言って募金に協力してくれました。今日は日曜日だからか、若い人達が多い。一人一人は少しの力でも、それが大きな善意となって被災者の元へ届けられる。「ご協力お願いします」「ありがとうございます」と、声をかけながらも、みんなの親切を取り次ぐ幸せを感じます。出来る事から少しずつ。

そして被災者の皆さんに心よりお見舞い申し上げます。