2011/06/30

反省会

6月30日(木)

今日で暑くて、忙しかった6月も終わります。今月は近所(同じ並びの二軒)の方がお二人亡くなりました。年齢もほぼ同じ80歳くらいでしょうか。

お一人は毎年秋には見事な菊の花を咲かせ下さって、家の前を通るたびにすごいなぁと、楽しませていただきました。選挙が終わってから、選挙期間中うるさくしてしまったことのお詫びに行くと「良かったね。しっかり頑張りや。」と声をかけていただき、思わず涙ぐみそうになりました。

もうお一人は父と同じ午年の方でした。奈良から引っ越して来て長いのですが、元気な時は基本一人暮らしで、奥さんが奈良の家から週に何日か様子を見に来ていました。父と同じで、家の中では「昔の頑固親父」てきな方だったようです。奥さんが「100年前なら普通やのにね」といつも話していました。私には富山の父と重なる部分が多く、親を見送る年齢になって来たんだなと寂しく思いました。


明日は朝から広報委員会があります。市役所の中も人事異動があります。

議会だよりに載せるための原稿を書くのに速記録を読み、議会中継を確認したら、自分の一般質問が見れるようになっていました。息子と夫に「ほらほら、お仕事してるよ」と、見せていたら・・。議会中継を見ながら「声が小さい」「もっとパネルをカメラの方に向けたら」「顔が恐い」
見せるんじゃなかった。懇親会の時はほめられたのに、とぼやくと、夫が「あほやな。ヨイショしてくれてはるんやんか。みんな楽しくお酒が飲みたいやろ」と教えてくれました。

9月議会は大きな声で、パネルを使う時はカメラに向けて、怖い顔はしない。
だけど怖い顔じゃなくて、緊張してる顔なだけなんですけど(泣)

2011/06/29

おまけ

6月28日(火)その2

昨日のすったもんだの後、懇親会が開かれました。私は元々お酒に弱く、直ぐに真っ赤になって眠くなるので、家族で飲みに行っても運転手です。

運転手でない時も少ししか飲まないので、ほとんどしらふ状態ですから、しっかり人間観察してました。旦那とお姑さんは明るいお酒なんですが、酔うと気持ちが大きくなって困ります。

特に姑は飲むと、孫(特にうちの子ども)たちと大きな約束をします。小さい頃はどこかへ遊びに連れて行く約束。その「どこか」が問題です。海外の話になるのです。下の子は小さくてあまり理解出来ないので「海外」が「温泉」に変わっても喜びますが、長女はしっかり覚えています。しかししまいには、酔っていることがわかり、私と一緒に適当に相づちを打つようになりました。

昨日の懇親会ではいろいろ声をかけていただきました。うれしかったのは「初質問のわりに、きちんと言えていたよ」 子どもをほめて育てるのと一緒で、嬉しくて励みになります。
あと「宮嶋さんの質問も良かった」「実は村城さんのファンだった。質問を聞くのが面白かった」など、プレッシャーを感じますが、嬉しい言葉です。

もうひとつびっくりは、知ってる人だったはすなのに、見たことのないタイプに変身。これは本人の名誉のために名前は言えません。ご想像よろしく、です。

無事終了?それとも

6月28日(火)

今日で6月定例会が終わりました。議案も少なく各委員会で審議も採決も済んでいての本会議なので、普通なら午前中の早い時間で終わるくらいです。が、しかし・・
今日に限ってインターネット中継で見てた人にはごめんなさい、の世界です。


議会初日〜3日目の市長の言動(それぞれ感じる部分が違うと思うので、できたらインターネット中継で確認して下さい。)に対して、「本会議における質疑等について」円滑な議会運営のための申し入れを議長名でしました。もちろん全員協議会を開いて、意見を集約し、総意として議長名の文書になりました。

まず27日の3時過ぎた頃に持って行った所、市長の受け取り拒否。今朝、議会の開始前にも再度持って行った所、再度拒否。
市長の希望は「全員協議会の場で自分の思いを話したい。申し入れ書面を作る前に、その場を作って欲しかった。」そうです。

なんながいろね。なーん、わからんちゃ。

まだ議会の仕組みを十分把握しきれていない私にとっては、市長は、こんな紙(申し入れ書)で持ってくる前にちゃんと理由聞いてよ、ってこと? そうならそうで聞いて欲しいって伝えたら良かったんじゃないの。

結局議会がはじまってすぐ「暫時、休憩」が宣言され、すぐに議会運営委員会が開かれ、副市長さんたちとのやり取りがあって午前中は終わり。間に入った副市長さんたちも板挟みで大変です。申し入れ書を受け取ってから、その上で市長が自分の思いを語りたいから「全員協議会」を開いてもらうように、と議長に伝えたらいいんじゃないかと思いましたけど。

結局本会議を開かずにそのままになるのも良くないと、議会を再開し審議をすべて終了してから、全員協議会を開きました。そこで市長が思いを語り、議員6〜7人からも発言がありました。そして「申し入れ書面」の受け取り。

どの手順が良くて、どこが悪かったのかは一概に言えないとは思います。ただ、一市民として見ていたら、市長が部長の発言を制するのではなく、あらかじめ打ち合わせをしておけば済んでたことではないか。議会の側(特に議長)も最終日を迎える前に、手だてをとっておかなければならなかったんじゃないか。

私自身「お任せ状態」で、甘えていたことに深く反省しました。

2011/06/27

民生委員

6月27日(月)

今日は昼から木津川市民生委員推薦会がありました。私は厚生常任委員会からの議員として、炭元議員と一緒に参加しました。
今回は引っ越しのための民生委員さんの交替によるものでした。推薦会にお名前があがってくる前に「民生委員推薦準備会」で、推薦されてきます。準備会は三町それぞれにあり、三町それぞれが責任を持って人選する、はずです。

ところが、加茂地域の何人かの方から「民生委員ってどんな決め方してるんやろね。よくわからないけど、変じゃない?」と相談を受けていました。だから今日の推薦会の中で、どういう手順を踏んで決められるのかを、ここぞとばかりに質問しました。自分が推薦委員の任命を受けていますし、あとで「無責任に決めている」とは言われたくありませんから。

木津町では、推薦された人の今までのボランティアなどの経験や、民生委員の仕事を理解しているかなどの確認とともに、行政側も本人にお会い(面接)して意思確認を行う。
山城町では、だいたいの人が『把握出来る』ことが多く、そうでない場合は推薦した人がしっかりと人となりを紹介する。  だいたいそんな説明でした。

加茂町の場合は?説明がなかったことがすでに問題有りかな、と感じました。

今日の方はむろん大丈夫と考えましたし、推薦会でも全員一致で推薦されました。
民生委員さん、どうぞよろしくお願いします。

平和行進

6月26日(日)

やっぱり暑い、とても暑い。
今日の午前中は平和行進に参加してきました。10時30分に木津川市役所前で精華町からの引き継ぎ式があり、奈良市内の般若寺で奈良の人達に引き継ぎます。

到着が少し遅れてからの引き継ぎ式でしたが、今年は副市長が市長のメッセージを代読しました。去年は市長公室長の代読だったから、少し進歩?暑い中お疲れ様でした。副市長は結構日焼けしているけど、よりいっそう黒くなった気がします。

私は今年初参加で、般若寺まで歩きました。あまりの暑さで、途中「暑い〜」の連発です。かなり年配の方も多く参加されていて、しっかり歩いていらっしゃいます。やっぱり平和に対する心意気が違うのかな。尊敬です。


「ノーモアヒロシマ」「ノーモアナガサキ」そして今年は「ノーモアフクシマ」

平和は保証されているものではありません。みんなで守るものだと、改めて感じた暑い熱い一日でした。

2011/06/25

受験生の母

6月25日(土)

今週は暑い毎日ですね。みなさん体調管理大丈夫ですか?水分補給はきちんとして下さいね。

今日の午前中は中学校のPTA主催のバレーボール大会でしたが、そちらはパスして、木津高校のオープンキャンパスに行ってきました。実は近くを通りながら、一度も中に入った事がありませんでした。

今年は受験生の母として、時間が合えば出来るだけいろんな高校に直接出向いて行きたい、学校の方針を知ったり、先生や生徒の様子を見たいと思っています。

少し前にも、市役所に木津高校のシステム園芸科の生徒の作品の野菜を売りに来ていました。それを見ていたので、息子の気持ちはさておき、見に行こうと決めてました。部活動も「アーチェリー」の見学。これもどちらかと言えば母のミーハー的な気持ちを優先するはめになりました。


息子が持たせてもらっているのは、2年連続インターハイに出場している佐藤さんのです。息子いわく重たくて左手だけで制止しているなんて出来ないぐらいだそうです。

彼女は高校に入ってから競技を始めたそうです。入部しても最初は筋力をつけ、軽いものからスタートし、徐々に重さを増やして、本数も増やしていくそうです。
なんか息子をそっちのけでインタビューしていた受験生の母でした。


ちなみに夕方は南加茂台5丁目ロータリーで「原発からの撤退を求める署名」をしていました。暑かった・・

2011/06/23

35分間

6月23日(木)

うまれて初めての「一般質問」が、とりあえず終わりました。しっかり言えたかどうか・・
あの場所に立って質問している間は、質問する準備書面の中身を少しでもたくさん言いたい気持ちが先走っていたので、後から考えるとちぐはぐな部分が有るかも。

3・4日したら、インターネットの録画中継で確認出来るので、そこからも反省、ですね。今は終わってホッとしています。

議会で使ったパネル

35分間の持ち時間の配分が難しく、行政側の答弁を聞いて詰め切れていない部分もありました。ただ、切り返しはやはり経験を積まないと難しいのかな・・とも思いますが。


今日は「ニューフェースデー」だったせいなのか、質問内容が重なっていたせいなのか、質問時間を10〜20分で済ませる人がほとんどでした。

ちょっと、もったいない。

2011/06/22

一般質問

6月22日(水)

今日から一般質問が始まりました。今日から3日間です。初日の今日は6人。自分が知らなかった地域の問題点の指摘も結構あったので、質問の内容を聞きながら、いろいろ勉強になりました。

明日はいよいよ私の順番も回ってきます。3人目だから、今日と同じようなペースだと11時10分〜30分の間にスタートです。ただし明日は見事に質問者の6人全員が1期目の新人ばかりなので、事務局の人も「どれ位のペースで進んで行くんやろなぁ」って、話していました。

私の質問事項は
1.市長のマニフェスト「子育てNo.1」を実現するために
2.給食費の補助を
3.鳥獣被害をなくすために
です。

今日の質問では、3人が鳥獣被害(サル)について触れています。行政側もきっと内心「かぶってる」と思いながら答弁しているんでしょうね。
明日もドキドキしながら頑張ります。




2011/06/19

子ども・子育て新システム

6月18日(土)

今日は昼から精華町のかしのき苑で、精華町の子どもと教育を考える会主催で行われた学習会に参加してきました。私自身がよくわかっていない「新システム」の勉強会という事で、いつもの「知りたい」気持ちで参加してきました。

木津川市では、待機児童の問題がずっと言われています。しかし、子どもを預ける所が有れば、働きに出たいという保護者の潜在的なニーズは常に有るために、ずっと「待機児童」が存在するという状況です。木津川市ではいま以上に公設公営の保育所はつくらないと決めていて、民営保育園の誘致をすすめています。
民営保育園をつくる→保育希望者が申し込む→保育希望も増える→待機児童が出る。
その繰り返しになっているのが現状です。

「子ども・子育て新システム」は、ニーズが高いため不足している保育園と、余裕のある(定員割れしている)幼稚園の両方をあわせて、待機児童の解消のための「子ども園」をつくろうとするものです。その部分だけ聞いていた私は、待機児童の解消になるならよいのではないかと考えていました。
しかしよく聞いてみると、0・1歳児は保育園、2〜5歳児は子ども園(5歳児は一部幼稚園)になります。そして子ども園では、待機児童の8割以上を占める2歳以下の子ども達の受け入れを義務づけられていませんので、待機児童の解消の根本的解決とはならない。

特に問題なのは、保育時間が保護者の勤務時間に連動する事や、保育時間が長ければ長いほど料金に反映する事。市町村が行うのは「保育の必要性の認定」なので、利用施設の斡旋がメインになってしまう事。また、入所に当たっては「逆選抜」される可能性が出てくる事。

保育に携わっている方が、「子ども達は毎日の積み重ねの中で、いろんな事が出来るようになったりして、例えば運動会での発表につながります。それが新システムでは、子どもによって保育時間がバラバラになり、集団保育ではなくなる。縄跳び一つとってもAちゃんは1日に1回の練習。Bちゃんは週に1回の練習となると、子どものがんばりとは別の所で差が出て来てしまう。」と、おっしゃっていました。

すべての子ども達には無限の可能性があるし、小さい頃から集団生活の中で個性を尊重し合う気持ちが育まれてくるのではないでしょうか。親も子どもも孤立しかねない、不安が大きい新システム。もっと多くの方が問題点をきちんと知って、利益追求ではなく子どものための安心出来る保育の場を確保する事が大事だと思いました。

2011/06/16

常任委員会

6月16日(木)

月曜日の総務文教委員会、火曜日の厚生委員会、今日の産業建設委員会と3つの常任委員会が有りました。
私が所属しているのは厚生委員会ですが、何しろ新人なものですから所属委員会以外は勉強のために傍聴してきました。

傍聴しているといろんな事が見えてきます。もちろん議案の内容や今までの経緯など、質疑の中で「へぇ、そうだったんだ」という事も多いです。今日は市内の「まち開き」でも場所によって進捗状況に差がある事を改めて知りました。(木津川台76%・相楽台54%・木津南地区61%)
また議員個人の考え方や性格も少しずつわかります。ある意味では人間観察。一般の方で熱心に傍聴にきていらっしゃいますが、その方達はどんなふうに見ているんでしょうか。

明日は補正予算特別委員会があります。また来週の火曜日は清掃センター建設特別委員会、水〜金曜日は一般質問。私の一般質問は23日の3番目です。もうそろそろ「どきどきしない方法」を探さないといけません。

2011/06/12

原発から自然エネルギーへ

6月12日(日)

昨日の午後4時から約1時間、南加茂台5丁目のバスロータリーで「原発からの撤退を求める署名」活動をしていました。昨日は東日本大震災からちょうど1ヶ月。全国でいろんな署名やパレード・ライブが行われていました。

京都市内やもっと人通りの多い所では署名の数も多いかもしれませんが、それでも18筆の署名が集まりました。年配の方が「自分達は良いけれど、次の世代に本当の安全を残したいから」と、おっしゃていました。
なかには「当選して良かったな。1年目は勉強の期間やな、がんばりや、署名はせえへんけど」と、激励してくれる男性も。う〜ん、今日は激励じゃなく署名をお願いしますよ(汗)

原発の「利便性と安全神話」に目を向けている人も多いですが、稼働後に出て来るゴミ「使用済み核燃料」の事を考えると、やはり自然エネルギーへの転換へ早く進んで行ってほしいものです。

2011/06/11

反省

6月10日(金)

昨日と今日の二日間、各会派による代表質問が有りました。
最初に市長が「一党一派に偏らない市政をすすめます」と言いながらも、議員の方がまるで「それって市長にヨイショしてる?」と、思ってしまうような発言も有りますし、かと思えば相手が変われば、明らかに代表質問に対してちゃんと答えてくれていないような場面も・・
それって何?と考え込んでしまいました。

今回は私も含めて新人議員が多いので、代表質問のやり取りを聞いて、より深く自分の時の一般質問の参考にしようと思っているだろうに。なんだか昨日と今日で議場が「嫌な場所」って感じてしまいました。

そんな気持ちが態度に出たのか、「ほおづえをついていたのが気になった」と指摘されてしまいました。反省。

2011/06/08

気をつけて

6月8日(水)

ちょうど夕方家に帰っていた時に、相談の電話が入りました。相手は私より年配と思われる女性。年齢も住所も、もちろん名前も教えてくれません。

内容はある商品を知人に勧められ、購入代金を6日の月曜日に振り込んでしまった。考えてみたがやっぱりそのお金を取り戻したい。夫に話したら怒られる、もしかしたら離婚されるかも・・・

どんな商品なのか、またその商品名も教えてもらえない。名刺をもらっていると言うけれど、会社名も電話番号も教えてもらえない。とても歯がゆい中での相談です。

先ずはクーリングオフのはがきを出す事。直接会社に電話をかける事が出来るのなら、契約解除の意思表示をする事。相楽消費生活センターに電話をする事。家族に相談する事、などなど。
また契約書もなく、2日間で10時間程度いろんな話をされた、いわゆるねずみ講みたいなシステムみたい、振込に行く時に一緒について来たとの言葉に、「被害届」を出す事も考えたらどうですか、とお話ししました。

最後まで名前も教えてもらえません。それでもクーリングオフの書面を出す事は考えて下さるようです。

「高い授業料」とあきらめずに、ぜひ家族に相談して下さい。本当に欲しい商品なのか、値段は適正であるかを判断して欲しい。いろいろと考えさせられる電話でした。

議会始まる

6月7日(火)

今日から定例会が始まりました。
今日も心臓が口から出そうなくらい、緊張しました。どうも少しずつ寿命が縮んでいる気分です。

緊張とは別にびっくりしたのが今日の市長の態度と答弁でした。答弁はこまかい部分で間違っていると悪いので詳しくは書きませんが、3日位したらインターネット中継の録画が見れると思います。

どんな事かと言えば、議員がいろいろ質疑した時に、市長いわく「本会議1日目は市長や副市長の思いを伝える場」との事。うっかり聞いていると、質問しちゃいけないのかと思います。
もう一つが答弁に立った部長を制止した事。私も議会全てを傍聴したり、インターネット中継を見ているわけではないのですが、初めて見る市長の態度でした。

人事案件以外は各委員会に付託されますが、議会は質疑応答が有るのが当たり前です。なんだか、とても不思議な議会でした。

2011/06/07

反抗期?

6月6日(月)

今日は長男が朝から「不登校宣言」しました。
「お母さんに学校へ行けって言われて行きたくない」と言われ、「じゃあ、お休みしなさいよ」と言い返したら、そのまま休むはめに。

この土日も、私自身が気持ちに余裕がなかった事も有り、ちゃんと話もせずにちょっとした口喧嘩を繰り返していました。明日から議会だし、何より明日は学校のテスト。
決して教育ママではないけれど、やっぱりテストとわかっていて休ませるのも・・・

学校へ電話をして、ちょうど担任の先生がいたので「今日から不登校するそうなので、とりあえずお休みします」「本人と話もしたいので、夕方家に伺います」と、先生。心配かけて悪いんだけど、結構熱血先生で私は大好きです。

朝「木津川民報」を見た方から電話をいただいた件も有って、小学校と中学校に直接話を聞きに行く時に、長男も一緒に連れて行きました。その際に市役所にも寄って、会派室を見せて「ここで調べものしたり、仕事してるんだよ」と説明。驚いた事に市役所に来るのは初めてだそうです。

市役所のグリーンカーテン(まだ苗状態ですが)
一緒に外でお昼ご飯を食べてから家に送り届けて、昼からは酒井議員と打ち合わせなど。先生には夜は宇治で会議に出席するので不在だけど、本人の気持ちを聞いてやってほしいとお願い。
なんやかやと1時間半も話し相手になってくれたそうです。夜はいつもと同じに戻っていて、ちょっと複雑。そうして親離れして行くんだろうなと思いました。

2011/06/05

日の丸・君が代

6月4日(土)

このところ、国会だけでなく大阪も騒がしい。

議員になってからいろいろな資料や書類や本やらを渡されて、私の頭ではついて行けないくらいの毎日です。
そんな中の一つに「議員必携」があります。議員の仕事や地方議会の役割や議会の進め方などがこまかく書かれています。最初のほうに「長には執行権を、議会には議決権を与え、相互にその権限を均衡させ、それぞれの独断専行を抑制して、適正で効率的な行財政の運営の確保を目指す、いわゆる大統領制を採用している」

独断専行してはいけないから、お互いにチュエックするのが議会だよ。と書いてあるのだと思いますが・・
大阪は違うのかしら?と考え込んでしまいます。数の暴力は一番良くない方法です。

2011/06/02

いったい誰のための政治?

6月2日(木)

東京で使っていた電気をつくる為につくられた福島原発。その重大事故で、住む家を離れさせられた方々。地震と津波によって、一瞬にして全てが流されてしまった被災地の方々。仕事や家や家族や・・失ったものは大きすぎるくらいです。

昨日、国会では「菅総理の不信任議決案」が提出されました。菅総理をかばうつもりはないけれど、今「政治の駆け引き」はしてほしくありません。自民党・公明党が与党の時に推進して来た原発政策。その反省もほとんどなく「菅総理の対応が悪い。リーダーとしての資質がない」とは?

いったい誰の為の政治なのか、国民の代表であるはずの政治家なのか。私自身が政治不信に陥りそうな日本です。


5月30日の共産党定例会見から
http://www.youtube.com/watch?v=owZB0bGU7wc&feature=uploademail



その後提出諸党の「その後の展望はない」という無責任な言動に照らして日本共産党は棄権という選択をとりました。今の政権を支持できないが無責任な政局混乱にも賛成でないということですね。