2011/07/16

大きな虹と地震

7月15日(金)

ちょっとさかのぼっての話題ですが・・
7月12日月曜日。午後5時過ぎた頃から、加茂町内の一部ですごい雷とともに「ゲリラ豪雨」がありました。長女からメールで「もう30分近く停電。長いよ」と知らされたものの、母は悠長に州見台で買い物を済ませ、梅美台で赤旗日曜版の集金をしていました。

南加茂台住宅地からのびる虹


梅谷口から加茂町へ向かって帰る時に、久しぶりに大きな虹が見れて写真を撮りました。息子もちょうど部活を終えて帰ろうとする時が一番雨がきつい時間だったらしく、しばらく学校で小振りになるまで待ったそうです。

もっとびっくりしたのは、信号機の停電や加茂駅横の踏切の遮断機が上がらずに大渋滞だった事、水路があふれていた事。午後はほとんど木津町内にいましたので、雨もそこまで降っていなくて、まさしく加茂町の一部での「ゲリラ豪雨」でした。

そして今日の午前中の地震。「ドーン」か「ゴーン」かはっきりしませんが、確かに大きな音がして結構キツい縦揺れを感じました。これは絶対震度3、と思っていたのに発表は震度2です。私が自宅で震度2で怖いと感じるのに、東北の方達が「余震3」を避難所で体験している事に、あらためて大変な事態だと思いました。

どうしても遠く離れていると他人事になってしまいがちですが、「ノーモア、フクシマ」は日本全体のテーマです。子どもたちを含めて次の世代に「安全後回し、便利で消費が優先の未来」より「不便でも、安全な土地と水と空気がある日本」を残したいと強く思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿