2011/08/07

広島

8月7日(日)

昨日6日は、広島に原爆が落とされた日です。「原水爆禁止世界大会」と広島市が主催の平和記念式典が行われました。先週の母親大会で訪れた時も、式典の準備のためにテントの設置や式場設営の工事関係者がたくさんいらっしゃいました。


「母親大会」では私は抽選に漏れたのですが、分科会で吉永小百合さんの原爆詩の朗読がありました。今年は初めて広島で開催された事もありますが、吉永小百合さん自身も「母親大会」に初参加だったそうです。その時に吉永小百合さんも「日本に原発はいらない。核の平和利用はありえない」と発言。

日本は66年前に2度の原爆で、そして今年は原発で「3回目の放射線被害を体験した国」です。私たちはずっと「核兵器と原発は違う」と、教え込まれていました。でも今回の事故で、原発の「使用済み核燃料」は原爆の材料にできるという事実もみんなが知る所となりました。そして放射性物質を閉じ込め続ける事がいかに難しいか、出来ない事か、何万年も管理するなんて夢でしかない話。


いままた、財界と呼ばれる人達が「使用する電気が足りなくなると、日本の経済は衰退する。企業が海外へ逃げて行く。」と脅し文句のようにコメントされます。
でも地震国日本でフクシマを超える事故があった時、日本全体が住めない土地になる。それこそ世界全体が「被爆国」にもなり得るのではないかと、危惧します。
多少不便な生活でも良いんじゃないか、知恵を出し合って「期限を決めて、原発ゼロへ」進めて行く時だと強く感じます。

0 件のコメント:

コメントを投稿