2011/09/24

高岡大仏2

9月23日(金)

今日は朝の学習会が急遽「自習」に変更になり、時間ができました。本当は「自習」なんですが・・。

子どもには毎日のように「勉強した?本当にしてる?受験生なのに」とうるさいのですが、自分はと言えばなかなか「自習」ははかどりません。家に居るとついつい掃除だ洗濯だと、時間を使ってしまいます。

いつもは時間がないと読み飛ばしてしまう「9/23、しんぶん赤旗15P〝風ぐるま〟」に、高岡大仏のお身拭いの記事が載っていました。高岡に住んでいた頃は、学校で高岡大仏は「日本三大仏」と教わったはずなのですが、夫も子どもたちも「知らん」

「しんぶん赤旗」は真実を追究する新聞です。
でも、夫も子どもも「ふ〜ん、でも習ってへんし」のコメント。こういう時の気持ちを表す高岡弁「あ〜、はがやしい」

2011/09/23

さぶちゃんのお父さん

9月22日(木)

今日は決算委員会の初日。質問の内容とタイミングが掴めずに、ちょっと迷惑をかけてしまって反省してます。こんな時は力不足を痛感します。

世の中は先週に続いて3連休ですが、私は睡眠不足解消と「残り2日の決算委員会の準備、本会議閉会の採決の準備」で終わりそうです。
今月は息子に何度となく「育児放棄」と言われています。受験生なので、部活もなく「どっか外食行こう!」と誘われるのですが、母は「一緒に勉強しようね」と言いつつ、自分の事ばかりしています。あかんあかん。

今日の委員会が終わって、廊下へ出ると「西山議員」と呼び止められました。顔を見ながら心の中で〝私なんか質問したっけ?〟と考えていると、山城病院で息子を産んだ時に知り合ったさぶちゃんのお父さんでした。世の中せまいものだと思いつつ、口から出た言葉が「会議の時にこわい顔してて、すいません」

あ〜、やっぱり少し疲れているのかも。明日年賀状をひっぱり出して、さぶちゃん家族を確認しようと思います。

2011/09/21

台風が多い

9月21日(水)

今年はとくに台風が多い気がします。と、言うより局地的豪雨。いつもでしたら台風が来ても、風はきついけれど雨はそこそこで済んでいたのに、今年はしっかり雨が降ります。

そんな時は木津川がとてもこわい川に見えます。今日は高山ダムからの放水で、木津川の水位が高くなっています。こんな時は市内にある、何カ所かの樋門の管理が重要になります。市役所では警戒のために危機管理室の人達が泊まり込まないといけないかも知れないと、副市長が言ってました。
8月の台風の時の水が引き始めた木津川

今日市役所からの帰りに見た木津川は、この写真よりも水位が高くなっていました。自然災害がこれだけ続くと、何か「違う力」が働いているのかと思ってしまう程です。


明日からの決算委員会、しっかり発言できるようにがんばります。

2011/09/20

足りない

9月20日(火)

緊張の一般質問が終わりました。でも、自己嫌悪のただなかです。
今回も言いたい事が多すぎて、きちんと修正しきれていなかったせいで、時間の配分に失敗しました。

質問内容は、待機児童の問題・地産地消(給食)・市民のための防災対策

木津川台の幼稚園は開園されないし、木津中央地区が来年から住めるようになると、今以上にもっと子どもたちも増えて待機児童の問題が出て来ます。

それにともない、給食センターもパンク寸前になります。小学校は災害時の避難場所にもなるのだから、小学校の施設内に給食施設を設けて、なるべく少ない食数で作って欲しい。堺市のO157食中毒や中国の汚染米事件。福島原発の影響もこわい。やはり成長期の子どもたちにはとくに安全安心な給食を、の願いです。

昨日の原発の学習会に参加して、やはり「原発ゼロへ」を強く感じました。市民の安全は、自助・公助・共助、でも行政も責任を持って防災に努めて欲しい。身近なものでは火災警報器の設置義務の周知の徹底。
そして、「防災意識」だけでは対応しきれない原発は、今の科学技術ではけっして「安全」にはならない。

言えた事も多いけれど、言えなかった事も多い。質問時間を残して終わる議員に、それこそ「15分200円で売って」という気持ちです。
ちなみに15分200円は、夫の実家(京都市内)近くのコインパーキングの値段です。京都駅まで歩いたら20分かからないくらいの場所です。高いと思うか、安いと思うか・・。

あ〜、いやな夢を見そうですが、決算委員会も控えているので、気持ちを切り替えます。

2011/09/19

福島原発でなにが?

9月19日(月)その2

行ってきました。深尾正之先生の講演会。
ちょっと平均年齢は高いかもしれませんが、参加者は名簿の最終チェックでは62人でした。
参加者は市内の他に、奈良市・宇治市・精華町・南山城村などなど、ふらっと文化センターに立ち寄ってそのまま参加されたんだろうな、という感じの人もいました。


火力発電は燃料供給を止めれば、安全に停止する。原子力発電では、燃料棒を挿入して核分裂連鎖反応を停止させても、崩壊熱を放射する。この崩壊熱は100日過ぎても1日100㌧もの水を蒸発させるほど。だから冷やし続けないといけない。 (とてもじゃないけど、みなさんに伝えたい事が多すぎて、書ききれません)


そんな基本的な話や福島原発の事故がどのような過程で、どのよう問題点があって起こったのかなど、しっかり時間をかけて話して下さいました。と言っても、もっともっと時間が欲しかったのですが。今日の話を聞いて、絶対に今の技術では、口がさけても「原発は安全である」とは言えない。

本当にあったこわい話。

放射能って何?

9月19日(月)

木津川市の加茂文化センターの研修室で2時から、元静岡大学教授深尾正之先生を講師に迎え「放射能って何?知ることから始めよう」の学習会があります。
「木津川市いきいき子育てネットワーク」代表の田中恒子さんが知っていらしたおかげで、今まさに引っ張りだこの深尾先生のお話が聞けるとは、眠たい時間だけど楽しみです。

いろいろな情報があふれて、なにが本当でなにに気を付けないといけないのかが、わかりにくくなっています。私個人は深尾先生に質問もしたいし、ぜひ少しでもたくさんの方に参加してもらいたいと思います。
手作りポスター

昨日からPTAの友人たちにメールを入れていますが、なかなかみんな忙しいみたいです。
高卒の私は講演会大好き。大学の先生の話を大学に行ってなくても聞けるし、自分の専門じゃなくても興味を持った時に勉強ができます。いろんな人がいろんな学習会に参加すると、もっと情報をつかめて、メディアに左右されなくなるのにと考えているのは、私だけではないはず。

帰って来てから、またご報告します。

2011/09/18

敬老会 加茂会場

9月18日(日)

秋はいろんなイベントが重なります。昨日は山城地区の敬老会がアスピアやましろで、今日は加茂地区が加茂文化センターで行われました。

去年までは70歳以上の方が対象だったのが、人数が増えて来たために今年は75歳以上に引き上げたそうです。他の市町村でも対象年齢の引き上げは聞きますが、もうちょっと段階を踏めなかったのかなと思いました。
ちなみに木津川市内の75歳以上の方が6,720人だそうで、参加者がどよめいていました。数え100歳の方は13人。加茂会場では4人の方達が参加し、直接市長からお祝い品を受け取っていらっしゃいました。(すごいなぁ、私が半分にも満たないなんて。)
加茂少年少女合唱団
式典のあと、アトラクション「木津川市加茂少年少女合唱団・木津川市音楽協会」と演芸「桂文福一座」がありました。
左から、まめだ・文福・ほんぽ娘




2011/09/17

運動会2日目

9月16日(金)

今日は木津二中・木津南中・泉川中の3校で運動会がありました。台風の影響もあり風は強かったのですが、きつい雨に降られる事もなく無事に済んだようです。

朝は少しだけ木津南中に行きました。広々とした運動場で、設備も何もかも新しいので「第一回」を実感しました。校歌がまだ出来上がっていないそうです。それでもやっぱり子供たちは元気。木津中の時の体操服を着ているのが2・3年生、新しい体操服が1年生です。
奥の紺色のズボンが新しい体操服(1年生)
日差しはきついものの風があったので、見学している方もましだったのでは。校長先生の話では、風が吹き上がってくる場所に校舎が建っているので、普段から風がよく通るそうです。


教育部長の答弁にあったミストシャワー

早々に木津南中をおいとまして、泉川中へ。途中で用事を済ませて家に寄り、久しぶりに近所の方を見かけたので少し立ち話をしたら、結局午前中の競技が2種目ぐらいしか見れませんでした。
午後一番のブロックごとの演技。いつも楽しく見応えがあります。
黄ブロック、復興のヒマワリの花を表現
昨日予告した「PTAの大玉転がし」に参加しましたが、ほとんど大玉に触れないまま終了。見ていたみんなから「ずっと大玉の後、走ってたやん」と笑われてしまいました。
う〜ん、運動不足か、ただ単に足が遅いからか・・。昔から運動会は「参加する事に意義がある」と、思っています。

がんばっている姿は見ていて楽しい。
先生方や役員さんたちや子どもたち、みんなお疲れ様でした。

2011/09/15

木津中、運動会

9月15日(土)

今日と明日は、市内の各中学校で運動会があります。今日は木津中と山城中。
昼から京都市内まで行く用事があったので、朝のうちに友人がいる木津中学校に行ってきました。娘さんがうちの子と同じ学年で、なんやかやと話す間柄です。彼女も仕事に行くようになり、議員になってからはなかなか会えなかったので、久しぶりに話しました。
種目1番目、体操の時


木津中学校に通っていた州見台・梅美台の生徒の中には、今年木津南中学校ができたので、春から移った子どもたちもいます。なので今年度は、去年と違い生徒数が約半分になりました。
それでもやっぱり子どもたちは元気。みんなそれぞれがんばってくれて、見応え充分でした。
私の好きな「台風の目」


明日は木津南中をのぞいてから、お母さんに戻って泉川中に行こうと思っています。PTAの種目が「大玉転がし」
参加して張り切って走っていたら、息子に怒られるかも・・。むずかしい年頃です。

一般質問、折り返し

9月14日(水)

9月定例会の一般質問、20人で行われるうちの前半の2日が済んで、折り返しに入りました。13日5人。14日4人(1人お身内の不幸ごとで質問取り下げのため)。

初日の1番手は酒井さん。質問事項は4つに分けていますが、共通しているのは「合併」というキーワードです。まだ、録画中継には含まれていないと思いますが、アップされたら見て下さい。

本当は傍聴に来て欲しいのですが、なにしろ議場は暑くて暑くて・・。節電のせいだけではないと思います。聞くと、下の階から冷やした空気を上へ上へと循環させているそうで、じゃあ一番上の6階の議場が一番暑いじゃない(汗)  空気を撹拌するための扇風機もないので、傍聴席もかなり暑いみたいです。

さすがに、(議長の許可を得て)水を持ち込みました。6月はまだ慣れていなかったせいもあり、「暫時休憩」のたびに5階へ下りて水やお茶を飲みましたが、何日目だったかあまりにも頭痛がひどく、薬嫌いの私が帰宅してから頭痛薬を飲みました。
向かい側に座っていた理事から「あの時、顔色悪かったですね」と言われたくらいです。

市役所の建て方がちょっと、階段はとくに問題。お掃除をしていただいてる方達が、すごい汗だくになっています。別世界ぐらいの温室効果。仕事とはいえ心配です。
「木津川市の市会議員。議場で熱中症、救急車で搬送」なんてことのならないように。
インターネット中継のカメラから外れている方達は、どんな状態か。

まあ、そんなこんなで一般質問も折り返し点、質問の仕方・内容・話し方、聞いていると勉強になりますし、たまに「そこ、もうちょっと行政側の問弁を引き出して」と、ツッコミたくもなります。
聞いている時は、冷静に判断できるけれど・・。当事者になると必死です。

いよいよ連休明けは西山も質問日です。
「木津川市の市会議員。議場で心臓ばくばく」?

2011/09/13

清掃センター

9月12日(月)

今日は清掃センター特別委員会があり、委員会で打越台の清掃センターと鹿背山の建設予定地の見学に行ってきました。
副市長や生活環境部長から「西山議員は初めてですか?」と聞かれました。打越台の清掃センターはあるのは知っていても、訪れるのも中の見学も初めてでした。
持ち込まれた中の燃えない鉄ゴミ
写真は燃やせるゴミの中に入っていた「燃えないゴミ」の数々。家庭からのものでなく、業者のゴミのようですが、びっくりするくらい大きいものもありました。
家庭からのゴミにもあいかわらずカセットボンベが入っていたりするそうです。機械も傷みますし、引火して破裂したりすると、大変危険です。ゴミの分別が徹底されることで、事故や修理にかかる余分な費用もなくせます。

現地で説明を聞く

次に鹿背山の建設予定地に移動しました。写真は簡単に言えば風の流れを調べる装置です。焼却場からの煙がどの方向に流れるかを調べるているそうです。

国保税の引き下げを求めるつどい

9月10日(土)

ちょっと日にちが戻りますが、土曜日に「高すぎる国保税の引き下げを求めるつどい」がありました。場所はいずみホールの会議室です。(イスが豪華!)
合併に対しての不満の声も



木津川市の国保税は合併してから2度値上げがされました。(正確には6月に、最高額の負担を4万円引き上げたので、該当する人は3度かも)
去年は「2億4千万ほどの大幅な赤字になるから」と、平均17.1%の値上げが提案されました。議員の中でも意見が割れましたが、結局14:11の僅差で押し進められました。今年その国保の決算で、2億近い黒字が出て、市長は全額を基金に積み立てたいと思っています。

この黒字、インフルエンザが思ったほど流行しなかった事か、高額医療費が思ったほどなかった事か・・。大幅な赤字(予定)を埋めるために大幅な値上げを断行したおかげか・・。

今、不況で離職して国保に加入される方が増えています。また、定年を迎えて「健保」から「国保」に加入する方も増えています。生活が大変で貯金を取り崩して、食費を捻出している市民がいる中で、市長は「基金を8億から12億置いておきたい」とゆずりません。

黒字のせめて半分のお金を、今加入している方たちに1世帯あたり1万円をかえす。できない事ではありません。

2011/09/10

補正予算特別委員会

9月9日(金)

今日の補正予算委員会でやっと今週も終わり。「肉付け予算」と言いながら、結局は市長のマニフェストが反映される新規の事業があるわけでもなく・・。

国や府からの補助金が確定しました。だから最初の予定通り、その補助金を使う事業を実行します。単純に表現すれば、そんなものが多いと感じました。

酒井さんや他の委員の中からも「もっと市民のためにいきたお金の使い方を」という趣旨の提案もありましたが、あいかわらず基金を貯めるのが大好きな市長の意思が反映された予算です。
府営水タンク

来週の火曜・水曜は一般質問が始まります。酒井さんは火曜日の一番目です。


私は明日は午前中は泉川中学校の除草作業、午後1時半からはいずみホールの「高すぎる国保税の引き下げを求めるつどい」に参加します。
明日の2時に円山音楽堂で行われる「9/10原発NO!京都府民集会」も行きたかったなぁ。

2011/09/07

水道料金値上げ

9月7日(水)

今日の産業建設委員会は、第一委員会室と第二委員会室をつなげて行われました。昨日の厚生委員会の傍聴人が多かったので、上下水道料金の値上げもあり、議会事務局が傍聴席を多めにつくってくれていました。
産建委員会で1期目の西岡(努)議員は、元木津町議(議長)だけあって発言せずに終わる事のない(採決は退席)委員会でした。

酒井さんの修正案も、賛成は本人一人で「否決」。水道料金原案に対しては、酒井・中野・西岡(政治)3議員が反対しました。一人が退席したために賛否同数になり、酒井さんと委員長交替をした伊藤副委員長が賛成のため、賛成多数で可決。
インクライン




琵琶湖疎水の水路閣













う〜ん、値上げ値上げのオンパレード。
議員はもっと行政側の提案に目を光らせたらいいのに、なんだかストレスを感じます。

議会基本条例・絵と額縁

9月6日(火)その2

厚生委員会でもう一つぜひ報告しないとけない事があります。

市民から「子どもの医療費無料化に関する要望書」が提出され、委員会の中で市民がその思いを述べた事です。要望書の内容は「子どもの医療費の小学校卒業までの無料化が一日も早く実施されるよう、議会としての働きかけを強力にしてください。」というものです。

今の社会の現状と、子どもたちの健やかな成長のためにも待ち望まれている施策である事。また具体的に、学校での歯科検診で引っかかった子どもの治療費を小学校6年生まで無料にする事で、将来の医療費増加を防ぐ事につながることなど、とてもわかりやすく説明されました。

議会基本条例に基づき、住民の声を聞く、初めての試みです。

しかし残念なのは、委員会ではその住民の要望に対して議員が何の発言もする事なく、「聞きっぱなしで終わらせた」ことです。(理由があって、西山も含めてですが)
要望書は議会として採決するものでない事が大きな理由のようですが、この件はもう少し議論を深めないといけないと思っています。この要望書に関しては「思いを述べたい」との申し出があったから実現しましたが、要望書だけ届いていて内容を確認して終わり、というものもあります。

素敵な絵もみすぼらしい額縁に入れたら絵の価値さえ下がってしまう。反対に額縁が立派でも、中に入れる絵がそぐわなければダメ。絵と額縁がバランスよく、見る人によりいっそうの感動を与えるもの、その価値を高めるものであって欲しい。木津川市の議会基本条例もその価値を高めるために、まだまだ検討課題が残っています。

放課後児童クラブ5割の値上げ

9月6日(火)

昨日は総務文教委員会があり、いつものように傍聴行きました。インターネット中継が始まって、本会議は画像も、委員会は音声のみですが、リアルタイムで聞く事ができます。
私はよほどの用事がない限り、直接傍聴します。第一の理由は、委員会の中でかわされる行政側とのやり取りを聞くのも大事な「議員の仕事」だと思うから。第二の理由は、採決の時の賛否を知るためです。

昨日は、気になっていた呉羽・深山・酒井各議員からの発議「原子力発電に依存しないエネルギー政策への転換に関する意見書」が委員会で審議されました。初日の本会議でも「太陽光パネルはゴミに出す時に毒性がある」「電力不足になると、企業が海外へ逃げる」などとおっしゃる議員が。
私からすれば、直下型地震で何カ所か福島原発のようになったら、それこそみんな日本に住めなくなるかも、と考えます。そんな想像はしたくはないけれど・・。
質疑したあとで賛成に手を挙げた委員、結局質疑もせずに採決の時に反対した委員。

反対なのに意見も述べずに採決の時に反対するって、私にはどうもわかりません。提案している人に失礼なんじゃないかな。議会は言論の府。納得いくまで質問すればよいのでは。

そして今日は私が所属している厚生委員会。国保や後期高齢者保険ほかの決算。放課後児童クラブの利用料4000円から6000円への値上げ提案。大切な議案が盛りだくさんです。
一番活発に意見が出たのが放課後児童クラブの5割値上げ案。でも採決の時には反対したのは私一人でした。傍聴に来ていた呉羽議員も「あれだけ行政側の不備を指摘しながら、結局賛成って、何に納得したんでしょうね」と、隣に座っていた方に話していたそうです。

明日は産業建設委員会。上下水道料金の統一と値上げ案の審議です。傍聴に行ってしっかり聞いてきます。みなさんもお時間が有れば傍聴に、なければインターネット中継で参加して下さい。

2011/09/05

原発とエネルギー問題を考える学習講演会

9月4日(日)

精華町で行われた原発問題の学習講演会に行ってきました。主催は「原発とエネルギー問題を考える精華の会」で、講師は敦賀市在住の元『原発労働者』でもある原発問題住民運動全国連絡センター代表委員の山本さん。

最初に山本さんが「この会場の中で、家族や親戚に原発で働いていらっしゃる方は?何人位いますか?」と、聞かれました。精華町役場の交流ホールにほぼいっぱいの参加者の中で、手をあげる人は一人もいませんでした。「これが、敦賀などでしたら、確実に2割の方達が家族や親戚に関係者がいます。」

今でこそ、原発の技術は未完成である。人間とは共生できない。危険である。と、いろいろな発言ができますが、以前はそんな発言をしたら「仕事が無くなる。地元に住めなくなる。」ましてや、原発に反対の署名をしたら「どういうつもりですか」と、最初は役場から確認に、次に『あちらの関係者(紳介が芸能界をやめた理由)』からの訪問などあったそうです。

私たちには想像もできないくらいの大きなお金が動いています。その利益に群がる、恩恵を受ける(企業も含めた)人達によって、原発は安全だとずっと思い込まされてきました。今少しずつ本当の話が聞けて、判断する材料が増えて来た事は大きな変化です。あとは一人一人が正面から受け止めて考える時ではないでしょうか。

木津川市議会でも「原子力発電に依存しないエネルギー政策への転換に関する意見書の提出について」の発議がありました。京都府・木津川市も原発に関しては他人事ではないという事をはっきり認識して欲しいと思います。
(本会議での様子も2・3日したら市HPのインターネット中継から録画で見れると思います)

2011/09/04

歴史のまち

9月3日(土)

9月議会が始まり自分の頭の回転の悪さを嘆きながら、子どもの顔を見れば「勉強は?」と言ってしまう。余裕のなさの現れでしょうか。

ところで、1日から市役所1階の住民活動スペースで、馬形などの実物の埴輪の展示が始まりました。まだゆっくり見てはいないのですが、実物を手の届く所で見れるなんてさすが文化歴史のまちであると再認識します。
思わずほほ笑む酒井議員

埋蔵文化財は大好きな酒井議員。うれしそうです。
最近はなんでもかんでも「事業仕分け」が流行りのようになっています。文化や教育はお金をかけて守らないといけないもの、連綿と続きつないで次世代へ渡して行かないといけないもの、そう思います。


残念ながら土日はお休みで、平日の8時半から夕方5時までですが、ついでの時に見に来て下さい。お問い合わせは、木津川市文化財保護室(0774-75-1232)
議会初日のあとで、顔に疲れが・・


2011/09/01

なんだか・・・

9月1日(木)

今日は朝から台風が近づいて来ていて、風が強いのに蒸し暑くいやな天気です。久しぶりに関西に上陸するのかと心配しながら、今日から9月議会が始まりました。

今日は初日で総括質疑が行われました。まず「会議録署名議員の指名」から始まり、会議の日程や報告や提案説明・質疑などなど。簡単に説明すれば、全部で32件の内容を聞いて今日決めるものと、違う日に「各委員会で決める」ものを振り分けていきます。

決算や条例改正の説明を受けたあとで質疑をするので、今日中には終わらないだろうと思っていました。もちろん、質問をする程の事ではない議案もありますが、市長に考えや方針・方向性を直接聞ける日です。

今日行政側から出された22年度の決算は、とくに2期目の議員の方がくわしいはずなのに、発言する人の少ない事。

議案の内容ごとに、各委員会に付託されて細かい質疑が行われます。だから「委員会で聞いたらええやん」と考えているのか、なんなのか。今日の場合、質問は3回までと決まっているので、余裕のない西山は必死です。

初日を迎えて質問もせずに、余裕たっぷりで議席に座っている議員って、なんだか・・・