2011/10/30

恭仁京まつり

10月29日(土)

去年は台風の影響で開始されなかった恭仁京まつり、今年は暑いくらいのお天気で無事にスタートしました。ただし、明日の予報は雨・・。ちょっと心配です。
天平時代の衣装でパレードを待つ河井市長たち

10時からパレードが始まり、開会式が10時30分〜という少しイレギュラーな進行でした。遷都行列に参加した市民のみなさんも暑い中で大変だったと思います。


昼から家族で京都の夫の実家に行くため、午前中の五節舞を見てから退席しました。明日も良いお天気になりますように。

最新クリーンセンター見学会

10月27日(木)

昼から大阪市環境局東淀工場の「クリーンセンターの見学会」に参加しました。去年の3月に出来たばかりの東淀工場は200㌧焼却炉が2基ある大きなものです。最大処理能力が400㌧/日ですから、規模の面では木津川市の予定しているクリーンセンターとは違いますが、設備面では見学に値するものでした。
中央制御室、コンピューターで集中管理

一般公募20人でしたので、余裕があれば見に行きたいと申し込んでいましたが、14人の申し込みのうち議員が7人。施設内の見学の後に質問時間を設けてくれましたが、住民からも熱心に質問が出ました。
小型パッカー車

木津川市で多い大きさのパッカー車も来ました
前回見学した打越台環境センターと違い、施設のすぐそばにも民家が広がっています。また、わたし自身はほとんどにおいはわかりませんでした。自分の持っていた焼却場のイメージが変わり、新クリーンセンターへの期待も少しずつ高まってきました。

2011/10/27

みるみる貯まる、主婦の節約術

10月26日(水)

午前中は厚生常任委員会がありました。議題は⑴総合がん検診事業の実施方法の検討について、⑵その他(地域密着型サービス施設の進捗状況)です。⑴は人口増加にともなって、受診者数が多くなり検診車・検診場所の確保・日程の調整が難しくなってきたことで変更案と、併せて個別通知方法の見直しも提案されました。

その説明資料の中に、府内各市町村のがん検診受診率の一覧がありました。見ると木津川市の受診率は府内でもベスト5に入るくらいで、市だけで比較すると京丹後市の次ぐらいの受診率の高さです。これは「住民に個別通知しているからではないか」との意見も出ました。
委員からもたくさん意見が出て、お昼近くまでかかりましたが、中には的外れな質問も・・。

この個別通知のように木津川市独自で良い施策もあるのですが、すぐに「お金がかかるから」「他はやっていないから」と、廃止にしようとします。なぜ「他ではやっていませんが、良いことは続けていきたいと思います。」と宣言出来ないのか。主婦の節約術で小銭を貯めていくような市政から離れてほしいものです。

2011/10/25

TPPと真実とお金と梅田さん

10月25日(火)

このところ新聞のいやな記事が目につきます。「米国・財界直結」内閣の本領発揮と言うところでしょうか。新聞の論調も原発事故の後しばらくはかなりマシになってきていたのが、またまた、米国・財界優先に戻ってきました。

TPPの反対表明が各地で大きくなったのも、決して「農業だけの問題ではない」ことがはっきりしてきたからこそ、いろんな分野でその危険性が指摘されみんなが知り始めたからこそです。
大阪もマスコミを利用しての選挙づくり。まじめに働く多くの人がホッとする政治に変えてほしい。いつも振り回されるのは「普通の人」です。大阪は梅田さんとわたしさん、がんばってね。

わが家は新聞は「赤旗」だけでなく普通紙も取っています。その新聞を広げた時に、紙面によっては広告だけの時があります。生きていく上でもちろんお金も大事ですが、真実と安全はお金にはかえれません。

小さなまつりといも掘り

10月24日(月)

週末は仕事あり、ぜんざいあり、ボランティアあり、そしてウォーキング(ビラ配り)。

土曜日の山城町での議会報告会を終えて、あわてて「上狛東部農地・水・環境保全会」が行っているコスモスまつりを見てきました。地域の人たちがそれこそ「農地・水・環境」を守る活動をしながら、補助金の一部を使いコスモスまつりをされていました。おぜんざいをふるまい、子ども達は「めだかすくい」を楽しんでいました。
何カ所か植えてあったコスモス畑

日曜日はボランティアに参加。春に植えた苗の収穫、いも掘りです。ボランティアのスタッフが少ないので、前日に飲みに行って眠たがる夫を引っ張り出します。子ども達は、お芋が焼き上がるまでに「山探検・川遊び・大縄跳び・シャボン玉遊び」をそれぞれ楽しみます。

お父さんたちも芋の蔓きりに力を発揮


黄色いバンダナはスタッフのしるし


わたしは川遊び担当です。担当と言っても、一緒に遊ぶのではなく見守り役です。見守りながら、川のゴミ拾いです。それを見て、子ども達もゴミを集めてくれます。ふと福島の子ども達もこんな風に、自然の中でマスクを付けずにのびのびと遊べる日が早く戻ってくるようになればと思いました。

先週は体調不良が響き、いつものペースで「こんにちは日本共産党です。9月議会報告」が配りきれていません。時間が有った時は雨が降ったりで、なかなか思うようには行きません。体調管理も仕事のうちですね。

2011/10/21

やっぱりもらうの?

10月21日(金)

民主党42億647万円、自民党25億2867万円、公明党5億6883万円、みんなの党2億7907万円、社民党1億9057万円、国民新党9892万円、たちあがれ日本4914万円、新党日本3393万円、新党改革2985万円。
今年3回目の「政党交付金、80億円弱」

復興のための財源がない。みんなで負担を。消費税でまかなおう。

木津川市でも国や府の補助金などを使って予定していた事業が、震災のためにストップあるいは遅れているものもあります。それでもみんな「福島の人たちは、大変な思いをしているから」と、心を運んでいます。
そんな中で「やっぱりもらうつもり?」と、言いたくなる政党助成金。4・7・10月と一度も辞退することもなく、半額返すわけでもなく、受け取っています。

日本共産党はこの制度を、憲法で定める思想・信条の自由を踏みにじるものとして反対し、受け取っていません。地方議会で「政党助成金を被災者救援に」の意見書が採択されている所もあるのにです。

議員になって党の主催する勉強会や講演を聴きにいく機会がうんと増えました。いつも「・・会館」「・・ホール」「・・センター会議室」です。他党でよく聞く「某有名ホテル」など、一度もありません。
決して悪口ではありませんが、京都市内の「Oホール」のイスはお尻が痛かった(泣)。またその日に限って3時間近い研修。きっと、有名ホテルのイスだと私は寝てしまうかもしれませんね。

2011/10/20

誕生日

10月20日(木)

今日は午前中に荷物が届く予定もあり、その時間を利用して近所のママ友と久しぶりにコーヒーブレイク。お互いの子どものことや給食費の値上げ・修学旅行の補助の廃止・高い国保税の話など意見交換しました。
「いったい何が子育て支援No.1なんだろう?合併の時に子育てしている女性市長ってアピールで、子育て中のお母さんを応援しますって言ってたのにね。」というのが、彼女の率直な感想です。そんな素直なつぶやきを市政へ届けたい。いろいろ考えさせられる大事な時間です。

いつものようにさっと新聞に目を通して、〝皇后陛下の喜寿の記念のペンダント〟の広告記事に「こんなのを喜んで買う人っているのかな。そういえば、旦那と同じ誕生日だったっけ。」と、初めて気がつきました。今日が誕生日だったことを。
四捨五入して5本
あわててケーキ屋さんに電話を入れて、ケーキの注文をしました。「メッセージは?」「お誕生日おめでとう、で」「ろうそくは?」「家にあるからいいです」
以前「ろうそくは?」と聞かれて「太いのを4本と・・」と言ったら、申し訳なさそうに「太いのはないので、長いろうそくを4本入れておきますね」と言われ赤面したことがあります。その時は長女に「お仏壇のろうそくでもイメージしてたん?」と、突っ込まれてしまいました。

子どもが小さい時は家でケーキを焼いてデコレーションし、子ども達もそれぞれメッセージカードを用意してプレゼントもありました。姑からは「おかずはなんでも良いけど、お赤飯と鯛を用意してや」と言われ、律儀に誕生日を祝っていましたが、いつの頃からか忘れ去られた記念日の仲間入りです。

若い頃のときめきはいったいどこへ・・・。

2011/10/19

受付

10月19日(水)

朝から市役所へ2・3用事を済ませるために行ってきました。今週は月曜日から体調が今ひとつ。早めに風邪薬を飲んだのが裏目に出たのか、熱は出ないものの喉の痛みと鼻水、頭もボーッとしています。いつもだったら、熱がかーっと出て、すーっとひいて、はいおしまい、で治るはずなのですが、なんか今日もだやいちゃ。

1階の社会福祉課の向かい側あたりに「大腸がん検診受付」と書かれた臨時のスペースが有ります。5歳ごとの節目の該当する方に案内が届いていて、今週中は市役所内で受付けてくれるそうです。
市役所内で

少し前に「なんでわざわざ市役所に持っていかないと行けないのか。支所で受け付けてくれないのか」と、市民から問い合わせが有り確認しました。通常の健康診断と違い、該当する方だけなのと、検便を預からないと行けないので「保冷箱」など管理が必要なこと、問診票に記入漏れがないかをその場で有資格者(保険師など)がチェックするためと説明が有りました。

今日通りかかって、あーなるほどと思い、写真をぱちり。書面で読むとわかりにくいことが多く、誤解も有ります。本当は、もっともっと人と人がつながり合えたらいいのにと感じました。

相楽郡広域事務組合議会臨時会

10月17日(月)

長い名前(広域議会)の臨時会が1時30分から始まって、あっという間に終わりました。内容は来年の6月からスタートする「休日応急診療所」の設計・改修工事・備品の予算を組むこと。京都府から「京都府みらい戦略一括交付金」という、名付けた人の気持ちがよくわからない名前の補助金を使います。

「休日応急診療所」それ自体は有るとうれしいものの、場所が本当に木津上戸の相楽会館で良いのか、わたしは少し疑問です。広域議会ですでに決まっていた事ですから、今さら質問も反対も出来なさそうなものですが・・。
施設に行くまでに回りの道が狭いところが多く、すぐそばには踏切が有る。施設の前の駐車場スペースが少ないので、満車の時は少し離れた所に停めないといけない。少し考えてしまいます。

広域議会などは約1ヶ月前に議長名で開催日程の案内が来ます。たぶん、市町村長が理事で入っているので早めにスケジュールを調整するのでしょう。そして議案配布は1週間前。今回は2回目の出席ですが、1回目は資料も多く、目を通しても何の事やらわからないって感じでした。そこでしっかり聞こうと思っていたら、もらっていた資料の多くは、ほとんど全部決まっていた分でした。それこそ最初の頃は、どちらがその日の案件かもよくわからず、重たい資料を全部持っていきました。最近は少しずつ成長してきたと、ほめてもらえないので一人で自画自賛。
当日も隣で、座ってからおもむろに封筒をあけて資料を取り出す議員に対して「資料は届いた時に、とりあえず目を通したら」と言ってしまいました。きっとうるさいおばさんと思われているんだろうな。

2011/10/16

ちょっと一息

10月15日(土)

昨晩からおばあちゃん(姑)が、長女に振り袖を見せに泊まりに来ています。わが家の夢見るゆめ子ちゃんも来年が成人式です。わたし自身があまり振り袖に興味がなかったことや、長女も成人式はスーツでも良いと話していたこともあり、振りそでを着るならレンタルのつもりでいました。
おばあちゃんが持って来た振り袖は義妹のものなので、「どうする?見てから、いらんかったら違うのかスーツか決めたら」という約束です。夏休みの間におばあちゃんの家に見に行っておいでと言っても、邪魔臭がりのゆめ子ちゃんは行きません。わたしも忙しくしていたので行く事もせずにいたら、しびれを切らしたおばあちゃんが来てくれたのです。

ゆめ子ちゃんも女の子ですね。袖を通したら「これで良いわ」と、決定。おばあちゃんも「じゃあ、ショールとか小物も今度持って来るね」と、ちょっとうれしそうです。

なごみ保育園
ゆめ子ちゃんたちを旦那に頼んで、わたしは夏に訪問した保育園の運動会を見に行ってきました。雨だった事もあり、小学校の体育館で行われました。やっぱりすごい人数で圧倒されます。

州見台さくら保育園
お昼は夏から約束していたPTAのメンバーで優雅にランチです。3時から違う会議に参加するため、わたしだけ現地集合現地解散でしたが、楽しく美味しい時間を過ごせました。
やっぱり気になるのは子どもたちの事です。いろいろな話が出ましたが、むずかしい年頃ですね。
あとはみんな加茂町に住んでいるので、サルが出た、鹿が柵にひっかかっていた、最近いのししがと、鳥獣被害の話も出るのがローカルだなぁと、改めて思いました。

おいしかったあわび

2011/10/14

武器輸出って

10月14日(金)

午前中の会議が始まるまでに市役所に行こうと思いつつ、用事を済ませインターットのニュースを見てびっくり。
野田首相が「武器輸出3原則を緩和、米大統領に表明へ」

自民党が長年やってきた政治で生活の基盤が壊されて、そこからの転換を求めて民主党に期待した結果の政権交替だったはず。多くの人がそれこそ「わらにもすがる思い」に近い気持ちでの意味のある1票を投じました。
期待していただけに落胆は大きいものの、忍耐強い日本人(?)は我慢をし続けています。原発事故の事も税金の事も病院の事も子ども手当の事も・・。
やっぱりおとなし過ぎるのではないか、はっきり意思表示をしないといやな方向へ進んで行くのではないかと思っていた所に「武器輸出」のニュース。

2大政党の名前を借りての「大翼賛政治」になる危険性を、日本共産党は指摘していました。日本の技術を売り込んで外貨を稼ぐ、その利益優先の延長のように安易に進められる「武器輸出・・・」の話。
日本はずっと戦争に反対して、戦争を起こさずにきて、戦争に参加しない事が誇りであったはずです。自衛隊の海外派遣も本当はおかしな話です。戦争をしている国と国の間に入ってストップをかけるならまだしも、なぜ日本が戦争をしている国の横に並ばないといけないのか。

市会議員になった時に当選証書と一緒に渡された「議員必携」の中に、議員は憲法を守らないといけないと書いてあります。(細かいニュアンスは別にして)それを一番最初に目にした時に感じた違和感。国会議員が一番憲法に従わない行動をしていると、思いました。


そんな時に今日のニュース。どじょうでもなんでも良いけど、お願いだからわたしの子ども達や子どもの友達、未来の日本をになう子達に「平和な日本。戦争の手助けをしない日本」を残して欲しい。

おじさんの電話

10月13日(木)

昨日の朝、長男に「今、体育って柔道?結構死亡事故があるから、授業でも気をつけなさいよ」と話していました。受け身は見た目よりも難しいし、なによりわたしに似て、子ども達は運動神経が良いとは言えない。

ところが、母の想いはすごいと言うか、不安的中。本人から聞くより先に、ママ友からのごめんねメールで、長男が柔道の授業で頭を打って保健室で寝ていたと知らされました。家に帰ると長男は寝ているし、長女からは「なんか、おじさんから何度も電話が入ってたよ。西山議員いますか、って」との報告。
ちなみにわが家は電話番号を2本持っていて、議員用の電話はわたしが不在の時は出なくて良いと言っています。娘が出るのは自宅用の電話なので、「なんで自宅にかかってくるのかな」と、娘はさも邪魔くさそうに「何度もかかってきてたから、しまいに出るのやめた。」と言います。

着信番号は、76-2101,2102,2103  娘の言う〝おじさん〟は、9日の市民運動会の写真をプレゼントした校長先生方からのお礼の電話だったのです。(まあ、おじさんと言えばおじさんなのですが)
パン食い競走のパンを味わう校長先生(おじさん)方
それと、長男の事で中学校からの電話。長男には「朝ちょうど話していた所なのにね」と言ったものの、何事もなくホッとしています。

今朝はいつものようにわたしに「忘れ物ない?」「ないよ」(母)、「この前忘れ物有ってんで」「そんな事知らんわ、いってらっしゃい。」
元気よく学校へ行きました。


2011/10/11

地方議会改革について

10月11日(火)

今日は昼から総務省自治行政局行政課の行政企画官兼大都市制度専門官という、堅苦しい肩書きの新田一郎さんの研修がありました。内容としては「地方議会の本来の姿と議員の仕事」だと、わたしは理解しましたが、いかがでしょうか。

議員の仕事は目に見えにくく、具体的に何かものを作っているわけでもなく、出来上がった製品を売っているわけでもないので仕方ないかもしれませんが、久しぶりにあった知人に「え、議員って忙しいの?」と聞かれると、少しぐったりします。

研修の中で頭に残った言葉をいくつかご紹介します。
1、日本は議員の数が諸外国と比べても決して多くはない。
2、議案の原案可決率97〜98%はどうか。議会は市長の追認機関ではない。
3、広聴会・参考人制度をもっと活用すべき。
4、議員の職業別で「農業、建設業、卸売・小売業など」が多いが、日本人の一般的な職業と比例していない。偏っている。
5、議員の9割前後が男性、まだまだ遅れている。

最初は堅苦しい話はいやだなって、正直思っていました。でも質疑応答を含めて1時間しかなく、あっという間に終わってしまいました。もっと聞きたかったし、「議員の役割をもっと教えて。仕事の本質を言ってやって。」って気持ちでした。(今日もzzの人が何人かいましたもの)

明日は広報委員会、議会だよりの仕上げに向けていよいよ大詰めです。明日もがんばります。おやすみなさいzz

2011/10/09

連日の運動会

10月9日(日)

昨日は幼稚園や保育園の運動会が目白押し。夏休みにお邪魔した梅美台保育園を少しだけ見学してきました。梅美台地区は子どもの数が市内でも突出して多い事もあり、すごい人数の子どもたちと、それに負けないぐらいの人数のギャラリー。小学校の運動場を借りていても子どもたちの多さに驚くぐらいですから、教室ではどうなんだろうかとつい想像してしまいます。

そのあと中央体育館へ移動して「木津川市障害児・者スポーツ大会」に参加しました。聞くといつも市会議員の参加が少ないそうです。今年はとくに保育園などと重なったせいで、議長と酒井さんと私の3人だけの参加でした。みんな楽しんで参加しているのを間近に見て、私自身は来て良かったなと思いました。

今日は加茂地区の市民運動会。お世話になっている中学校の校長先生たちも参加していました。パン食い競走は結構みんな楽しんでました。
選手宣誓するクーニーちゃん
みんな必死でがんばっています

広報委員会と住民参加

10月7日(金)

小学校でも中学校でも、PTAで一番多く携わったのが広報委員会でした。なぜか議員1年生の今年も広報委員。「木津川市議会だより」はクリニックでも高い評価を受けています。それは、合併後4年間でしっかりと作り上げて下さった結果であると思います。

でも以前は読んでいて、たまに業界(行政)用語が出て来た時に「?」と思った事がありました。今は、私自身がわからない時はその場で先輩議員に聞く事ができます。だからみなさんが議会だよりを手に取った時、読んでもらってスッと頭に入る文面になるようにと、心がけているつもりです。

議会だよりを読んでもらって、議会報告会に参加してもらい、議会の傍聴にも来てもらう。住民参加の市議会、理想でもあり、夢でもあります。

文化発表会

10月6日(木)

少しだけさかのぼっての話です。
6日に加茂のあじさいホールで泉川中学校の文化発表会がありました。何年前からか忘れましたが、合唱コンクールをあじさいホールでしています。音響効果の面からも素晴らしく、子どもたちも「舞台で発表」の体験をできる、素敵な行事です。
あじさいホールでの発表会


昼から聞きに行ったので、1・3年生しか聞いていないのですが、今年は全体にレベルが高かった気がします。残念ながら息子のクラスは金賞ではなかったそうですが、「先生からは金賞あげる」と言われたと話していました。

修学旅行・運動会・文化発表会と大きな行事が終わり、3年生はいよいよ受験が現実味を帯びてきます。勉強嫌いな息子が本気でがんばるのは、いったいいつのことやら・・。

2011/10/05

税務課

10月5日(水)

今日の午後は酒井さんと打ち合わせをするためと、事務局にも用事があり2時半頃に市役所へ行ってきました。ちょうど昼から、魚津市議会の議員さん達が「総務文教常任委員会視察研修」で、来庁されていたようです。

会派室のパソコンと、お尻が痛い時に使う座布団


魚津というのは富山県の東の方に位置し、私は実物を見た事がないですが、「富山湾の蜃気楼」が見える事で知られています。
なぜか蜃気楼があらわれると、「今、蜃気楼が見えます」と校内放送がかかると、知り合いに聞いた事があります。彼女いわく「校内放送をかけられても、海まで行って良いわけじゃないから、その時は見る事ができない」と。反対に気もそぞろになるのだと・・。

午前中は少しだけ家の片付けなどをしていました。そこで、市役所から封書が来てたのを思い出し、中をあけてびっくり、市・府民税の追徴のお知らせです。
毎年、e-TAXで申告をしているのですが、よく読むと息子の生年月日を平成→昭和に打ち込んでいたみたいです。続柄はちゃんと「子」にしているのに、老人扶養(70歳以上)になっていたそうです。

今年は選挙前で気持ちに余裕がなかったのかな。ちょっと恥ずかしいお知らせをもらってしまいました。

2011/10/04

わが家は千円

10月3日(月)

先週は見応えのある国会中継(質問)でした。
志位委員長の質問も「すごい」と思いますが、実は私は市田さんのファンです。去年の11月に京都で初めてご本人にお会いして握手してもらいました。

今回の市田さんの「被災地の医療機関の問題点」を鋭くつく質問も見ていて拍手!
やりとりを聞いていて、小宮山厚労相も「今のままじゃ問題があるから支援しなくちゃいけない」と、わかっているんじゃないかと思う返事でした。わかっているなら早く実態にあった政策を進めて欲しい。
☆左下の日本共産党ムービーから見て下さい☆

このところ小沢さんの秘書の裁判の話や、政党助成金を返さずに貯め込んでいる閣僚の話など、いやなお金の話が新聞に載っています。蓮舫行政刷新相・平の復興相などは、受け取った中の2千万円以上も「基金」としておいてあるそうです。
原発問題でもいろいろ指摘されていますが、あいかわらず法律をかいくぐって「企業献金」があり、その横で「政党助成金」があります。国民1人あたりおよそ250円の負担の政党助成金。わが家は4人家族で千円。

市議会の最終日に議会の中でも外でも、「そんなお金どこにあるんだ。お金のかかる話ばかりする。東北大震災の被災者の救援が先だ。」みたいな意見を言われました。じゃあ、まず自分の所属する政党に「政党助成金を受け取らずに復興に回しましょう」と、なぜ言わないのか。

外国では、大金持ちが自分の払う税金の税率が雇っている秘書の税率より低いのはおかしい。「自分達の税率をもっと上げろ」と表明しています。

千円札を前に考えさせられる事ばかりです。

2011/10/03

腰痛

10月2日(日)

今日は久しぶりに午前中は用事が入ってなくて、子どもたちも起こさずに過ごせる朝です。昨日は普段より早く寝たはずなのにちょっと気を抜いたら、朝寝坊。
それも、寝ていて腰が痛くなって目を覚ましました。若い時は、長い時間寝ていても「腰が痛くなる」なんて事はありませんでした。やっぱり寝るのも体力がいるのです。

そういえば、長女は小さい時から本当によく寝ます。夏休みの間のバイトがない日は、とくにひどいものです。顔を見るたびに「おはよう」と、声をかけます。返事はいつも「寝てないもん、起きてたもん」
議会でも委員会でも長女をよく見かけます。この前は「おはよう」と声をかけてにらまれました(汗)

「眠くなるので、昼食は控えめにしている」とご自身のブログに書いていらっしゃる方もいます。やっぱりみんなも眠いんだと、ちょっぴり安心。明日は議会だよりの編集のための広報委員会です。眠くなると困るので、腰痛にはならない程度に今日はもう寝ます。

2011/10/01

運動会

10月1日(土)

心配していた天気もちょうど良い具合に晴れました。今日は結構風が強かったものの、昨日の雨はグラウンドの土を湿らせてくれたので、こちらの方も良い感じでした。

朝一番に梅美台小学校に行ってきました。たぶん今後何年間かは行くごとに児童が増えて、その数に圧倒されるんだろうと思います。本当は州見台小学校よりもグランドは広いのでしょうが、せまく感じました。
知ってるお母さんとも話せて、1年生の表現「ハートに向かって☆バンザイ」も楽しく見て来ました。
梅美台小学校、1年生の表現


州見台小学校では2年生の表現「Share The World〜世界は一つ〜」
加茂小学校の1・2年生の表現「おきなわのかぜ」
わが子の小さな頃を見るような気持ちで可愛い演技を楽しみました。

最後はやっぱり南加茂台小学校に行きました。5・6年生の表現は「組体操〜共生〜」です。
ナレーションも子どもたちの声を録音したようで、みんなで協力し、しっかり組体操をこなして、最後に両端から子どもたちが1組ずつ真ん中へ走って来ます。まるで「出会う・めぐり会う」という感じです。
ハイタッチであったり、胸の前でのタッチであったり、握手のようであったり、その子たちがそれぞれでポーズを決めていたようです。
南加茂台小学校、組体操


もうここでアウト。感動して涙が出てきます。「ここで泣くのは、親じゃなくて、孫を見る年の人やで。」と◯◯議員に言われましたが、「孫みたいなもんでいいです。」

木津川市内全小学校が同じ日の運動会でなければ、もっとたくさんの子どもたちに会いに行けるのに・・。そう思うのは私だけでしょうか。

チカラ及ばず

9月29日(木)

9月定例会が今日で閉会しました。
平成22年度決算で見ても、木津川市の市民税の税収は落ちてきており、反対に固定資産税が増えてきています。人口が増えているのに住民税が比例してのびないのは、木津川市民の所得が全体的に下がっている事の裏付けでもあります。
これは、全国的にも平均所得が下がっている事とかわらないのですが・・。

そんな中で、上下水道料金や放課後児童クラブの値上げなど、条例が可決されました。「お金がかかる。お金がない。」と、木津川市は説明しますが、市の基金はしっかり貯めています。市民の多くは貯金もできずに「持ち出し」もある中で、本当に行政が貯め込むだけが素晴らしい事なのでしょうか。

問題点を指摘しても指摘してもかわりません。他の議員の発言の中で「議会は、市長の追認機関ではない」と言われましたが、追認機関に見えてしまいます。