2011/10/14

おじさんの電話

10月13日(木)

昨日の朝、長男に「今、体育って柔道?結構死亡事故があるから、授業でも気をつけなさいよ」と話していました。受け身は見た目よりも難しいし、なによりわたしに似て、子ども達は運動神経が良いとは言えない。

ところが、母の想いはすごいと言うか、不安的中。本人から聞くより先に、ママ友からのごめんねメールで、長男が柔道の授業で頭を打って保健室で寝ていたと知らされました。家に帰ると長男は寝ているし、長女からは「なんか、おじさんから何度も電話が入ってたよ。西山議員いますか、って」との報告。
ちなみにわが家は電話番号を2本持っていて、議員用の電話はわたしが不在の時は出なくて良いと言っています。娘が出るのは自宅用の電話なので、「なんで自宅にかかってくるのかな」と、娘はさも邪魔くさそうに「何度もかかってきてたから、しまいに出るのやめた。」と言います。

着信番号は、76-2101,2102,2103  娘の言う〝おじさん〟は、9日の市民運動会の写真をプレゼントした校長先生方からのお礼の電話だったのです。(まあ、おじさんと言えばおじさんなのですが)
パン食い競走のパンを味わう校長先生(おじさん)方
それと、長男の事で中学校からの電話。長男には「朝ちょうど話していた所なのにね」と言ったものの、何事もなくホッとしています。

今朝はいつものようにわたしに「忘れ物ない?」「ないよ」(母)、「この前忘れ物有ってんで」「そんな事知らんわ、いってらっしゃい。」
元気よく学校へ行きました。


0 件のコメント:

コメントを投稿