2011/10/25

TPPと真実とお金と梅田さん

10月25日(火)

このところ新聞のいやな記事が目につきます。「米国・財界直結」内閣の本領発揮と言うところでしょうか。新聞の論調も原発事故の後しばらくはかなりマシになってきていたのが、またまた、米国・財界優先に戻ってきました。

TPPの反対表明が各地で大きくなったのも、決して「農業だけの問題ではない」ことがはっきりしてきたからこそ、いろんな分野でその危険性が指摘されみんなが知り始めたからこそです。
大阪もマスコミを利用しての選挙づくり。まじめに働く多くの人がホッとする政治に変えてほしい。いつも振り回されるのは「普通の人」です。大阪は梅田さんとわたしさん、がんばってね。

わが家は新聞は「赤旗」だけでなく普通紙も取っています。その新聞を広げた時に、紙面によっては広告だけの時があります。生きていく上でもちろんお金も大事ですが、真実と安全はお金にはかえれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿