2011/12/31

やっぱり政党助成金ねらい

12月30日(金)

昨日行ったスーパーで、小さい女の子が「もういくつ寝るとお正月〜♪」と、繰り返し歌いながら、お母さんと一緒に買い物をしていました。
とてもうれしそうで、見ていて微笑ましくなりました。
男女雇用機会均等法が成立してから久しいとは言え、やはりお正月は女性の出番ががぜん増えて来て、とくに働く女性には年末は普段より忙しくなるかもしれません。

年末と言えば、新聞に「辺野古アセス、年内に提出」「新党結成のために、年末に離党」などなど…。
沖縄県に対する、地元の思いを無視する国と防衛省の信じられないようなやり方。
原発事故で帰宅のめどが立たない住民が多くいる中でも、あくまでも自分達はもらい続けている政党助成金。
その政党助成金を新たにもらうために、この時期に新党結成を模索する政治家。ましてや有罪判決を受けている政治家が絡んでのドタバタ。

『政治』が市民感覚からどんどん離れていきます。政党助成金は憲法違反であるとして、日本共産党は一切受け取っていません。
今回の震災で「返上」する政党が現れなかったのは、無駄をなくすと言って、政権を取った民主党がことごとくマニフェストを破っているのを見ても、なんだか驚かなくなりました。

沖縄に負担を押し付けて、アメリカへは「思いやり予算」を続ける。やっぱり変。
どこにいても、しっかり声を上げていかなくてはいけないと改めて思いました。

9匹のサルで「苦は去る」だそうです。
今年の苦は去ってほしいのもです。

0 件のコメント:

コメントを投稿