2012/01/26

はがき

1月25日(水)

今日は臨時議会が開かれました。内容は
ガーデンモール木津川の2階に4月開園予定の民間保育園分園に関わって、保育所条例の一部改正。その改修工事費用と、木津合同樋門に設置する排水ポンプ購入のための補正予算。
もちろん、両方とも必要であり大切なことですから、臨時議会が開かれたのですが。

ガーデンモール木津川に開設される分園は、0〜2歳児の受け入れで待機児童の解消もめざし、府内で初めて「商業施設内に認可保育所を作る」と新聞報道もされたので、ご存知の方も多いと思います。
しかし、お店のオープン前の時間は外付けの階段を上っての登園になります。出勤前の慌ただしい時間に、小さな子どもを連れて雨のかかる少し急な階段を上って行く事が、安全面で大丈夫なのでしょうか?
これはひとつ手前の階段

この階段を上がってすぐの扉から入ります

保育室の窓からは、少し先に山(竹林?)は見えるものの、ショッピングセンターの中にあるのですぐ目の前は駐車場。外遊びの出来る園庭もなく、一番近い公園へ行く時は、階段あるいはエスカレーターかエレベーターで一度1階に下りて、外の信号のある広い道路を渡って行くことになります。
また、お昼寝の必要な子どもたちに、静かな環境(午睡の時間)を用意できるのでしょうか?
待機児童解消のためにということが最優先されて、全国的に保育の質の低下が進んでいる気がしてならない。大切な乳幼児期に本当にそれで良いのかと考えてしまいます。


そんな臨時議会を終えて、用事を済ませて家に帰ると、高校時代の友人のお母さんからはがきが届いていました。
高校を卒業して地元にいた時は、私が同窓会の段取りをしていましたが、高岡を離れてからは「婿取り」の彼女にその役目を頼んでいました。
しばらくは、みんな子育てなどに忙しく同窓会も出来ず、年賀状のやり取りだけでしたが、ここ2年ほど届かなくなり不思議に思っていました。

「寒中お見舞い」から始まるはがきに、彼女が平成20年の秋になくなっていた事。去年の夏にお婿さんも亡くなり、今は彼女の息子さん二人と一緒に暮らしている事が書かれていました。
今年は久しぶりに同窓会をしたいと思い、年賀状に「そろそろ子育ても一段落してる子が多くなった年齢だし、同窓会の幹事をしてね」と書いたのです。彼女はクラスの中で一番早く結婚をして、男の子を産んで「ほっとした」と言ってました。
そんな彼女は人生も人より少し早く、駆け抜けて行ってしまいました。

ふるさとは遠きにありて思うもの。
やっぱり今年は一度、高岡に帰るようにしましょう。帰っておいでと呼ばれているような気がします。

1 件のコメント:

  1. ご無沙汰しております。木津川市のより良い街づくりの為、心よりご活躍をお祈り申し上げます。時節柄お体ご慈愛くださいませ~

    返信削除