2012/02/20

大谷処理場

2月20日(月)

今日は「相楽郡広域事務組合議会」が、山城町の163号線沿いにある大谷処理場の会議室でありました。普段、同議会が行われる相楽会館は、この6月から始まる休日診療所の開設にむけて工事が行われていて、使用できないからです。

組合議会の会議規則の改正を始め、23年度の補正予算、24年度の予算など…。きれいな会議室でしたが、ずっと座っていると足下が冷えてきて、最後の方では思わず足をさすりながら座っていました。自分でも「行儀悪いな」と思いつつ、次からは途中休憩を入れてもらおうと思ったくらいでした。

議案の中で面白かったのは、6月から開く診療所の名前の変更→「相楽休日応急診療所設置条例の一部を改正する条例の件」
京都府からのガイドラインに沿って“相楽休日応急診療所”だけではだめらしく、どこが実施しているのかがわかるように“相楽郡広域事務組合 相楽休日応急診療所”に変更するというもの。議員の中からも「長い名前やな」との声が漏れました。
そう言われてみれば、今日来てるいるのも“相楽広域事務組合 大谷処理場”でした。

議会が が終わってから、希望者は処理場の中を見学できると言うので早速参加してきました。最初はちょっと臭うかなとも感じましたが、施設の中はどこも見学している時に気になる臭いは、ありませんでした。

最後は木津川に流します
申し込めば見学は可能なので、みなさんもぜひ行ってみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿