2012/05/24

人権講演会「佐野有美さん」

5月23日(水)

今日はいずみホールで2時から人権講演会に行ってきました。
知っている人は知っている。先天性四肢欠損症の佐野有美さん、2009年に24時間テレビでも取り上げられたそうで、会場に来ている人でも「知っていた」という人も何人もいました。

残念ながら私は普段テレビをあまり見ないので知りませんでした。広報きづがわに入っていたチラシを見て、不自由な事も多いのにすてきな笑顔だなって感じて、話を聞きに行きましたが、会場はたくさんの人が来ていて盛況でした。

彼女の言葉の中で、例えば「迷っている時は“余裕”があるのだから、チャレンジする」という話。多分「迷ったらやめる」という人が多いと思いますが、これって素敵な話だと思います。佐野さん自身出来ない事が多い中でも「迷ったら進む」ことを選ぶ前向きな女性です。

あと、「“後悔”はせずに“反省”はする」「落ち込んだ時も後悔せずにとことん反省して、そこから次につなげられる解決策をみつける」
22歳という若さだけど、なかなかの「深〜い言葉」の連続。ついついわが家の娘と比べてしまいます。

障がいに関しては、「相手に求めるのではなく、きちんと伝えること・理解し合うことが大事。健常者でも障がい者でも手を差し伸べることの出来る社会になれば、差別がなくなる」
あとは実践あるのみ。良いお話を聞かせてもらいました。人権推進課の皆さんはじめスタッフの皆さんご苦労様でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿