2012/07/16

創立90周年

7月15日(日)

今日は昼から「原発の学習会」がありました。参加人数は14・5人というところでしょうか。内容の濃い話が多く、もっと聞きに来てもらえたら良かったのにと思いました。

地元だからこその話として興味深かったのは、原発の近くの町では、原発の建物が一番安全だと教えられていて、地震が有ったら「原発の建物に逃げ込め」と聞いていたそうです。(たどり着くまでの道路状況は別にして)
去年の福島の事故からしたら「あり得ない話」と思いますが、あの事故が無ければ、多分今も「原発の建物が一番安全」と疑う事なく暮らしていたのかもしれません。真実を知る事がいかに大事であるか、また「権力」によっていかに真実を知らされていないかもわかる話です。

そんな中、今日は日本共産党の創立90年の日にあたります。夕方、近くの京内橋の交差点で約1時間街頭宣伝をしました。
村城さんの訴え

原発の事、消費税の事、戦争を反対していた党の話など、延べ7人がそれぞれの思いを訴えました。
酒井さんの訴え

明日は東京代々木公園で「さよなら原発10万人集会」が開かれるそうです。近くの奈良市を始め、京都市内や綾部市、舞鶴などいろんな場所で、10万人集会に呼応して「原発反対の声」が一段と大きく響く事でしょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿