2012/07/31

集金と世間話

7月30日(月)

今日は、午後から上條亮一予定候補と一緒に、地域の人に会いに行って来ました。ついつい最初の言葉が「暑いですね〜」「本当に暑いですね」
上條君はやっぱり若いせいか「暑いですよね」と言いながらも、さわやか。以前に会った時よりも少し日に焼けて、少し細くなった気もします。忙しい毎日を送っているんだろうなと思います。
かみちゃんマン




月末というのは新聞「赤旗」の集金もあり、どうしても忙しくなります。なかなか会えない人もいて、何度も足を運ばないといけない事も多々あります。

先月どうしても時間が合わずに会えなかった人で、久しぶりの集金になってしまいました。生協が来る時間には家に戻ろうと思っていたのに、集金ついでに子どもの事やら学校の話題やらで30分程も話し込んでしまいました。

習字を教えているそうで、習いに来ている子どもたちから、ちょっとした「いじめ」や「先生の休職」の話を聞くそうです。そんな話ができるという事は、子どもたちもリラックスしているのでしょうか。
加熱する学習塾より、習字やピアノなどは、自身の習熟度で進めるからこそ、子どもたちもマイペースでのびのびできるのでは。今の教育は競争社会のしわ寄せで、子どもたちの関係を複雑・不幸にしているような気がしてなりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿