2012/09/11

ヤジにあっぱれ

9月10日(月)

今日は「補正予算特別委員会」が、5階の委員会室で朝9時30分から行なわれました。毎日のように熱心に来られる市民や議員あわせて、10人ほどが傍聴していたでしょうか。

今日の進め方は簡単に言うと、
担当部局を3つのチームに分けて、担当課から説明を聞き質疑が有り、最後のチームが終わったら、今回の『補正予算』の委員会での賛否をとります。
私は基本的にはすべて傍聴に行くように心がけています。インターネットでも音の配信(委員会は当日に音声のみ)はしていますが、聞き取りづらいし、委員会の方が細かい部分までやり取り出来るので、聞く価値は充分にあります。市民の方達も、もっと委員会の傍聴に来てくれたらいいのにと思いますが。

最終のチーム(建設・教育)の時に、私が6月に一般質問でも取り上げた「小学校の警備員配置の廃止」に関連した予算の質疑が活発に行なわれました。
小学校の門に「カメラ付きインターホン・センサー・オートロック」のいわゆる「3点セット」を付ける。そして、警備員を2学期で廃止する。実際には車を校内に入れる部分のフェンスの付け替え工事もあるので、3学期にずれ込む場合もあるそうですが。

いつもは「行財政改革を進めよ」が口癖の議員も、「子どもたちの安全と命は最優先されるべき、池田小事件を忘れてはいけない」の発言には、思わず拍手(心の中で)。

「機械設置(3点セット)の必要性はわかるが、取り付けたからと言って年度途中での警備員の廃止はおかしい。本来、当初予算でしっかりと予算の確保をした上で、追加補正で機械を取り付けて、新年度から警備員の廃止をすべき」
そこでヤジが、
「当初予算に賛成しておいて、今『予算のあり方うんぬん』は言えないなぁ」ーニュアンス的にこんな言い方ー

みんなおもわず笑い出してしまいました。今日は、ヤジに“あっぱれシール”です。

反対討論が酒井議員を含め2人いましたが、結果、委員会では補正予算は賛成多数で可決されました。

0 件のコメント:

コメントを投稿