2012/09/22

戦没者追悼式で

9月21日(金)
 
 20日「木津川市戦没者追悼式」が加茂文化センターで行われ、参加してきました。昨年は別の予定と重なっていましたので、今年が初めての参加です。
 あじさいホールの壇上に祭壇が設けられ、遺族会の方を始めとして献花が行われました。

 式の終わりに遺族会の代表の方が挨拶をされました。
 「遠い異国の地で、いろんな思いを持ちながら死んで行ったと思います。そんな家族を持つ『遺族会』だからこそ、二度と戦争が起こらないようにとの願いが強い。これからも、決して家族を戦場に送り出すような事がないように、声を上げて行くのが役目だと思います。」
  
 事故の確率が高く、下降気流が強く環境への悪影響も懸念されるオスプレイ、政府によって「安全宣言」が出されました。ハワイでは地元が危険性を指摘し訓練を中止しても、日本では行なわれています。
 今、世界全体がいろんな交流があり外交交渉をする中で、武力を誇示する必要などありません。

 出席されている遺族会の方達も平均年齢が高くなり、80歳を迎えた方の紹介もありました。そんな中で、代表者の挨拶に「二度と戦争はしない。させない」の強い意思を感じ、心の中で拍手しました。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿