2012/09/06

嬉しい事とそうでない事

9月5日(水)

いつも水曜日の朝は慌ただしく出かけます。プラスチックゴミと燃えるゴミが重なった日だから。プラスチックゴミは、気をつけていても1週間でかなりたまります。なので必ず出してから行くようにしています。

今日は厚生常任委員会。国保・介護保険・後期高齢者保険などの特別会計の決算や、コンビニ収納を進めるための条例改正や放課後児童クラブの名称変更や条件整備に関しての条例改正など、盛りだくさん。

今日は初めて「退席」をしました。「放課後児童クラブ」の条例一部改正で、利用条件が「市内に住む児童」全体に拡充されました。不思議に思うかもしれませんが、市内に住んでいても市外の私立小学校に通う子どもは対象からはずれていたのです。これはもちろんまる。
もう一つは、市外に住んでいて保護者が市内に通勤・通学する場合の子どもも利用出来るとすること。保育園の入園申し込み条件と揃えたようですが、要望が有ったわけではないようです。

以前より要望が有り、検討課題でもあるのは「長期休暇(夏休み)の利用」です。普段は放課後児童クラブに行くほどでもないけれど、夏休みなどは朝から一人で家に置いておくのは心配で、長期休暇中だけでも利用したいと言う声は以前からあります。
私が児童クラブの親の会の会長をしていた時も、「時間延長」とともに要望にあがっていました。そういう現実には配慮されていません。それでも委員会の中では、みんな「賛成票」を投じます。

絵に書いた餅よりも、困っている人や要望がある事に対して、子育て支援の拡充を進めてほしいものです。


あと「嬉しかった事」は、加茂支所の駐車場で久しぶりに梅美台のKさんに会えた事。娘さん二人と図書館に寄った帰りだとか。知り合った時は小さかったけれど、二人とも今は小学校に通っています。お姉ちゃんの方は以前会った時より背が伸びていたような気がします。
「子どもたちの医療費の無料化、本当に嬉しい。親にとっても安心感があるし、ありがとうございます」と、言われました。そんな一言で、良かった頑張ろう、って気持ちになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿