2012/10/31

雨の中でも

10月31日(水)

 今日は朝からひんやりとしますが、太陽も出て清々しいお天気です。
 昨日の夜の演説会は雨が降り出して、すっきりとしないお天気の中約400人近い方達が演説会へと足を運んで下さいました。6時の開場の時点では席もまばらで、正直どうしようと思っていましたが、遅れて来られる人もいて次々に席が埋まりました。
 みんなが緊張と少しの不安の中(最初は空席が目立っていましたから)、私一人が市田さんに会えると(本気で)はしゃいでいました。
控え室で写真をお願いしました。

 前日に国会であった首相の所信表明の話なども触れつつ、今の政治の間違った方向性を具体的に一つ一つ指摘し、党の提言を示しながら、くらしを守るためには「アメリカ言いなり、財界言いなりの政治ではいけない」と、力強くお話しされました。

 他にも来月11日投票の宇治田原町の安本修・今西久美子両議員の紹介と、京都6区の衆議院予定候補26歳のかみじょう亮一さん、衆議院比例近畿ブロックの予定候補39歳堀内照文さんの訴えがありました。
 この日私と一緒に司会を務めたのが先日の笠置町会選挙で初当選した31歳の向出健さん。若いみんなに囲まれ「今日はお姉さんやし、頑張りや」と、声をかけていただき「は〜い」と返事はしたたものの内心「どう考えてもお母さんやわ」

 明日から11月です。国会の代表質問も始まります。今こそはっきりものを言いしっかり働く日本共産党議員を増やし、みなさんの願いが届く政治へと進めていきたいと改めて決意しました。
 

2012/10/29

優しい手

10月28日(日)

 10月最後の日曜日、新聞の集金も兼ねて10月30日火曜日にアスピアやましろで行なわれる「演説会」のお誘いに回りました。朝から冷たい雨も降っていて、会えた人の方が少ないくらいでした。
 できるだけたくさんの人に聞いてもらいたいのですが、平日の夕方という事もあり、お仕事に行っている人からはいい返事はもらえません。なんだかんだと言っても、木津川市から職場へは遠距離通勤が多いようです。

 議員になっても、私自身が会える国会議員はそう多くはありません。志位委員長は、奈良市で演説会があった時に聞きに行ったけれど、今までお会いしたのは、市田書記局長、穀田恵二さん、井上哲士さん、吉井英勝さん。
 みなさん情熱を持って、国政の状況もわかりやすくお話ししてくださいますが、中でも私が一番好きなのが市田さんのお話です。聞いた後であたたかさが残るし、「よし頑張ろう」と気持ちを奮い立たせてくれます。握手してもらった手も、とても温かく優しく「包みこむような手」です。

 このところ「憲法9条を変える」「天皇を元首として…」などと、平和を願う気持ちとは逆流するような発言をする政治家が増えています。今こそ平和を守る、国民の命と生活を守る、願いを実現するための政治に変えなければいけません。

 10月30日火曜日、午後6時30分からアスピアやましろで行なわれる演説会に、ぜひみなさんおいで下さい。お待ちしています。

2012/10/27

秋晴れ

10月27日(土)

 今日は朝から気持ちのよい、いいお天気でした。こんな日は以前なら、一日中家にいてたくさん洗濯をして掃除をして昼寝をして、「主婦を楽しむ日」でした。

 ところが今週は見事なくらい毎晩会議がありました。今日の午前中も「市民の会」主催の「木津川市政研究会、合併5年間の財政を検証」に参加して来ました。講師は龍谷大政策学部の只友教授。途中違う話題もはさみながら、楽しく講義を受けたという感じでした。


 そんな中、わが家の男性陣は加茂の秋を楽しんできました。駅東で行なわれている「加茂あきんど祭り」と、久しぶりの当尾散策。



  来週はちょうど「木津川アート2012」も始まることですし、家族と一緒に芸術の秋を楽しみたいと思います。
 また、みなさんもちょっと足を伸ばしてぜひ木津川市においで下さい。

宣伝カー

10月26日(金)

 毎週金曜日には街頭宣伝をしようと決めていたものの、笠置の応援や臨時の会議でできずにいました。今週こそはと、宣伝カー「みやじま良造号」を借りて来ました。借りて来る時間が早過ぎて、そのまま用事を済ませるために市役所へ。
 運転している本人はさほど気にはならないのですが、途中ですれ違った市職員からあとで「恥ずかしくないですか?」と聞かれてしまいました。慣れてきたけれど、本音は少し恥ずかしいです。
 家に停めている時に長男が帰って来ると「あの車なに?」と、必ず言われます。う〜ん、微妙なお年頃なので、母としては気を使います。

 南加茂台5丁目のロータリーと加茂駅東のサンフレッシュ横で宣伝。駅東の広場では、ちょうどみんなで「加茂あきんど祭り」の準備をしている所でした。週末はきっとたくさんの人で賑わうことでしょう。

 

 

2012/10/23

芋ほり

10月22日(月)

 日にちが前後しますが、土曜日に恒例の「畑の学校、芋ほり編」がありました。お天気もよく風も爽やかな日でした。
コスモスも見頃です


 いつも苗植えの時は、三畝に約100本近い苗を植えます。例年でしたら、みんなでいも掘りをした後にお土産まで貰えるくらいの豊作になります。
 ところが今年はやっかいな生き物「イノシシ」が先に芋をほじくり返したのです。お盆過ぎにみんなで畝の大きさに合わせて、ネットを張ってのイノシシ対策。そのあとはTさんご夫妻の手入れのおかげで、無事に収穫出来ることになりました。ただし葉がネットで押さえられた事で、少し日光が遮られ芋の大きさがいつもより小さくなりました。
ていねいに芋を掘り出します

 それでも参加した人達が食べれる量の収穫があり、焼き芋の準備をします。川で遊んだり、縄跳びをしたり、シャボン玉をしたり、みんなで楽しく過ごすうちに焼き芋が出来上がります。
小さな魚もたくさん泳いでいて、みんな夢中です

 最後は楽しく焼き芋をいただきました。自分達で掘った芋を外で焼いて熱々を食べる、なんて楽しくてぜいたくな事でしょう。スタッフのみなさんご苦労様でした。
参加したお父さんたちも大活躍

2012/10/21

笠置町に若さあふれる31歳の議員誕生

10月21日(日)

 この1週間は、時間があれば笠置町議選の応援に行っていて、自分では疲れていないつもりでいても、帰って来たらそのままソファーで寝てしまう日が何日かありました。
 笠置町で6期24年間がんばってきた福本宗雄さんが、病気の後遺症もあり勇退。まだまだ議員として活躍出来る年齢でもあり、町の人達から「なんで出ないのや」と声をかけられました。たぶん、私たちの想像以上に福本さん自身が「なんでや」という思いをかかえていたのではなかったでしょうか。議員は話す事が一番の仕事。そこに支障が出るのは本当に辛い事です。
 今回、向出さんが当選して福本さんの代わりに活躍してくれる事が、何よりも福本さんにとっても励ましになる事と思います。

 福本さん議員活動24年間お疲れ様でした。これからも後輩の指導と笠置のまちづくりに頑張って下さい。
 向出さん、しっかり福本さんに教えてもらいながら自分らしさを出して、笠置のためにがんばって下さい。当選ばんざい。

2012/10/15

障がい児者スポーツ大会

10月13日(土)

 今日も良いお天気の中、木津中央体育館で障がい児者スポーツ大会が開かれました。去年より参加者が多かったように感じましたが、聞くと人数的には変わらなかったそうです。今回は親子会の方たちが都合が悪かったようで参加がなく、子ども達がいなくて大人の参加が多かったので、見た目に人数が多く感じたのかと思いました。

フラフープを使った輪くぐり

ゴールに向けて転がして入れる「玉入れ」

 今年もたくさんの方達が参加し、出来る事を無理なくゆっくりと、秋の半日スポーツを楽しんでいました。去年と違い今年は議員の参加が多かったのがちょっとびっくりしました。
 準備も含め、担当されたみなさんご苦労様でした。
 

厚生委員会研修その2

10月12日(金)

 10日は富士宮から名古屋まで戻り、名古屋駅のすぐ近くのビジネスホテルで泊まりました。あまり贅沢は言いませんが、場所柄がちょっと…。
 晩ご飯を食べた後にこんなビルに気がつきました。ちょっとびっくりだったので、写真にパチリ。
思わず目を引く派手なビル

 11日は朝から岐阜県の各務原市へ向かいます。高山本線の那加駅で一度電車を降りて、少し早めの昼食をすませました。食事中も1時間に7機の練習機が飛び、それはすごい音です。各務原市は航空自衛隊岐阜基地があり、どうやら私たちが昼食をとっていた店の真上辺りで、向きを変えて基地へと戻って行くようです。

ワンマンカーの高山本線の車内

 予定より早めに市役所まで移動することにしました。市役所に着いたのがお昼時間になってしまったのですが、空き時間を利用して「かかみがはら航空宇宙科学博物館」へ案内して下さいました。

一番最初に各務原でつくられた偵察機

人力飛行機、こちらの方が好きですね

飛行機の来賓用のイス、座り心地も良かったです。

 各務原市は市長のマニフェストの「各務原市シビルミニマム」で、「人にやさしい都市」社会保障制度の充実、子ども福祉の推進、障がい者(児)福祉の推進、高齢者福祉の推進、保険・医療の充実を重点施策に掲げています。
 その中には、放課後児童クラブの「夏休み期間中の対象者拡大」や「病児保育の実施」「障がい者アート作品展」「ケアホーム・グループホーム入所者に家賃補助(拡充)」「高齢者いきいき生活サポート事業」保険師の戸別訪問「元気アップ訪問」などなど。
 予算も数千円のものから数百万円のものまでいろいろです。市長が積極的に実施しようとするので、担当課の方でもしっかり提案をすることができるようです。

丁寧な説明を受けて、いろいろな質問が出ます

 木津川市の事も事前にしっかりと調べていて、「木津川市さんでも病後時保育をされているようですが、病児保育の方がニーズは高いですよね。どうしても病後時保育は預ける時の制約が多くなりますからね」と言われ、まさしくそのとおり。

 議場の見学でも、すっかり話し込んでいて写真を撮るのを忘れてしまいました。ここでも練習機(F15とか)が飛ぶとうるさくて、静かになるまで待つそうです。住んでいると慣れるのものなんでしょうけれど、やはり嫌な音でした。
 


厚生委員会研修その1

10月12日(金)

 10〜11日と厚生常任委員会のメンバー7人+議長+事務局の9人で研修に行って来ました。10日は静岡県富士宮市へ「認知症を支えるモデル事業」で、11日は岐阜県各務原市の「シビルミニアムの策定」です。

 朝7時半に木津駅に集合して、京都から新幹線で静岡まで行き、在来線に乗り継いで富士宮に行きました。お天気もよく雪の無い富士山を車窓から堪能しました。
新幹線の中、高味・谷川議員と

ちょうど雪がなく、夏姿の富士山

 富士宮市は人口約13万5千人。高齢者が3万人を超していて、高齢化率が22.48%です。平成19年度から、認知症見守りネットワーク構築の計画作りのため国のモデル事業として予算化し、他地域の事例調査や家族会とのワークショップなどに積極的に取り組んできました。
 認知症の正しい理解を広げる。認知症サポーターやキャラバンメイトの養成・活動支援。また「産へのアプローチ」として、地元の店を利用してもらえるよう『小売店の協力』や、『タクシー協会』や『旅館料理組合』の協力で、認知症の家族の方や本人を全国から積極的に富士宮へ観光に訪れてもらうなど、取り組みが結果を出して来ています。
 子ども達(学生)へも積極的に働きかけていて、小学生向け認知症講座や、認知症サポーターの養成も進めている事など、木津川市としても参考にすべき点がたくさんありました。

 研修の後は恒例の議場見学です。
天井が高くあかるい議場
議席側から富士山が見えます。
あたまを雲の上に出し 四方の山を見下ろして♪

議長席に座るのは恥ずかしくて「事務局長席」でパチリ

 


2012/10/07

むかいでさんの事務所開き

10月6日(土)その2
 
 昼から「国保のつどい」がいずみホールであり、4時からは笠置の福本議員の自宅で行なわれたむかいで健さんの事務所開きに参加してきました。
むかいで健予定候補、31歳
となりは浜田良之府会議員

 福本議員は6期を勤め年齢的にはまだまだ活躍できますが、2年ほど前の病気の後遺症で話す時に少し時間がかかります。ずいぶんと回復して来たけれど、議員としては歯がゆい思いがあったのでしょう。今回はご自身でバトンタッチを決意されました。

 最初の立候補の時に、「日本共産党」という政党では保守的な笠置町では大変な思いをしたこと、それは本人のみならず身内もそうであったこと、しかし町民の暮らしを守る政治を進めてきた事で党派を超えて期待と信頼を集めて来たのだと、ご親戚の激励の言葉の中にありました。
衆議院6区かみじょう亮一予定候補26歳

 今回、31歳という若いむかいで健さんが、福本さんの大切な議席と福本さんの笠置町への願い・思いを受け継ぎ、骨を埋める覚悟で決意しました。
 
むらき恵子さんも応援

 若者が魅力を感じるまちづくり、高齢者も安心して暮らせるまちづくりをめざす、むかいで健さんをどうか応援よろしくお願いします。
 

初めてのキンボール

10月6日(土)その1

 10月に入ってから、広報委員会や議員団の議会だより「こんにちは日本共産党です」の編集・印刷とあわただしくしているうちに、あっという間に前回のブログから1週間が過ぎました。
 いつも酒井議員に「しばらく書いてないみたいやね」と、声をかけられます。この間もパソコンの前に座るものの、そのまま突っ伏して寝てしまい、顔に変なカタがつく事もしばしば。違う意味でも反省していますが。
 
 午前中に高校のPTA主催のスポーツ大会に参加してきました。実は実行委員会側なのですが、日程を決める時にうっかりしていて「幼稚園や保育園の運動会」が行われる日である事を忘れていました。久しぶりに体育館を駆け回り、ハプニングに笑い転げながら、半日楽しんできました。

みんなボールに向かって、必死です

 普段スポーツをしていない保護者も簡単に楽しくできるスポーツをと考えて、途中でいろいろとハプニングはあったものの、ニュースポーツの中から「キンボール」にチャレンジしました。市の社会教育課の助言でスポーツ推進委員さん6人に協力願い、参加者24人が楽しく体を動かしました。

 本格的なルールでは、最大12人登録で途中交替あり、1試合15分間行なうそうですが、今回はゆるめのローカルルール。コートも小さめで、1チーム4人ずつしか組んでなかった事もあり、交替なしの5分間。

 最初は1試合10分間ぐらいを考えていたのですが、やり出したら結構ハードで5分間でも途中「まだ〜?足が動かないわ」との声も出るくらい。ボールをヒットする瞬間に自分以外のチームの色を指定するのですが、思わず自分のチームの色を叫んだり、グレーをグリーンと叫んだりでみんな大笑い。
 膝が痛いという人はいましたが、ケガ人もなく無事終わりました。みなさんお疲れ様でした。