2012/10/29

優しい手

10月28日(日)

 10月最後の日曜日、新聞の集金も兼ねて10月30日火曜日にアスピアやましろで行なわれる「演説会」のお誘いに回りました。朝から冷たい雨も降っていて、会えた人の方が少ないくらいでした。
 できるだけたくさんの人に聞いてもらいたいのですが、平日の夕方という事もあり、お仕事に行っている人からはいい返事はもらえません。なんだかんだと言っても、木津川市から職場へは遠距離通勤が多いようです。

 議員になっても、私自身が会える国会議員はそう多くはありません。志位委員長は、奈良市で演説会があった時に聞きに行ったけれど、今までお会いしたのは、市田書記局長、穀田恵二さん、井上哲士さん、吉井英勝さん。
 みなさん情熱を持って、国政の状況もわかりやすくお話ししてくださいますが、中でも私が一番好きなのが市田さんのお話です。聞いた後であたたかさが残るし、「よし頑張ろう」と気持ちを奮い立たせてくれます。握手してもらった手も、とても温かく優しく「包みこむような手」です。

 このところ「憲法9条を変える」「天皇を元首として…」などと、平和を願う気持ちとは逆流するような発言をする政治家が増えています。今こそ平和を守る、国民の命と生活を守る、願いを実現するための政治に変えなければいけません。

 10月30日火曜日、午後6時30分からアスピアやましろで行なわれる演説会に、ぜひみなさんおいで下さい。お待ちしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿