2012/11/20

重なるモノで

11月19日(月)

 今日は久しぶりに朝から市役所へ行って、酒井議員と団会議からスタートしました。昼からは広域事務組合議会があるので、酒井さんと一緒に昨日のように街頭宣伝はできないから、明日の朝は一人でも宣伝をしようかと頭の中で予定をたてます。

 早めに着いていろいろ担当課に聞きたい話があったのですが、こんな朝に限って洗濯機が「反抗期」。わが家の洗濯機は6年前に購入した「斜めドラム」。その時は節水効果はすごいと感心しましたが、冬場に厚物の衣類が増えると、脱水時の洗濯物の偏りがひどくなります。そうなるとうまく脱水できずに、「偏りを直して下さい」のエラー音が鳴り響きます。
 朝の忙しい時間に子どもに呼ばれるがごとく洗濯機に呼ばれ、機嫌が悪いとなかなか動き出してくれません。バスタオルやフリース系の特に水を吸って重たくなっている衣類を取り出して、偏りを直し…。結局、朝の30分ほどを洗濯機と台所の行ったり来たりで過ぎてしまいました。

 
 朝からのドタバタで嫌な感じの一日と思っていたら、夕方家に帰ると娘の様子が変。少し前もバイクを縁石にぶつけたと言っていましたが、どうやらまたやったようです。
これは去年のキズ、1年ほどは大丈夫だったのですが(汗)

 見た目にはわからないのですが、ハンドルを左右に振るとこすれる音がします。ケガがないと喜ぶべきでしょうが、実は1台目のバイクも購入して2ヶ月ほどで転んで縁石に乗り上げて廃車。昨年は雨の日に乗っていて滑って左ひじのひび。
 スピードを出さないようなので、単純に運転が下手なのか、なんなのか。いよいよ別の手段を考えないといけないのか、頭を悩ます所です。

0 件のコメント:

コメントを投稿