2012/11/29

倉林さんと大型宣伝カー

11月29日(木)

 ちょっと日にちは過ぎてしまいましたが、27日火曜日に来年の参議院選の予定候補の倉林明子さんが京都南部を駆け巡りました。3時前に精華町から木津川市内に入り木津町内を中心に、川ノ尻の交差点近くのスーパー横からスタートし、州見台・梅美台の合計3カ所で大型宣伝カーからの宣伝。

大型宣伝カー

 途中は上條亮一さんも一緒だったようですが、朝から一日走り回っている倉林さんは私より少しだけお姉さん。横で演説を聴いていて、やっぱり国政をめざす人は迫力あるなぁ。「この国を変えて行きたい。弱い人達の味方になりたい」そんな思いがびんびんと伝わって来ます。
けっこう寒かったです

 同じ日にまた新しい政党が誕生しました。日曜版の読者からも「共産党はどこかとくっつかへんの?」と聞かれましたが、選挙目当てでくっついたり離れたりはおかしな話で、たとえば選挙後の国会で「消費税増税反対法案を提出します」と、はっきりと訴えています。その時には、少数政党でも「消費税増税反対」の立場で一致できれば、協力して行く。今、選挙を乗り切るためにいろんな事を言っていても、当選した後で財界からの圧力に屈してしまうようなら、この3年間の民主党とそう変わらないですよね。

 維新の会と一緒になった太陽の党がまだ存続していて、12月10日までに政党助成金を交付申請すれば、20日に約4300万円を受け取れると朝刊に出ていてびっくり。
 企業献金や政党助成金を一切受け取らず、みなさん一人一人に支えられているから、どの場面でも「消費税増税反対、原発は直ちにゼロへ」と正面から訴えることができます。

 28日の朝は26歳の上條さんが加茂駅からスタートし、和束町や笠置町、南山城村へと宣伝カーで回って行きました。娘より少し上ですが、本当にしっかりしていて、原子力を勉強していたからこそ、福島原発の事故が起こってしまった事に対する考え、いまだに避難されている人達の願いを熱く語ってくれました。思わず演説を聴いていた人達も拍手でした。

 


0 件のコメント:

コメントを投稿