2012/12/31

原発ゼロへ

12月30日(日)

 今年もあと2日です。主婦は忙しい、主婦だけじゃなくみなさん気忙しくされているでしょうね。昨日は暖かく穏やかな天気でしたが、打って変わって今日は冷たい雨も降っています。私自身はこのところ1日おきに熱が出たり下がったりで、なかなかすっきりせずしんどさが残ります。

 そんな時にしんどさが増すニュースがありました。「日本未来の党が分裂」「原発ゼロ見直し“白紙”」の二つです。

 未来の党の分裂は最初から予想できていたことですが、「卒原発」を掲げていた党に投票した人たちをあまりにもバカにし過ぎ。選挙対策で急ごしらえの政党では、政策も何もかもが即席のために、あとからどんどんほころびが出てきたのではないでしょうか。それにしても、国民が投票した日から2週間も持たなかったとは驚きです。

 また、28日の金曜日に各地でも原発ゼロ行動が行なわれました。私も今年最後の金曜日、奈良へ行こうと考えていたものの、熱が上がってきて結局は行けずじまいで、少し悔いが残ります。安倍首相が福島へ行ったようですが、避難しているみなさんに頭を下げたわけでもなく、平気で原発の再稼働・新増設のことを口にしています。
 2006年に吉井英勝衆院議員が、地震による津波の引き潮で原発の電源喪失の危険性を指摘しました。そして、それに対してあくまでも
・原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。
今後とも原子力の安全確保に万全を期してまいりたい。
の答弁に終始したのが安倍首相です。
 http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b165256.... 

 自民党はまるで福島の事故が自分達とは一切関わりなく、原因が民主党にあるのだとでも思っているのでしょうか。そして、公明党も選挙で「子どもの、生命と健康と未来を守るために。公明党は原発0の日本をつくる」と大きく掲げたマニュフェストはどうするおつもりでしょうか。

 即時原発ゼロへ。この願いは来年も続きます。


0 件のコメント:

コメントを投稿