2013/01/23

双葉町長の願い

1月23日(水)

 福島原発事故の最大の被害地の一つ、双葉町議会が町長の不信任決議を12月20日に可決しました。(提案理由を述べたのが前町長の息子である岩本議員:堀切さとみ・映画『原発の町を追われて〜避難民・双葉町の記録』制作者 傍聴記録より)それを受けて議会を解散しましたが、今日、井戸川町長が辞職表明しました。

 井戸川町長はこの間ずっと、国や東電にもの申す態度を取り続け、子どもたちの健康を一番に願い、未来を残すために何ができるかを問い続けた人です。みんなが言いづらい中でもはっきりと、納得できない事や、住民に説明できない事はやれないと発言していました。住民の命とくらし営業を守るのが自治体の役目であり、長の仕事です。

 双葉町HP、町長メッセージ「双葉町は永遠に」http://www.town.futaba.fukushima.jp/message/20130123.html/をぜひ読んで下さい。

 今なお日本は危険な状態なのです。原発事故は収束していませんし、相変わらず国や東電は真実を語らないままなのだと実感します。

0 件のコメント:

コメントを投稿