2013/03/26

終わった、疲れた

3月26日(火)

 2月26日から始まっていた定例会(3月議会)が、今日閉会しました。25年度の予算があるので、いつも以上に長く感じてやっと終わったという感じです。今回は特に、開会前のインフルエンザと一般質問直前のノロのおかげで、体調不良と準備不足。どんな仕事も体(健康)が基本だとあらためて思いました。

 最終日の今日は、議案49件と請願1件、議員発議2件の採決がありました。市長提案の議案5件に対して反対をしました。そのうち3件の反対討論をしました。
 この「反対討論」の準備が大変です。なぜ反対なのか、どんな問題点があるのか、どんな解決策があるか、現場はどうなのか、市民はどう考えているのかなどなど。聞いて調べてまた聞いて。しんどいけれど、知らなかった事を知る事で自分の幅も広がる気がします。

 とりあえず、終わった、疲れた、おやすみなさい。


2013/03/24

原発と憲法9条

3月23日(土) その2

 午後2時から八幡市文化センターの小ホールで京都大学の小出助教の講演を聴きに行ってきました。開場には300人ほどが入っていたそうで、八幡市内からだけでなく兵庫県や滋賀県、南相馬市から来られた方もいたそうです。

 小出先生の話の中でとてもわかりやすく、そして身近なものと比較してどんなに怖い事かを考えさせられる話を書きます。


 政府が発表している日本地図(汚染マップ)、みなさんもたぶん目にされた事がありますよね。線量が高く住めなくなった場所、そして汚染の広がり具合。何度目にしても、地図上の小さな点(福島第一原発)から広がった汚染の範囲は信じられないほどの広さです。その中で「住んでいてもいいよ」と政府が言っている地域にも、『放射線管理区域』と同レベルの場所が含まれています。
 私たちがレントゲンを撮る時に入る部屋を思い出していただいたらわかりやすいと思います。小出先生はその中で仕事をします。そこから出る時には、決められた基準以上に汚れたものはその中で捨ててこなければ出て来れない。厳しく管理がされています。もともと放射線管理区域から1㎡あたり4万ベクレルを超えて放射能で汚れたものを区域外に持ち出してはならないという法律があったからです。
 また日本では、一般人は1年間に1㍉シーベルト以上の被曝をしてはいけないし、させてはいけないという法律もありました。それが福島第一原発事故の後にあっさりと基準が変えられてしまいました。広大な範囲で汚染されてしまった事。真の収束には至っていない事。原子力は平和利用であるかのような間違った宣伝に騙されない事が大切だとあらためて思いました。
開場で衆院の候補だった上條さんに会いました

卒園式

3月23日(土) その1

 今日は市立保育園で卒園式が行われました。南加茂台保育園では38人が6つの小学校へと巣立って行きます。『6つの小学校』というのは、南加茂台に住んでいる子どもたちが減ってきて、南加茂台以外から通う子どもたちが増えているという事です。
 そしてそれは、子どもたちが自分たちの住んでいる地域の近くの保育園や希望する保育園には行く事ができていないという事。待機児童がやはりいる、潜在化しているという事を表しています。
園長先生からの「贈る言葉」

 自分の子どもの卒業式はだんだん面白くなくなってきたので、保育園や小学校の卒業式に行くのはとても楽しみです。これはこの仕事をさせてもらっていて、良かったなと思う事の一つです。子どもたちは何歳頃から自分の気持ちを素直に表現しなくなるのでしょうか。小さな頃はストレートに「お母さん大好き」と言ってくれていたのが、最近その言葉は何かを買ってほしい時の前段の言葉になっています。こちらもつい身構えてします言葉。
 そんなわけで他人の子でも小さな子たちが「お母さんありがとう」と言っているのを聞くと、ついつい涙腺がゆるみます。

 今年もとても素敵な卒園式でした。

2013/03/23

パフォーマンス?

3月22日(金)

 今日は予算委員会の最終日。一人一人の質疑の時間が長かったせいかどうかはわかりませんが、最後に討論と採決があり、結局終わったのは夜の9時でした。

 25年度予算案に対し、小・中学生の修学旅行補助金と小学生の校外学習の補助金がそれぞれ2/3に減額される原案を、元通りの補助金の額に戻すようにという修正案が呉羽委員より出されました。
 12月議会にも『木津川市いきいき子育てネットワーク』から7652人の署名を添えて、「修学旅行の補助金をなくさないで下さい」という請願が出されていました。その時にその請願に賛成した議員が10人、反対した議員が11人、欠席が2人いて、結果としては不採択でした。しかし、今回の修正案には12月議会の時に欠席した議員も賛成の意思を示していました。

 今日の審議の中で公明党議員は「25年度が補助金1/3カット。26年度に補助金が0になるのは反対だ。カットがあったとしても、0にしないように。0になるのは納得いかない」と言っていました。それに対し市の説明はあくまでも「25年度が補助金1/3カット。26年度に補助金が0というのはセットとするもので、26年度には全額廃止」でした。「0になるのは反対」と言い切っていましたので、どうするのかと思っていましたが採決ではあっさり原案に賛成をしました。
 そして採決では、12月議会で請願に賛成しながらも今日は反対に回った議員が一人いて、「修正案」は賛成少数で否決になりました。9時まで傍聴していた市民から、ため息が聞こえました。続いて原案の採決で反対したのは、共産党のの二人だけ。あとの議員は全て賛成。思わず市民から「え〜っ」という声があがりました。



 

2013/03/20

もらったもの

3月20日(水)

 月曜日の予算特別委員会が終わったのが6時42分。午後から降り出した雨がちょうどきつい時間帯だったので、足下がずぶ濡れになりながらの帰宅となりました。
 19日は市内の小学校の卒業式があったので、委員会は21日から再開です。花粉のきついこの時期は、部屋の中で過ごす分には大丈夫なのですが、外を歩くと鼻は出てくるわ。目がかゆくてたまらないわで、大変です。卒業式の間はどうにか大丈夫でしたが、今日はギブアップ。
 少し前に新聞で「日本人の国民病になりつつある花粉症」という記事を読みました。わが家も程度の差や時期に違いがあるものの、全員が花粉症です。しばらく辛い時期を過ごすことになります。

 昨日は朝から友人のおめでとうメールが届きました。家族には知らんぷりされたので、(年齢は別にして)うれしいものです。

酒井さんから

夫から、よく意味がわからない。この時期におしるこ?

息子から、10%引きのパン。なおかつ、食べ残し…

 嬉しいような嬉しくないような、忙しい最中のバースディでした。


2013/03/16

発言を許しません

3月16日(土)

 昨日の4番目、オオトリで一般質問を終えました。先月のインフルエンザ、今回のノロと続いたせいもあるけれど、いつもより準備不足の感が否めない一般質問でしたが…。
 いつもは3問用意していたのを今回は2問にしぼってきっちりと進めるはずが、気がつくと議長の「これ以上の発言を許しません」の宣言。またしても、タイムオーバー。毎回思うのですが、自分の持ち時間が35分間というのはやっぱり短い。体調不良を言い訳にしたとしても、今回も反省する事が多い。体調以上に落ち込みそうです。

 でも、とりあえずの一区切りという事で、夫は会社の人と晩ご飯を食べて帰る予定でしたし、娘はバイトも休みだし、晩ご飯は子どもたちと久しぶりの外食に行ってきました。息子に聞くと「少しお高い方(と言っても、くるくる回っている店です)のお寿司」と言うのですが、生ものを食べるのはまだ不安が残ります。娘に聞くと「お寿司以外で洋食がいい」との事。悩んだあげくイトーヨーカドーの中のイタめし屋さんへ行くとこにしました。
 ものすごく久しぶりで、娘が「大丈夫かな、つぶれていないかな」と心配していましたが、予約のお客さんで結構こんでいて、カウンター席での食事になりました。金曜日は店内で生演奏がされるそうで、昨日はすぐ横でサックス演奏を聴きながらの食事になりました。


 3人とも一番お手頃なコースメニューを頼んだのですが、息子には少し量が足りなかったかも。音楽を聴き、運ばれてくる食事を楽しみデザートを食べて、家に帰りました。

 来週からの予算委員会、最終日と議会は続きます。今日からまたまた頑張ります。

2013/03/15

旅立ち

3月14日(木)

 今日は泉川中学校の卒業式に行ってきました。息子の一つ下の学年の卒業なので、保護者も生徒も知った顔がいっぱい。でも、子どもたちはずいぶん成長して、名前を聞きながら「大きくなったな。面影があるある。お母さんに似てきたわ。上の子と違うタイプの顔つきになってる。」などなど、いろんな事を思いながら、来賓席から見ていました。

 夕方になり仲良くさせてもらっていたママ友が「この前みんなで集まった時に、子どもがプレゼントもらったみたいで、本人は来れないんだけど週末に引越すから。」と、クッキーを持ってきてくれました。ご主人の仕事の通勤が大変で、いく度となく引っ越しの話は出ていたものの、下の子の卒業を待って今春高槻市に引越す事にしたのだそうです。
息子がもらったクッキー、私にはおこぼれなし

 私と同じように細くて、でも笑った顔が上品ではかなげで、後ろから見たら同じような細さなのに違うなぁ、と少しうらやましかったママ友。「西山さんと知り合えて、一緒にPTA役員ができてよかった。これからも子どもたちのために頑張ってね。応援するからね」と嬉しい一言。
 春、子どもたちの旅立ちと一緒にもう一つの別れがありました。

 15日は一般質問。「頑張ってるよ」と、胸を張って言えるようにしっかり質問します。


2013/03/14

今日から復帰

3月13日(水)

 週末からのノロを甘く見ていました。月曜日の「補正予算特別委員会」は酒井議員にお任せして、月曜だけ休めば何とかなると思いきや、夕方には熱が38.6℃まで上がりまたまたダウン。結局、土曜から3日間はほぼなにも食べれない状態に。そうなると体は正直なもので、立ち上がるのも大変。
 議員になって初めて、12日の定例会(一般質問初日)を休みました。午前中はインターネット中継で一般質問を様子を見ていましたが、さすがに昼からは疲れが出てきて、それもお休みです。トイレに行く回数は減ったものの、相変わらずの症状に「明日は議場に行けるのかな」と不安になりました。
 それでも火曜日は少ないながらも3食を食べる事ができて、やっと今日は市役所へ。会う人からは「大丈夫?」と声をかけていただきました。中には、「ピーゴロゴロやったん?」と、心配しているのかバカにしているのか。

 明日は市内の中学校の卒業式です。今日と違って明日は寒くなりそう。子どもたちの旅立ちの時に同席させてもらってきます。
 そしていよいよ明後日15日は私の一般質問の日です。とりあえずはインフルエンザもノロも終わっていてよかった。いつもより声に力が入らないかもしれませんけど、頑張ります。

2013/03/11

バイバイ原発3.9きょうと in 円山

3月10日(日)
 
 金曜日の夕方から体調不良で、やっと少しだけパソコンの前に座れる状態になりました。先月はインフルエンザにかかり、先週は花粉症が始まり出して調子が悪いと思っていたら、今回はノロ。2ヶ月連続で医者に行くなんて、いったい何年振りでしょうか。
 そんな事で、週末の予定が全部おじゃん。そんな中でメールに送られてきた「バイバイ原発3.9きょうと」円山音楽堂の写真を紹介します。

写真を送ってきてくれた大植さん、その行動力にはいつも脱帽

 何事も健康第一。今回はしっかり養生します。

2013/03/07

委員会の中でも、もの言わぬ議員って

3月6日(水)

 月曜日から始まった常任委員会(総務文教・厚生・産業建設)が終わりました。委員会では付託された議案や報告事項、請願の審査がされます。会派からは、酒井議員が産業建設、私が厚生委員会に属しています。
 議案を詳しく審査するために、委員会では提出者から説明があり、いろいろな角度から調べ、『委員会として賛成か反対かの態度』を決めます。もちろん議員も問題点や疑問を質しながら、議案にたいしての態度を決めています。
 委員会が始まるまでに会派で話し合いを重ね、委員会に臨みます。所属していない委員会にも傍聴に行き、自分とは違う視点での質疑が出た場合は参考にします。

 そんな3日間の委員会の中で、最初から最後まで一言も発しない議員が4人。私と違って全て理解しているのか、市長提案に口出ししないと決めているのか、それとも早く家に帰りたいのか…。私は毎回議会が始まると、一日30時間ぐらい欲しいと感じます。
 「いつ、どこで、何が決められているのか、よくわからない。議会って何?」以前、市民から投げかけられた厳しい言葉。もの言わぬ議員は、私と違って、そんな事を言われたり考えたりする事さえない幸せ者なのかも。
 それとも市民から本音を言ってもらえる私の方が幸せ者?いろんな事を考えながら、準備をしています。
 
 

2013/03/02

代表質問が終わり

3月1日(金)

 昨日と今日で会派代表質問が終わりました。5会派から7人14問です。聞きながら、いろいろと考える事が増えます。会派の方向性がわかる質問、参考になる内容。反対に、わざと市長に主張する場を与えているのでは?一般質問?と思うものなど、様々です。

 山城町の方から「市長と議員の関係って、どうなんですか?」と尋ねられました。その方からすれば、市民から出された請願内容で、どう考えても反対する意味がないのに反対の議員がいる事に対して不信感を持たれたようです。
 また、「議員って本業ですか?副業ですか?」とも。「市民が納めた税金から給料をもらっているのに、議会を休むなんて理解できない」率直な疑問、耳が痛いです。

 今日は府立高校の卒業式でした。PTA役員をしていますので、校長名で「招待状」をいただきましたが、議会優先でもちろん欠席を伝えてあります。卒業式のあと、来年度の本部役員を決める準備のための会議もありましたが、同じ学年の役員にお願いしておきました。再来年の息子の卒業式当日も欠席かなと、いろいろ考えながら。