2013/05/25

倉林さん

5月24日(金)

 日にちは前後しますが、21日の2時〜木津の中央交流会館の研修室で「倉林明子さんを囲むつどい」が行なわれました。参加は40名弱でしたが、みんな倉林さんにエールを送るはずが、その人柄と明るさに触れ反対に元気をたくさんもらいました。


 「私から一言メッセージ、何でも聞いてみよう、プレゼント」などなどの企画で盛り上がりました。その中で私は「2歳しか違わないのに、倉林さんの行動力にいつもすごいなと感心します。その前向きな姿勢と、まわりの人を明るくさせる原動力はなんですか?」とお聞きしました。

 倉林さんの幼い頃、家は決して裕福ではなく、兄弟と妹が生まれながらの弱視という環境で、15歳の時にお母さんから「これ以上お金をかけられない(学資は用意できない)」と言われたそうです。高校に入学した時から親を頼らずに下宿をし、アルバイトの掛け持ちで学費と生活費を全て自分でまかなったそうです。
 そこからしてすごい行動力。そんな忙しい中でも勉強や部活も頑張りぬいた人。そんな苦労を少しも見せず「弱い者いじめはならぬ」の精神で、まわりの人たちを明るく元気にしてくれる笑顔。
 倉林さんにはぜひとも国会で活躍して欲しいものです。
似顔絵の下には、みんなの願いとメッセージ

 

0 件のコメント:

コメントを投稿