2013/06/30

参議院選に向けて

6月29日(土)

 27日に第2回定例会(6月議会)が終わりました。今回も思う所がいろいろ。反省もたくさん。人間一人一人は24時間与えられているはずなのに、どうもそう思えないのは能力の差なのかと少し落ち込みます。

 今議会の意見書・請願について報告します。

☆TPP交渉参加に関する意見書
 詳細が不明確であり国民合意を得るための努力不足。十分な情報開示をし、国民合意の形成を行なうよう強く要望する。(概略)
 去る3月議会では「政府のTPP交渉参加表明の撤回を求める意見書」が賛成少数で不採択となりました。
 しかし、その後も国民に開示される情報が少なく、本当にこのまま進めていっていいのかと大多数の国民が疑問を持つ中で、今回の意見書の採択につながったと思います。

☆憲法96条改正に反対する意見書
 国の最高法規である憲法の改定をより容易な発議要件に変えることは、憲法の平和主義・主権在民・基本的人権の尊重を危うくする。発議要件を二分の一に下げる事は、改憲を主張する人物も含め、全国から帰るべきではないと意見が上がっている。
 憲法96条の改正については慎重を期すことを強く要望する。(概略)
 改憲論者からも96条を変えることは「禁じ手」であると異論が出ています。酒井議員が提出者となり、党派を超えて賛成多数で採択されました。

★新規制基準に基づく大飯原子力発電所3号機、4号機の再審査の実施を求める意見書
 現在稼働中の大飯原発が9月まで稼働が認められる予定だが、新しい規制基準の施行後、直ちに再審査を実施し当否を判断する事を求める。(概略)
 党議員団は「新規制基準」は再稼働ありきで新しく作られた基準である事、それによって新たな安全神話を作り出す事、「万が一の事故対策が十分に講じられている」と言いながら、対策の『計画』があるだけで進められる事などから、反対しました。(賛成多数で採択)


 市民から出された「校外行事補助金の存続を求める」請願が、賛成少数で不採択となりました。なぜ、短期間で4322人の署名が集まったのか。どんな思いで子育てしているのかを考えて欲しいと強く思います。

 みなさんの願いを少しでも実現するためにがんばる国会議員を送り出したい。京都選挙区の倉林明子さんのモットーは「誠実」。弱いものいじめはあかん。ならぬものはならぬの強い思いで毎日頑張っています。
 
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿