2013/07/15

雨のち晴れ、志位委員長

7月14日(日)

 行ってきました、京都駅。京都府最南端の木津川市からは遠い。ちょっと早めに出ましたので、現地には2時20分頃に到着。JR京都駅の改札を抜けて進んで行くと、大きな声が聞こえて来ます。違う党の街宣でしたが、ちょっと…。「中国や隣国は敵国」「9条は敵」まるで・・・のような発言。びっくりしました。ビラとあわせて紙製のうちわを配っていましたが、断る人がほとんど。

    
空には雨雲が

 そのうちにどんどん雲が広がってきて、ポツポツと降って来たと思ったら雷の音が聞こえました。2時40分過ぎには先ほどの宣伝カーも移動し、日本共産党の大型カーが到着し「3時から志位委員長が街頭演説をします」と案内を始めましたが、その頃には本格的な雨。昨日のプラスター宣伝でも大変な雨でしたし、「雨女か雨男でもいるのかな。えらい雨になって来たわ」と少し憂鬱な気持ちになってしまいました。
    
車が到着した頃が一番激しい雨

 それが3時を過ぎると少しずつ小降りになって来て、どんどん人も集まって来ます。最初の応援弁士は雨の中でのお話でしたが、候補者が話す頃にはピタッと雨が止んでいました。一雨降った事で涼しさも増し、つい「雨で清められた感じ」と思わずにはいられませんでした。

 「ねじれ国会と言うけれど、ねじれているのは自民党と国民の願いです」
 「自民党に対して、真に対決ができるのは日本共産党、他の政党はいよいよ補完勢力である事がはっきりしてきた」
     
          

志位さんの横には手話通訳者

 「京都から政治をかえる」倉林明子さんと、日本共産党にご支援を。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿