2013/07/20

いつも笑顔で「ならぬものはならぬ」

7月19日(金)

 このところ、朝早く起きて「こんにちは共産党です(議会だより)」や案内ビラを配ったりで、早起きが苦手な私は夜になると起きていられなくてパソコンの前で突っ伏して寝ている事がしばしば。
 気付けばブログもそのまま。顔を見れば「忙しいんちゃう?やせた?」と聞かれる始末。忙しいのは忙しいけれど、今回の参院選の忙しさは手応えを感じる忙しさです。

 私より何倍も忙しいのに、相変わらず倉林さんは元気で「政治家女子」の本領発揮で頑張っています。今本当に必要な人、そのことを改めて感じています。
 自民党が圧勝と報道され、調子を良くした安倍総理がずっとだんまりを決め込んでいたのに「憲法9条を変える」と発言する。石破自民幹事長が「戦争に行かない人は・・・(極刑もあり得る)」という考えだという事。そんな自民党の中でも天皇を元首とした大日本帝国憲法こそが正しいと言う、京都選挙区の候補者。
 そして街頭演説では「自民党と対決している」と言う割に、陰に回って自民党に票をねだり、公明党から票をもらってと頼み、「今回落選したら、もうアトがない」と訴える民主党候補者。

 正面切って自民党と対決できるのは、やはり「ならぬものはならぬ」と弱いものいじめを許さない倉林明子さんだけです。京都選挙区では、八重の桜ならぬ「あっこのひまわり」を咲かせたいと思います。

日に焼けた倉林さん

 

0 件のコメント:

コメントを投稿