2013/07/20

姫路城

7月20日(土)

 息子の学校のPTAで、姫路城に社会見学に行ってきました。中学校の大会(地区予選)や夏休み初日と重なったせいか、例年よりも参加者が少なかったのは残念でした。
 姫路城は今「平成の大修理」が行なわれていて、最上層の大屋根の瓦の修理を間近に見学できます。そのための見学施設「天空の白鷺」が来年まで期間限定で設置されているからです。

姫路城へ行くのは何年振りでしょうか。最初に訪れたのは、中学校の修学旅行の時です。2回目はたぶん結婚してまだ子どもができていない頃。夫は「一緒に行った?」と、言いますが。(そしたら、誰と行ったって言うのよ)
 木津駅からバスで行ったのですが、途中の渋滞で到着時間が約1時間遅れ、最後まで遅れ遅れになってしまいました。散策の時間が少なかったのもちょっと残念でした。


 
世界遺産として登録されたのも、それこそ戦争での消失がなかったから。平和の尊さと憲法9条の大切さを感じながら、見学しました。何人か話す中で「怖い発言をする候補者が多くて、不安が増す。ぜひストップをかけて」と、言われます。
 明日の投票日。憲法を守れ。生活を守れ。子どもたちには、確かな未来を残すために、日本共産党はがんばります。あらためてのご支援をよろしくお願いします。


0 件のコメント:

コメントを投稿