2013/08/28

小泉元首相の「原発ゼロ」

8月28日(水)

 この週末をはさんで、日本共産党山城地区委員会の呼びかけで福島へのボランティアに6人が行ってきました。残念ながら私は参加できず。毎回ボランティアの呼びかけの日程と合わずに、「また行きたい。ボランティアに参加したい」という気持ちは強くなります。
 娘と一緒に福島を訪れたのは、2011年11月。寒さが厳しくなる前に被災者の皆さんに「毛布を届ける」ためでした。その頃はまだ日本全体でボランティアに取り組んだり、募金がたくさん集まったりで、どこに住んでいても「自分に何ができるか。被災者の方たちは大丈夫だろうか」と、みんなが考えていた頃だったと思います。
 9月で震災・原発事故から2年半になります。その間に政府の「収束宣言」や政権交替があり、大飯原発の再稼働、安倍総理の原発輸出のトップセールス、事故の時の現場責任者だった吉田所長の死去、放射性物質(汚染水)の海への垂れ流し、などなど。
 原発事故で家を故郷を思い出を取り上げられ、家族がバラバラにされた人たちはどう思っているんでしょうか。宮嶋前議員や谷口地区委員長の話では、「線量の低い所は、建物が解体されて更地が増えて来ている」「どの人も『原発さえなかったら』と、悔しい思いを語られる」とのこと。

 毎日新聞の“風知草”というコラムが結構好きで必ず目を通します。たまに自分とは意見が合わない時もありますが、今週号は「ほんとだよね」と言う思いが特に強かったので、ご紹介します。
 小泉元首相の言葉の中で「今原発ゼロという方針を打ち出さないと将来ゼロにするのは難しい」と言うところ。

 市議会の中でも市民から出された請願に対して「今すぐ実行できないから賛成できない。自分の任期中に実現できないことは責任が持てない」と、反対理由をさも正当かのようによく言う議員があります。
 方向と計画を持たなければ何事も進みません。「自分の任期中に・・・」とまで言うのなら、市民の願いを実現するために「実現できるまで頑張るのでどうか私に投票して下さい」くらいの気持ちで取り組めばいい。

 今原発からの撤退は、国民の多くの願いです。時間がかかるのはみんながわかっていることです。「今すぐ原発ゼロ」を決めても時間がかかるのです。少しでもその必要な時間の短縮と子どもたちや次の世代に、人類の生命を脅かす『核』を渡さなくて済むように私たちが考えなければいけない。小泉元首相も良い事言っているんだと思ったコラムでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿