2013/10/28

畑の学校

10月27日(日)

 このところ週末になると天気が崩れていましたが、今週は久しぶりに良いお天気で絶好の行楽日和でした。今日は先週の雨で延期になっていた「畑の学校(焼き芋編)」が予定通り行なわれました。私は残念ながら11時に予定が入っていたので、ちょうど子どもたちが芋を引っ張り出している頃に学校をあとにしました。

秋晴れのいいお天気です

 いつもでしたら、焼き芋を焼いている間に川遊びをするのですが、このところの雨で川底の砂地が変わってしまっていたことや水の流れが速くなっていたので、川遊びは中止になりました。今回は特に「クリーンアップ作戦」で、川の中のゴミをみんなで拾おうって決めていたので少し残念でした。

 去年は途中でイノシシに畑のサツマイモを食べられたので、今年はイノシシに荒らされないようにメッシュの柵で囲み上から網をかけて防御しました。
力作の手作り防護ネットで囲んだ芋畑

 防護ネットのおかげで被害はなかったのですが、今年の天候のせいなのかお芋は少し小振りでした。収穫したサツマイモは洗って新聞紙とアルミホイルでくるんで、さっそく焼き始めます。
みんながいも掘りをしている間に
お父さん達は火の準備をします

お芋はどこどこ?

 今日もみんなケガなく楽しんでくれてたようです。ただ、スタッフ不足やいろいろな事情から来年は畑の学校は廃校(やめる)になりそうです。そのうちに復活する日も来るかもしれません。







2013/10/26

初めての人間ドック

10月26日(土)

 今日は朝から人間ドックの初体験に行ってきました。実は議員になってから定期検診を受けれずにいました。理由は申し込み忘れがほとんどだったんですが、党で実施している検診も私の理解不足で申し込んだこともなく過ぎていました。
 今回も申し込みが遅かったこともあって、近くの病院はいっぱいで田辺中央病院に行ってきました。電話で日時の予約を取る時に「お昼ご飯ですが、和食と洋食、メインは肉と魚とどちらが良いですか?」「“和食の肉”でお願いします」と、答えたものの頭の中は「?」だらけ。そして今日出て来た料理がこの写真です。
他に五穀米とお吸い物が付きます

 朝ご飯を抜いているので、急にたくさん食べると胃がびっくりするでしょうしこれくらいの量でちょうどいいかも。スタートを朝早い時間に予約してあったことやオプションを付けなかったこともあり、思ったより早く終わったので、午後1時半から始まった山城町での議会報告会に間に合いました。

 病院の一般外来と分けてあるのですべてがそうかはわかりませんが、看護士さんや受付の対応はしっかりできています。実は採血の時に少し時間がかかってしまい貧血をおこして気分が悪くなり、ベッドでしばらく横になっていましたが、その時の対応や言葉遣いも丁寧でした。「対応や言葉遣い」このことは山城病院も見習うべきでは、と思いました。
 

2013/10/22

木津中学校

10月22日(火)

 21日の月曜日に加茂地域の市会議員有志で、山城木津郵便局へ地域の人たちから要望の高かった「加茂郵便局の集配業務再開の申し入れ」に行ってきました。加茂地域の議員は9人いますが、片岡・河口・酒井・炭本・曽我・西山・深山(50音順)の7人の連名です。(詳しいことは団ブログの10月27日号でお伝えします)

 郵便局の帰りに久しぶりに木津中学校の建設現場を覗いて来ました。前回見に行った時はまだ基礎工事の最中でしたが、かなり出来上がっています。立派な体育館もほぼ全容が見えてきました。今いる3年生の卒業式は新しい体育館で行なわれる予定だそうです。
建設途中の体育館

 城山台小学校(仮称)もそうでしたが、殺風景になりがちな建築現場の注意看板などの人物が、働いている人の顔に似せて作ってありました。南側の道を通学路にしている小学生が通るからと、ちょうど正面には楽しい絵が掲げられていました。


整理整頓、安全帯使用などの注意事項が書かれています

 ちょうどよく似た人がいて話を聞くと、注意看板を描いたご本人で、ご自身と上司が「モデル」だそうです。ただ、期待したほど「小学生は気付いてくれなかった」との事。でも話を聞いてなんだかほんわかした気持ちになりました。お近くを通られる時は、進捗状況を確認しながら、工事現場をちょっと見上げてみて下さいね。近くによく似た人が作業服で仕事をしていたら、作者さんです。



2013/10/17

ツバメ

10月17日(木)

 今回の台風26号も大変な被害をもたらしたようです。木津川市でも先月の台風18号の時に、人的被害はなかったもののかなりの地域で民家や田畑の浸水や土砂崩れがありました。
 伊豆大島では「避難勧告」を出さなかった理由の一つに、台風の接近が夜中であったことを言われています。これは木津川市でも情報の行き違いがあった理由と重なります。周囲の状況が判断できない時間帯の避難については、本当に難しいところですが、人命再優先が原則であると思います。被害に遭われた方たちには心よりお見舞い申し上げます。

 そんな昨日とうってかわって今日は朝からきれいな青空が広がっています。その代わりではないですが、急に冷え込んで来ました。今朝は薄着だったわけではないのですが、登校する子どもたちから「寒くないですか?」と声をかけられました。思わず「寒いね〜」と。帰って来てから家の中ではさっそくフリースを引っ張り出して着ています。
電線に並ぶたくさんのツバメ

 家の駐車場に置いてある車の天井に白い斑点が。何だろうとよく見ると「フン」、上を見上げるとたくさんのツバメが電線に並んでいます。昔と違ってツバメがずいぶんと減ったと言われますが、これだけ揃っているとフンが落ちて来てもしかたないな、と妙に納得してしまいます。わが家のツバメの巣はそのままにしてあります。巣立って行ったツバメが来年も戻って来れるように。
 
からっぽのツバメの巣
 青空を楽しみながら、9月議会報告を配りに行って来ます。

2013/10/15

他を思いやる心

10月15日(火)

 3連休が終わり、今日からまた学校へと元気に登校する子どもたちを朝見送って来ました。ちょっと元気のない子も。休み明けはいつも以上にパワーが要ります。私はあまりハッピーとは思えないのですけれど、誰が「ハッピーマンデー」と名付けたのでしょうね。

 昨日から無言電話が続いていて、普段はあまりかけ直さないのですが電話を入れてみました。内容は「こんにちは日本共産党です(9月議会報告)」の私の一般質問の「学校にエアコン設置を」を読んで腹立たしく思い電話を入れたとのことでした。
・給食費がただなのを始め、学校にお金を払わないで済んでいる。
・子どもの医療費がただ。
・近所の子どもはまるでお姫様王子様のように着飾っている。
・日本は四季があって一番住みやすい国。もっと暑い国があるが、みんな我慢している。
・校長室や職員室にクーラーがあるのはおかしい。
・学校で熱中症で倒れても、医療費がただなのだから医者へ行けば良い。
・クーラーが欲しければ、お金を払って私学の学校へ通わせれば良い。
・近くの「ふれあい広場」の川の草を刈ってもらって、自然で親しませる方がよほど良い。暑ければ川に来れば良いし、学校のプールにも入れるのだから。
などなど。

 いつもは結構黙って聞いているようにするのですが、さすがに認識が間違っているところもあり、反論してしまいました。
 「給食費は保護者負担ですし、すべてがただではないですよ。昔と違って、今は平均気温も高くなっているし、窓を開けても33℃34℃の教室に子どもたちは朝からずっといるんですよ。お宅ではエアコンを利用されていないんですか?」
 「子どもの部屋も含めて全部の部屋で使っていますよ。私は昭和22年生まれだけど、私が勤めていた所はクーラーがなくて、水を入れたバケツに足を入れて仕事をしていた。ずっとクーラーをつけて欲しいと言ってやっとついた。子どもらもバケツに足を入れていたら良い。頭から水をかぶれば良い。今の子どもたちはなんでもかんでも甘やかされ過ぎ。」

 先週は10月に入ってからの「真夏日」という状況もありました。局地的なゲリラ豪雨も頻発し、台風も昔と違って「大型で強い」のが普通になっています。日本の四季も無くなりつつあるのでは思うくらいです。
 子どもたちが熱中症になれば良いなんて言葉は、他を思いやる心があれば出ないと思うのですが、なんだか悲しい電話でした。

 
例年になく遅い秋の訪れ

2013/10/13

京都

10月12日(土)

 世の中は今日から3連休。わが家はと言えば相変わらずみんな好き勝手な行動をとっています。長女は「今日は晩ご飯要らないから」と、バイトの合間に食べるのかと思っていたら、バイトは休みで夕方には出かけたらしい。「晩ご飯は要らない」よりも、誰と出かけるのかが親としては知りたいところなのに。
 長男は朝からだらだらしているので、「今日は部活無いの?ここんとこさぼってるんちゃう?」と聞くと、「テスト前やから部活無いで」「何のテスト?」「中間」と言います。そりゃ母として中間テストがあるの忘れているのも悪いけど、まるっきり勉強する姿を見ていないとテスト前なんて思えないじゃない。

 かくいう私も今日は私用で京都まで出ていましたが、「さすがに京都は観光客が多いな」と人の多さに少しうんざりしてしまいます。
 京都駅で添乗員らしき人の話を真剣に聞いている中国人観光客の集団。近隣諸国からの観光客を大事にしないといけないよね、と思いながら、私の滞在時間は約1時間半。そして用事を済ませるとどこにも寄らず、そそくさと帰宅。う〜ん、なんだか寂しい。

 

2013/10/05

南加茂台保育園

10月5日(土)その2

 うちの子どもたちもお世話になった南加茂台保育園は、雨の場合はホールで運動会を行なうことになっていたので、見に行って来ました。早くに雨が上がったこともありホールではなく、プログラムを少し変更はしましたが予定通り外で行なわれました。
 歳をとると涙もろくなるのか、入場行進や最初の体操の時に子どもたちの様子を見ているとついうるうるしてしまいます。今はとっても生意気で「早く就職でも結婚でもして家から出て行ってくれ」と思う長女も、保育園に行き始めた頃はめそめそしていてずいぶん先生方にお世話になりました。


3歳児のほし組さん


4歳児のいちご・さくらんぼ組さん


 4月に入園して、最初は泣いてばかりいる子も徐々になれてきて、10月にもなればこんな風にみんなと一緒に演技やかけっこができるようになります。赤ちゃん組の子たちも親の顔を見ても泣く子もおらず、みんな楽しそうでした。目の前の子どもたちとわが子の幼い頃がだぶって見えます。
 小さい頃は早く大きくなって欲しいと願い、大きくなれば幼い頃のほうが素直で良かったと思う。親も子どももいくつになってもわがままなのかもしれませんね。

 

今日は雨で順延?

10月5日(土)

 今日は久しぶりに早朝のお掃除のボランティアに出かけようと思って、私にしたら結構早い時間に起きました。それが玄関を出たみたら雨。いつもなら先に外の様子を見るのですが、あまりに静かな雨で気付きませんでした。

 今日は市立幼稚園と保育園、それに民間の保育園の多くが運動会です。このところ穏やかな天気が続いていましたが、今日に限って朝から雨。運動会を順延にする所がほとんどでしょう。働いている方達はお休みのやりくりを改めてしないといけませんし、先生方も大変です。せめて午前中だけでも晴れていたらと思いますが、こればかりは自然のなすがままです。
 保護者の方たちとお子さんが久しぶりにのんびりと、一緒に過ごす時間を楽しめるような一日でありますように。私はと言えば午前中に眠い目をこすりながら、部屋の片付けがほんの少し進むくらいかな、ってところです。