2013/11/21

ストップ!『秘密保護法』大集会

11月21日(木)

 今日の午後6時半から東京・日比谷野外音楽堂で集会があります。私はどちらかと言うと関西が好きで東京は苦手ですが、いろんな集会やデモなどの情報を見るたびに、もう少し近くに住んでいたら参加できるのにな、と思っています。


 今の安倍内閣は戦争ができる国づくりへまっしぐら、そんな印象しか持てないのは私だけではないと思います。経済が行き詰まると戦争へ前のめりになる、戦前の日本の政治家がたどった間違った道のり。その大きな代償と反省から、平和を願い日本国憲法が作られました。

 日本国憲法前文 「日本国民は、・・・、政府の行為によって再び戦争の惨禍がおこる事のないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも・・・」

 1票の格差があり、違憲状態が続いている中で、国民の多数がおかしいと考えている「秘密保護法」をあくまでも成立させようと躍起になっている安倍内閣。そして、自民党と対決するとのポーズさえ投げ出して、そそくさと合意している「みんなと維新」。参院選が終わってから、自民党国会議員の中からも「自共対決」の声が聞かれるのも当たり前のことです。選挙前から言われていた「みんなと維新は、自民の補完勢力」がここへ来てもはっきりしてしまっているのですから。

各地で行なわれる学習会(精華町版)

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿