2013/11/24

秘密保護法案学習会

11月24日(日)

 今日は暖かくて穏やかな一日でした。絶好の行楽日和で京都市内は大変な人出のようでした。長女が行ってる専門学校も昨日と今日が学園祭だったようです。息子はお姉ちゃんの学校を少し見学してから、京都大学の学園祭に行って来たようで、帰って来てからうるさいくらいに京大のことを報告してくれました。
 母としては娘の学校の方を知りたいのですが、どうやら口止めされている様子。こういう時はとても仲良しの姉弟になります。

 さて、母はと言えば今日は午後3時から精華町で行なわれた「秘密保護法案学習会」に参加して来ました。危機感を抱いている人が多いのか参加者も多く、最初に用意していた机とイスでは足りずに追加で並べました。
 内容を聞けば聞くほど戦前の「治安維持法もどき」の秘密保護法案。一体安倍首相は何がしたいのか、どこを目指しているのか。先に行なわれていたパブリックコメントでも、また世論でも反対の方が多いのに、国会でも森雅子少子化担当相の「それは言えません」状態の答弁では、十分な審議どころか知らない間に通してしまえという考えが見え隠れしているみたいです。
 
弁護士による学習会


「国民の知る権利」は、福島第一原発事故の対応を見ても決して十分とは言えません。それがこの法案でよりいっそう隠されてしまい、知ろうとすれば逮捕されかねない、そんな事が許されて良いはずがありません。今日の学習会でよりいっそうその思いを強くしました。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿