2013/12/01

かわいそうな17歳

12月1日(日)

 今日は年に2回ある南加茂台の大掃除の日でした。みんなで公園の掃除をして、自宅前の溝ブタをあげて落葉や砂をきれいに掃き清めます。今朝はここ数日の冷え込み方よりはましで、公園でもくちぐちに「風もなくて気持ちいい日ですね」と、大掃除も苦にならずにすみました。
 いつもでしたら公園の掃除は夫に行ってもらい、私が家の前を掃除している所へ戻って来たら一緒に済ませるパターンです。ところが昨日から飲み会に行きそのまま京都市内の実家に泊まってくると言うので、久しぶりに公園へと足を運びました。たくさんの人たちが早くから始めていてくれていたようで、着いた頃にはほとんどきれいになっていて、ゴミ袋につめる作業を手伝うくらいでした。みなさんありがとうございます。

 家に帰ってから、息子に「掃除手伝って」とお願い(半分以上強制)し、手伝わせました。「誰も子どもが手伝っているとこないやん」「みんな賢いなって思ってはるで」「かわいそうな17歳やって思われてるわ」「昨日お寿司連れて行ってあげたやん」「あれは誕生日に何もしてくれへんかったからやろ」「…」

 金曜日に17歳の誕生日を迎えた彼ですが、会議があったのと夕方近くまで用事をしていたせいでケーキも赤飯もなしの誕生日でした。そこで、夫が土曜の夜いない事もあって、二人で久しぶりにお寿司を食べに行きました。ところが渋滞の時間に引っかり、いつもより長い時間車の中で議論。
 「面接の時に携帯電話に出てはいけない常識」も教えないといけない世の中になって来た話。パソコンでの品物の誤発注(20こ→2000こ)の時に、受けた側が気付いて確認すべき(母)、発注者の責任だから確認しなくても良い(息子)、などなど。

 言いくるめるつもりはないけれど、痛いところちょっとした矛盾をばんばんついてきます。それに丁寧に(少し腹立たしい時もありますが)答えながら、どうすれば良いのか、どのように対応すべきか、答えを見つけ出して行きます。お寿司やさんに着く頃にはとっても疲れました。

 でも、文句を言いながらも溝ブタをあげて、母より丁寧に掃除をしてくれる息子を見ながら、またお寿司屋さんに二人で行こうと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿