2014/03/11

本当の願い

3月11日(火)

 いろいろと用事をしていてふと気づくと日が変わっていました。今日は3月11日、あの日から3年になります。ほんの少しの偶然と現場で頑張ってくれてた人たちのおかげで、日本全体に被害が及ばなかったあの日。
 そのことも忘れて今、政府は国内の原発の再稼働をねらい、海外へ原発を売り込もうとしています。被災地では人手も資材も不足して、思うように復興が進んでいない事、東京オリンピックのためにもっと復興が遅れてしまう事が予想される事。いつからか日本人は「自分のことだけ、自分の幸せだけ」を追い求める人が多くなったんでしょうか。せめて今日だけは被災地に心をよせて、みんなの幸せを願いたいものです。

 3月20日に京都府知事選挙が告示されます。今の府知事は「消費税増税の決断に敬意を表」し、「原発の再稼働」を容認しています。そんな現知事を市会議員が「有志一同」と言う名で…。有志と言っても声がかからないのはうちの会派ともう一人くらいですが。



行動する医師、尾崎さんに激励の花束をプレゼント

 京都から、「所得の低い人ほど負担の多い消費税には反対」「フクシマの事故の原因究明もできず、収束もしていない、原発はゼロへ」の新しい府知事を。
 京都から「世直し」。心の底から願わずにはいられません。

0 件のコメント:

コメントを投稿