2014/03/20

卒業式

3月19日(水)

 今日は市内の小学校の卒業式でした。寒い日にあたった年は、式の間ずっと座っているとからだが冷えきってしまうほどですが、穏やかな天気でしたから体育館の中でも寒さがマシでした。
 今年の卒業生は44人。「う〜ん、本当に減ってきたなぁ」としみじみ思います。それと毎年子どもたちが壇上でこれからの抱負を語るのですが、今年はついに「先生になりたい」と言う言葉がなかった事。かろうじて一人「保育園の先生になりたいです」と言いましたが。



 以前は男子はスポーツ選手(野球やサッカー)に、女子は先生や保母さん、パン屋さんやケーキ屋さんが多かった記憶があります。今年は「勉強や部活を頑張る」「教科(数学を、理科を、英語を)頑張る」が多く、少し悲しい気持ちになりました。
 小さい時ほど夢は大きかった気がします。大きくなる毎に夢が小さくなり、現実を見つめて、最終的には「自分の身の丈にあった仕事」や「環境」を選ぶ。人によっては「夢」に近づけるように努力をして、夢を現実にする。
 
「少年よ、大志を抱け」、中学校の卒業式に遠くへ引越す友だちへの色紙に書いた気がします。そんな事を思い出しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿