2014/04/27

息子に頼んで

4月27日(日)

 ここ数日本当に暑くなりました。特に日中車で移動する時は大変でした。
 昨日も渋る息子を連れて、あまりに暑いので夕方から、梅美台へ議会報告を配りに行ってきました。夫は飲み会、娘はバイトが夕方から夜までの時間だったので、息子に晩ご飯を食べに連れて行ってあげるからと言って。
 普段なかなか会えない知人や友人に声をかけながらなので、すぐに足が止まってしまいます。息子は恥ずかしいのか少し離れた所で『もう、また話し込む。まだ〜』という顔。暗くなってきたのでこれ以上は無理と言われ、二人で車に戻ると「この仕事(全戸配布)引き受けて来んときや」と。「何言うてんの。みんなに配るの少しずつ頼んでいる側やのに」「もう〜」
 それでも休日の夕方なので久しぶりに会えた人も多く、いろんな話しを聞けます。「知事選、残念でしたね」「そこの曲がり角にカーブミラーが要ると思う」「小学校の牛乳、どうなってるのかな」「職場変わろうかと思って」「学校は今ちょっと落ち着いているみたいよ」などなど。
 
ここ数日は、春から夏へひとっ飛び

 全戸配布はきついけれど、時間をかけて話ができたら楽しい時間になります。今日は10時過ぎから残っていた所を一人で行ってきたけれど、やっぱり暑い。
 その中で、去年の10月に赤ちゃんが生まれていたけれど、行けてなかったおうちに今日はお邪魔できました。「もう半年経っちゃったんだね」と言いながら。抱くと泣く人と泣かない人がいるらしいけれど、私が抱っこすると良い顔で笑ってくれました。
 赤ちゃんの笑顔は回りを幸せにしてくれます。その笑顔を見ながら「おばちゃん、頑張るからね」と、約束して帰ってきました。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿