2014/05/27

経ヶ岬の米軍基地

5月27日(火)

 3月に米軍基地問題のDVDを見る勉強会に参加しました。新しい米軍基地を作る、平和を愛する人たちの願いとは別に、住民無視の中進められている実態。
 そして今日の午後から、地元に事前の説明もせずに工事着工へと進みました。そのニュースが聞かされたのも週末。京都府も京丹後市も知らされないまま、新聞社のニュースで知って、確認に走ったような状況です。

 これまでも米軍基地に関しては、日本が独立しているのか、疑ってしまうような事件が多く発生している中、強引に進められています。こんな事で良いのか。これからも抗議の声を強く届けて行かなければ、「国民主権、平和憲法」が後回しにされ、ないがしろにされてしまいます。
 真に平和を愛する日本国民として、子どもたちを本当に守ることができるのは、武器ではなく「愛」です。
 

 

2014/05/22

高校生のデート

5月21日(水)その2

 土曜日の午前中は、103歳で亡くなったおばあちゃんのお墓参りに行ってきました。以前は市街地にあるお寺の中に本家のお墓があったのですが、高岡駅からおよそ6㌔離れた市営の二上霊園に移したようです。ケイコが車で連れて行ってくれたので本当に助かりました。おかげで午前中に用事をほぼ済ませることができました。
 ところが、夜には久しぶりの友人たちと晩ご飯を食べる約束はあったのものの、まだまだ時間があります。待っている間にドラえもんの路面電車に乗りたいけれど、いつ来るのかわかりませんし、駅でじっとしているのも飽きてきます。でめに連絡をすると富山から高岡へ早めに来てくれました。
あれは、もしかしたら

絶対、そう

乗りたかったドラえもんが目の前を通り過ぎました


 「高岡コロッケ」を食べたいとリクエストすると、古城公園に行く途中にお店があると言います。着いてびっくり。中学生の頃に住んでいた家のすぐそばにある、お気に入りだったお肉屋さんのコロッケです。コロッケを揚げてくれるおじさんも昔と全然変わりません。私が中学生の頃って、あのおじさんいったい何歳だったのかしら?

遊覧船から見た新緑の古城公園

 ふたりで1個ずつ食べながら公園に行き、初詣によく行った射水神社に参拝。そのあと「お濠めぐり遊覧船」に乗りました。「どこから来たがけ?」「富山市と京都からです」「京都からけ?これ(ゲストブック)に書いてま」

私たちの乗ったアイトラム



 帰りは船を降りて来た道とは反対側の路面電車が走る大通りに出ました。15分毎に走っているのでとても便利です。来たのはドラえもんではなくアイトラムLRTでした。二人で「車がないから、高校生のデートみたいやね」と笑いつつ、あらためて万葉線から見る高岡を満喫しました。



2014/05/21

高岡古城公園を歩いて

5月21日(水)

 週末は木曜日から家を空けていたので、日曜に家に帰ってパソコンを開けてびっくり。広告も含めてですが、メールが44件入っていました。
 
一瞬見間違いかと思った件数

 高岡へは議員になる前から帰ってなかったので、本当に久しぶりに高岡に帰ってきました。もしかしたら5年ぶりぐらい。必ず会おうと約束して電話を入れた友人が3人。小学校からの友人のたぁちゃん。高校からの友人ケイコ、そのケイコを介して仲良くなった友人でめ。

 金曜日の2時半には高岡に着く私のために、たぁちゃんは休みを取っておいてくれました。「どこに行きたい?」「高岡大仏、古城公園、雨晴海岸」この3カ所ははずせません。日本3大大仏と思っていますけど、優しいお顔の大仏様の座っている台座の中はぐるりと回ることができます。子どもの頃はもっと長く感じたのがあっという間の距離です。もっと暗くて怖い地獄絵図が飾ってあった気がするのですが、窓を増やしたのか思ったより中は明るく、子どもの頃に感じた怖さはありませんでした。
高岡大仏

 古城公園にはこじんまりとした動物園があります。ペンギンやポニーやフラミンゴ。クジャクが羽を広げていました。「写生でクジャクの絵を描いたよね」と、小学生の頃の二人に戻ります。


 そこから車で少し足を延ばして、義経が雨が止むのを待ったと言う「義経岩」のある雨晴海岸へ。残念ながらこの日は見えませんでしたが、天気がいい日は海の向こうに立山が浮かんで見えます。

後ろ姿の出演、たぁちゃん

 夜はフレンチのお店に連れて行ってもらい、何年分かのおしゃべりを楽しみました。


 

加茂笠置組合(その2)

5月20日(火)

 その1からいきなり2日経ってしまいました。月曜日は朝から会議の連続で、夜は疲れて寝てしまいました。まぁいつものことですが。


 医王の里で感激したのは、「木もれ日の道」と「ササユリの道」です。両方で510mほどの距離で木のボードをならべた遊歩道です。2009年から6年かけてテレビ局のイベントにタイアップして整備していったそうです。痛んできたボードの取替は市民参加のイベントとして、1枚500円で取り付けを行ないます。今年も7月と9月に「森のファミリースクール(年5回)」の一環でボード製作と取り付け、あわせて新設木道の基礎作りも行なっています。募集定員は100人だそうですが、毎回好評で定員割れすることなどないようです。


生えている樹もそのまま大切に

 道はバリアフリーで、高齢者や車いすの方でも歩きやすく(まぁ多少ガタガタするでしょうが)自然を満喫できます。他にも「森のファミリースクール」では下草刈りや竹伐採などもあります。木に親しみ山の大切さを学ぶことで、大人になった時に林業に進む子どもたちも出て来るでしょうし、今林業を支えている人たちも山を守ることの延長で教える喜びも味わえることでしょう。子どもが小さかったら、家族全員でぜひ行きたい企画だと思いました。
ボードにはそれぞれのメッセージが書かれています


 

2014/05/19

加茂笠置組合の視察研修

5月18日(日)その1

 先週の15日〜16日に金沢市へ森林保全などの先進地視察に行ってきました。人口規模、財政力、観光資源の豊富さなど、木津川市とはかなり違いはありますが、いくつか素敵だな、取り組めたら良いのになと思う所がありました。
 木曜日は「平栗いこいの森」に行きました。カタクリの群生地やギフチョウの生息地域としても知られています。面積は約67haで、1985年に保安林指定(水源かん養保安林・保険休養保安林)がされています。自然をそのまま活かした雑木林が広がる地域を、地域住民で組織された「平栗いこいの森振興会」に管理を委託しています。
 地域住民と言っても登録されているのが8世帯だそうです。ちょうど家の前でタケノコの皮むき作業をしている奥さんたちがいらっしゃいました。向こうもきっと「こんな雨の平日に来る人は珍しい」と思っていたのではないでしょうか。あいにくの雨でしたが、清々しい気分を満喫できました。

 金曜日には「医王の里」に行きました。ここは市民向けの森林総合利用施設、林業関係者の保養・研修施設、また医王山登山の拠点として、年間2万人弱の多くの方たちに利用されています。


 オートキャンプ場としての利用も多いようですが、バンガローやバーベキューコーナーが一番人気だそうです。こちらは「金沢森林組合」に市が土地を(一部借り受けている)無償で貸し付けて、森林組合が施設使用料で管理費を賄っているそうです。

 

2014/05/12

耳塚

5月12日(月)

 最近ずっと「集団的自衛権」や「積極的平和主義」など、一見耳障りが良さげな、かと言ってよくわからないような言葉が新聞で踊っています。どちらも他国で戦争ができる、戦争に行くことができる、そのための準備の言葉であると言って過言ではありません。
 先日、国立美術館に行った時に、すぐ北側に隣接している豊国神社に立ち寄りました。そして耳塚にも。今から考えれば、首をはね耳や鼻を切り落として持ち帰って来る、なんて恐ろしい事でしょう。でもそれが武勇でした。
豊国神社のすぐ西にある耳塚

 他国へ攻め入ってたくさんの人を殺し殺され。いくどとなく戦争が繰り返される。そしていつも犠牲になるのは民衆です。国民です。

 日本国憲法の素晴らしいところは、戦争を放棄した事。国民主権。世界平和を追及している事です。私たちはどんな未来を作り上げたいのか、耳塚首塚をつくるような世の中にしたいのか。憲法9条に照らし合わせればおのずと答えは出てきます。
 9条がノーベル平和賞に輝く事を祈念します。

2014/05/07

南山城の古寺巡礼

5月6日(火)

 GWも最終日。今日は朝から良いお天気になり、洗濯もはかどりました。明日から子どもたちの学校も始まり、また忙しい毎日に戻ります。去年のこの時期は精華町議選挙の応援で忙しくしていたので、今年はGWが長く感じます。
 
 ちょうど今京都国立博物館で4月22日から「南山城の古寺巡礼」と題して、国宝や重要文化財が展示されています。何度か訪れて目にしているはずの浄瑠璃寺や岩船寺の仏様たち。近くに住んでいながら行けていなかったお寺の素晴らしい作品の数々。見応えがあります。

ツツジも見頃です


 
 仏様のお顔を見ながら、いつの時代もみんなが平安な世の中を願い、この仏様たちに手を合わせていたのだろうと思いました。そして同時に、そこには権力者に翻弄された多くの民がいたのだろうと。

 今また戦争へと駆り立てようとする“権力者”が出て来た事を、そんな世の中の移り変わりを仏様たちはどんな思いで見つめているのでしょうか。

 6月15日まで特別展覧会は行われています。どうぞ足を運んでください。

2014/05/05

円山公園、憲法集会

5月3日(土)

 最近では毎年恒例のようになってきている円山公園での「憲法集会」への参加。義母が岡崎のマンションで暮らすようになった事もあり、歩いて行ける距離にみやこメッセや円山公園があります。ちょうどGWでもあり、義母のところに遊びに行く日を憲法集会の日に合わせ、京都に行って来ました。
 去年は精華町の選挙も有り、円山公園まで行かなかったので、2年ぶりの参加となりました。昼間は思ったよりも涼しくて過ごしやすい日でした。
日本共産党の穀田議員の挨拶

19歳の大学生を含む若者トーク

 夜ご飯を家族で食べようという話になっていたので、4時からの憲法ウォークには参加しませんでした。でも、来年は一人でも歩いて来ようかなと考えています。

 メーデーや憲法記念日。普段何気なく暮らしているけれど、その大切さをあらためて認識させられる日です。

2014/05/02

メーデー

5月1日(木)

 今週の前半は雨が多く、洗濯物が乾ききらないようなお天気でしたが、今日はちょっと蒸し蒸しするものの雨も上がり良いお天気になりました。
 今日はメーデー。何度かブログでも紹介しましたが、私の故郷の高岡では市をあげての「御車山祭り」が行なわれています。なので、子どもの頃はメーデーという感覚はなく、5月1日はお祭りの日でした。

 京都に来てから「メーデー」を知って、党員になってからメーデーに参加するようになったというのが本当のところです。最近は特に働く人たちの権利がないがしろにされているような状況で、もっと自分達の権利や働く意味を考える日になって欲しいと思います。なかなか参加しにくい労働者の代わりに、短い距離ですが参加者と一緒に「雇用は正社員があたりまえ、若者に仕事を」「消費税大増税ストップ、社会保障を切り捨てるな」「住民サービスの低下を許さず、住民本位のまちづくり・地域づくりを」「憲法を守れ」「原発の再稼働反対」などなど、シュプレヒコールしながら歩きました。
女性からのメッセージは「原発反対」「憲法9条を守れ」が多い

  
 デモ行進の前の集会では持ち寄ったプラカードの審査をします。最近はプラカードより立体的な作品が増えてきましたが、どれもこれも願いの詰まった力作ぞろいです。

プラカード審査で表彰された力作


 本当の経済再生には働く人たちの賃金アップ。長時間労働や過密労働をなくして、やりがい働きがいのある職場にすること、それしかありません。メーデーの大切さを考えながら、今年も参加しました。