2014/06/27

11:12の悔しさ

6月27日(金)

 昨日で6月議会が終わりました。6月は例年市長の「専決」が多く、議案は少ないので最終日も1時半には終わりました。

 議案は6件、議員発議の意見書が6件。全会一致は厚生常任委員会から出された「中学校卒業までの子ども医療費助成の早期実現を(府に)求める」意見書です。京都府知事と河井市長が知事選挙の個人演説会の中で交わした公約だそうです。ただし、それをいかに木津川市で早く実現させるかが今後の議員の仕事になりますが。

 よくわからないのが「『水銀に関する水俣条約』の早期発効と水銀含有廃棄物の国内適正処理体制の確立を求める」意見書に反対する議員(さくら会)」の態度です。厚生常任委員会に陳情として出された時にも「国のことだから(市議会から出さなくていい)」という、さくら会議員の発言で厚生常任委員会での全会一致になりませんでした。それではと、厚生常任委員会所属議員の有志から再提出されてきた経緯があります。

 「憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対」の意見書は、賛成11・反対12で否決。質疑の途中から「憲法解釈の変更が勝手に1内閣の手で行なわれていいのか」という根本問題から、「個別的自衛権と集団的自衛権の違い、3要件とは」などと意図をすり替えられたような気がします。議員自らが「憲法を守る」という立場を放棄したようで、一番腹立たしい思いがしました。
 
 自分(自民党)の支持率が高い間に「憲法解釈の変更」で、戦争への道筋をつける。それに追随しようとしている公明党。その縮図が木津川市にもあるようです。


0 件のコメント:

コメントを投稿