2014/07/18

広報委員会

7月17日(木)

 朝から愛知県幸田町に広報委員会で研修に行ってきました。

 全面カラー印刷の「こうた議会だより」は、表紙にはふんだんに人物写真を用いています。それだけでもやはり目を引きます。裏表紙も小中学校の子どもたちの「あいらぶ・マイタウン」というテーマでの作文。子どもたちにも興味を持ってもらおうという事だそうです。
 議会傍聴にも平均20〜30人は来るそうです。「幸田町」になって60周年であることとか、地域差はありますが、いろいろと参考になります。片道約3時間のバス。腰が痛いのが難点ではありますが、井の中の蛙にならずに勉強吸収して、これからも市民にもっと近くなる議会をめざしていきます。
幸田町役場玄関前で


 市民や国民にとって議会・国会が近くなる事で、安倍政権の暴走も止めることができる。苦労は多いですが、頑張って行きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿