2014/09/28

穀田さんと街頭演説

9月27日(土)

 今日は久しぶりにとても暑い一日でした。良すぎるお天気の中、市内のほとんどの小学校で運動会が開かれました。私は子どもたちもお世話になった南加茂台小学校と、知り合いの多い梅美台小学校に行ってきました。梅美台は児童数が多いため、じっと見てもなかなか探しきれません。まもなく1000人になるのではないでしょうか。

 午後からは国会議員の穀田さんと一緒に街頭演説。これも暑かった。聞いてくれていた方達も暑かったと思います。ありがとうございました。
 

9月議会終了

9月26日(金)

 長くてタイトな日程だった9月議会が終了しました。今回、11:12の僅差で採択されなかった集団的自衛権の閣議決定撤回を求める市民からの請願。「集団的自衛権」のことはさておき、一内閣が憲法をないがしろにして閣議決定という手段を使うことは「あかんやろ」の請願です。
 それが、委員会でもそうでしたが、集団的自衛権のことはどうだとか話をすり替えて採決に持ち込もうとしている。真実を見抜けない、真正面からとらえない議員がいることに疑問を感じます。他にもいろいろありますが…。
 多くの場面で、議員団が以前のように4人だったらと思いました。来年はリベンジです。
 

2014/09/23

2014 京都まつり

9月23日(火)

 素晴らしい秋晴れの一日でした。宝ケ池公園で「京都まつり」が開催されました。参加者は約1万4千人だそうです。小さな子どもさんを連れた家族連れも多く参加していました。
参議院議員の倉林さんと

 4年前は年末まで仕事をしていましたが、候補者として初めて壇上に登り、手元の紙を見ながらですが「決意表明」を話しました。今回「決意表明」をした新人候補者3人は、紙も見ずに堂々と話していてすごいなぁと同じ舞台にいながら感心していました。

顔写真と名前の入ったのぼりを持って歩くのは、
いまだに恥ずかしいですね

 山城地区委員会での紹介は木津川市の4人(酒井・森岡・宮嶋・西山)、和束町(岡本)、八幡の府会候補(森下)の6人でした。4年前は恥ずかしい気持ちの方が大きかったのですが、さすがに今回は違う気持ちです。多くの候補者と互いにエール交換して元気をもらいましたし、来年4月の選挙では市民の願い実現のために頑張りぬきたいと思いました。


 みなさんの応援をよろしくお願いします。

2014/09/19

決算審査2日目

9月19日(金)

 昨日から始まった決算特別委員会。昨日は夕方6時前には終わりました。出席者の方々ご苦労様でした。木津川市の1年間のお金の使い方ですから、もっと質疑が活発になっても良いのではとも思うのですが、昨日はほとんど全員発言でしたが、質問項目が少ないと感じました。
 それでも早めに終わると助かります。夜の会議までに家へ戻る時間ができました。夜の会議で笠置の向出議員から「笠置は『決算だから言っても仕方ない』と、質疑がほとんどなく終わってしまった」そうです。共産党議員が問題点を指摘しないと、他に発言者がいない。良くあるパターンです。向で議員いわく「他にも質問が出るかと待っていたら、あれよあれよと言う間に終わってしまう。反省している」とのこと。反省しないといけないのは他の議員だと思うのですけれど。

 昨日の朝は梅美台西交差点で朝宣伝をしていました。さすがに一日がとても長かったですね。夜もいつもよりは早く寝ました。

朝から一緒に宣伝してもらいました

 今日の委員会もしっかりとチェックして、次年度以降の市政に反映できるようにしたいものです。

2014/09/17

一般質問

9月17日(水)

 今日は議員団の二人共が一般質問に立ちました。朝一番が酒井さん、4番目が私です。たぶん2時前後と予言していた通り、2時5分からのスタート。まぁ、予言したのは私ではなく酒井さんですが。

 酒井さんの質問で、市老連問題。わかる人はわかる。知らない人には少し難しかっただろうな。でも、当事者の二人が議場にいた中での質問。あの二人はどんな気持ちで見ていたのか、感想を聞きたいくらいです。

 また、村城さんを始め知っている人が何人か傍聴に来て下さいました。たまたま夏ぐらいに「たまにはみんなで西山さんの一般質問を聞きに行こう」って話になっていたそうです。お昼ぐらいまでは良かったんですが、やっぱり知り合いが傍聴に来ているのを見るととても緊張します。途中早口になるわ、最後は質問の持ち時間がオーバーしてしまい時間切れになるわ。落ち着いてやらないといけませんね。

 でも、来て下さったみなさん、ありがとうございました。明日からの決算委員会も全力投球します。

2014/09/16

敬老会

9月15日(月)

 今日は敬老の日です。いろんな所で長寿を祝う会が催されていると思います。木津川市では3カ所で敬老会が行なわれます。14日に加茂町のあじさいホールで行なわれた敬老会に出席してきました。
 敬老会は75歳以上の方たちが対象ですが、市内の対象者は7,361人だそうです。市の人口が72,000人ほどですから、約1割になる計算です。そのうち加茂地域に住んでいらっしゃるのが2,073人。会場にお見えのみなさんもとてもお元気でした。

衣装も可愛い加茂少年少女合唱団


 式典のあとのアトラクションは、お馴染みの加茂少年少女合唱団と音楽芸術協会のみなさん。続いての演芸は、初めて見る「茜流 京都十二単舞踏」と、「君島遼 ものまねショー」でした。家に帰って息子に「ねえねえ、君島遼って知ってる?なんとかって番組でキンタローを抑えて優勝したって」「知らん」「結構似てておもしろかったよ。枚方に住んでるんだって」「ふーん」

小林幸千子の真似、男性なんですよね


 息子にしたら、母は仕事だと言って出て行った割にものまねがどうのとか、忙しいんだかなんなんだかって気持ちでしょうね。ただ、いつも思うのが、会場にいる多くの方はちょっと年齢が高い人たちばかり。笑う所も少しずつずれるか遅れるか…。
 笑う事が健康に良い影響をもたらすそうですし、みなさんも忙しい中でも「笑うこと」を忘れずに過ごして下さい。

 

2014/09/13

今年は野菜が高騰

9月13日(土)

 今年は秋が早く来たのか、朝晩の気温が低くて、今朝などは涼しいというより寒いくらいでした。うっかり窓を空けて寝ていたら、寒くて気がつくぐらいです。

 台風や雨の影響で、野菜も不作だったりで結構値段が高いです。レタスなんてびっくり。消費税があがっているからさらに追い打ちをかけています。

 今年は野菜をいただく時には、同じものばかりが重なってしまったりしました。大好きななすびもあまり重なると少々…。

娘がおもしろがって、自分の眼鏡ケースを並べました。

 世の中3連休ですが、家族で出かける計画もなく、たまっている仕事をこなすことになりそうです。


2014/09/07

良い話

9月6日(土)

 今日は昼から良い話を聞かせてもらいました。私も尊敬している夢街道国際交流会館の比嘉先生の講演「輝くために生まれてきたのだから」です。

 今の世の中は「ゆっくり理解する子が追いやられている」、「自己主張(個性)を育んで行く事が大事」で、「子どもは親の所有物ではない。命令していないですか」などなど、はっとする言葉が山ほど。自分の生活にいかせるか、子どもに向き合えるか、自問自答しながらもしっかりと心に刻んだ時間でした。

 比嘉先生を始め計画を立てて下さったみなさん、ご苦労様でした。そしてありがとうございました。

不採択と採択と

9月5日(金)

 あっという間に過ぎて行く毎日。歳をとると一日が早く過ぎる、という事がなんだか妙に今週は当てはまっています。今週というより先週、正確には9月議会が始まってから特に「一日が早く過ぎて」いきます。

 今週の議会は2日の総務文教委員会から3日厚生委員会4日産業建設委員会。3日間とも終わるのが早くて3時半、遅くて4時半。傍聴するのも体力が要ります。

 私の所属する総務文教委員会では「集団的自衛権行使の閣議決定撤回を求める意見書」の請願が不採択に、厚生委員会では「中学校卒業までの医療費助成の拡充を求める」請願が採択になりました。
 医療費助成に関しては、いつも市民からの請願を目の敵のように反対する会派が賛成に回った時には、私の目が点になりました。どういう理由か真意はわかりませんが、議会として合意し採択できる道が見えた事はうれしい限りです。

 総務文教委員会では、3人の方たちが「戦争は絶対にいけない」「平和の尊さ」をそれぞれの関わり方や体験から訴えて下さいました。委員会の中だけでお聞きするにはもったいないくらいのお話でした。その後に行なわれた議員同士の自由討議よりよほど主張がはっきりしていました。あとで傍聴していた方から「議員の力量の差が露呈した」との感想を聞きました。

 市民の願いとかけ離れた感覚の議員と議会。力量の差は市民の指摘、傍聴によってしか改善できません。ぜひ傍聴にお越し下さい。