2014/10/26

標的の村

10月26日(日)

 今日の午後、奈良県平和委員会が主催した「2015年日本平和委員会全国大会・奈良プレ企画」の『標的の村の上映会』に行ってきました。

 オスプレイ配備のためのヘリパッド建設に反対し、座り込みをしていた住民たちを国が「通行妨害」だとして訴えた裁判。その被告に8歳の少女の名前が連なっていたことは、何らかの記憶に有る方も多いと思います。私も新聞記事を読んで、現場に行ってもいない子どもを「被告」として訴えるなんて、笑い話?とさえ思いました。
 この裁判は外国では禁止されている「SLAPP(スラップ)裁判」としての側面も持っていました。日本では巨大な権力を持つ“日本国”が、自分たちの生活・命・未来を守ろうとする力の弱い住民に対して、圧力をかける裁判。嫌がらせ裁判が堂々と行われる。信じられませんが、それが今の自民党政治を象徴しています。

 住民の願いも受け入れてもらえず、議会で「受け入れ反対」の決議をあげたのに、無視して強引に工事を進める。だから、座り込むしかない。
 
 沖縄のおばあの言葉が胸に刺さりました。「座り込む」までに何もしていなかったわけではなく、すべての事をして反対を伝えて来た。だけど何も伝わっていない。
 悲しさを通り越してのみんなの行動であることに、私たちはもっと敏感にならなくてはいけないと思いました。沖縄だけの問題ではない。日本すべての問題。

 当時8歳で訴えられた少女は、映画の中で11歳の時に「お父さんとお母さんが頑張れなくなったら、私が頑張る」と決意を語っており、そこには希望の光が見えました。
 私たちは決してあきらめない。


 「やんばる東村 高江の現状」で、検索して下さい。
 


2014/10/25

なつかしい写真

10月25日(土)

 前回のブログ「悪妻」から早くも1週間。あの日、優しい良妻は夫を大阪へと送り出すはずだったのですが、結局夫は出かけるのを止めてケーキを作っていました。

 苺が見当たらなかったとかで、フルーツの盛り合わせを利用したそうです。器用な夫です。
冷蔵庫には本人が作ったバースデーケーキ


 
 やってみっちゃとは別に議員団で交替に団ニュースを書いて、「団ブログ」に載せています。26日号は私の番だったので、小学生の時の担任の先生の話を書きました。そこに載せる写真を捜していたら、なつかしい写真が出てきました。
 この時に写っている木造の校舎は、私が5年生の頃には4階のコンクリートの校舎になってしまいました。数少ない小さい頃の写真の1枚です。





2014/10/20

悪妻

10月20日(月)

 今日は夫の誕生日。昨日は高島市で行なわれた「びわ湖高島栗マラソン」とやらに行っていました。朝の5時過ぎに自宅を出て、初のマラソン(クォーターですが)に挑戦してきたようです。全部他人事のような言い方ですが、一緒に行ったわけでもないのでついつい他人事になります。
 4000人以上が参加して行なわれるそうで、参加賞に栗をTシャツをもらって帰って来ました。記録は58分07秒、それが早い方なのか遅い方なのか、初めてにしては良い方なのかもわかりません。「きっと疲れてへとへとになるから」と、今日は有休を取っているそう。私のためには休む事などないのですが、自分の趣味には…。
 もっと疲れて帰ってくるかと思ったけれど、いつものように「膝が痛い」とも言わず、案外元気です。そこで、せっかくの有休ですから、午前中は私の連絡所看板を立てにいくことにしました。ちょうど一人ではできないからどうしようかと思っていた2カ所です。本人は「別に用事はないけど、大阪にでも行って来ようかと思ってた」と。なんだか怪しいけど。一仕事してもらってから、笑顔で送り出すことにしました。

 昔から誕生日をしっかりお祝いするというわけでなく、いつも義母に誕生日が近づくと「鯛と赤飯ぐらいは用意してやってね」と言われていました。いつの頃からか、義母も言わなくなりました。今晩も会議があるし、ケーキぐらいは…。

2014/10/17

リニアは誰のため

10月17日(金)

 JR東海のリニア中央新幹線の計画(品川ー名古屋)の認可がされました。8月の申請から約2ヶ月でのスピード認可。地方再生を掲げながら、やっている事は反対に東京への一極集中を促すような話です。
 特に環境への悪影響が懸念されているのに、まるで「認可ありき」の対応だと批判が高い今回の決定です。電気をたくさん使い、自然を壊し、なにを目指しているのか。急かされて急かされて、日本は大切なものを見失っているのではないでしょうか。

 今、海外での「スローライフ、スローフード」を紹介する本がよく売れています。外国生活を羨ましがるのではなく、少し以前の日本全体が「スローライフ」の国だった事を思い出し、実践すべきでは。
 そういう私もなにかしら追い立てられて毎日を過ごしています。子どもにもつい「早く」と言っています。みなさんはどうですか。世の中全体がなんだか落ち着かず、その結果、子どもたちを「落ち着いて物事に取り組める環境」から遠ざけている。結果を早く求めていることで、子どもたちを追いつめ、不登校(私はやはり“登校拒否”だと思うのですが)が増えている、そう思えてなりません。

 未来の世代には「平和・自然」とともに、「大切な時間の過ごし方」を残してあげたいものです。

2014/10/11

3連休

10月11日(土)

 大型の台風がこの3連休に日本にやって来ています。このところ週末に台風や雨があり、お天気の崩れる日が多い気がします。台風が来る前に、連休中に稲刈りをしてしまおうと、農家の方たちは大忙しのようです。本当ならもう1日2日待って稲刈りをしたいけれど、台風で稲が倒れてしまったらあかんから、とおっしゃる方も。


 田園風景の美しい当尾は今が歩くも良し、車で行くも良しの楽しめる季節です。観光バスもやって来ています。

 少し歩いてみました、と言っても、いつもの事ながら仕事がらみなのでゆっくり歩いているわけではありません。相談を受けた道路の痛んできている様子を確認してきました。

 あわせて9月議会で話題に上った元当尾保育所も見てきました。閉鎖されて久しいのですが、使わなくなり荒れ果ててしまっています。滑り台やブランコ、子どもたちがいるのが当たり前の風景でなくなってしまうと、いっそう悲しい雰囲気になっています。当尾小学校や当尾保育所、違う方法での使い方も含めて、子どもたちの声が聞こえる状態になってほしいものです。

雑草が茂る園庭

2014/10/09

会議の後に

10月8日(水)

 朝晩がめっきり涼しくなって、寒がりの私は布団カバーを暖かいものに替えようか、もう少し我慢しようかと思いながら寝ています。みなさんはどうですか。

 今日は皆既月食で、ほぼ全国的に見れたようです。夕方6時半から木津で会議があり、終わったのが8時ちょっと回ったくらい。ちょうど家へ帰る時に東へ向かうので、運転しながら見ることもできました。
 私の愛用のデジカメは夫のお古。使い方もよくわからなくて、と言うより、息子に言わせると「覚える気がない」のですが…。車をガレージに入れてからパチリパチリ。まぁ、上手ではありませんが、楽しんでいる気持ちだけ感じて下さい。
ピントも何も…

雲がかかっているせい?

なんとなく見えてきました

どうも三日月に見えて仕方ないけど


 行楽日和のこの季節、ひと時自然の神秘さにふれた夜でした。

2014/10/06

金沢市長選挙に思うこと

10月6日(月)

 このところの議員の不祥事(?)やらなんやらで、「議員」に対する風当たりが強くなっています。真面目に活動している者さえも同じような目で見られる事に腹立たしさを感じていますが。
 週末の岡山県議会では、政務活動費の全活動に関する領収書添付などを義務づける条例改正が、過半数を占める最大会派の自民党の反対で否決されました。1万円以下の領収書は添付しないで良いそうです。
 住民感覚とかけ離れた意識の低さにはあぜんとしましたが、その住民にも「もっとしっかりしてよ」と思ったのが金沢市長選挙の結果です。
 山野前市長が競輪場外車券売り場を巡り特定の業者に便宜を図ろうとした事が発覚しての出直し選挙。金沢市民の良識が問われる選挙だと思っていただけに、再選されているとは…。議員や首長だけですよね。一般人でしたら会社は首、家族さえも冷たい目で見られるような事をしても、同じ職業に就けるなんて。

 そんなニュースを横目で見ながら真面目に活動。日本共産党議員は常に「はっきりものを言い、しっかり働く議員」であることを心がけています。

宇川中学校と経ヶ岬

10月5日(日)

 台風が近づいていて、雨はそうでもないものの時おり激しく風が吹きます。西日本には明日にかけ接近するとの事。最近は局地的な雨に見舞われますので、みなさんもお気をつけ下さい。
 その台風の影響で、今日行なわれる予定だった「市民運動会」が中止になりました。自然が一番予測できず、対応が難しい事であると思いますが、楽しみにしていたみなさんもたいへん残念ですし、準備に携わっていたみなさん、片付けも含めいろいろご苦労様でした。

開会までの時間、会場でみんなで歌う

 新聞にも載っていたりしてご存知の方も多いかもしれませんが、昨日の話を少しします。参加者は約1400人。1000人くらいの集会を考えていて、主催者側も資料を1100部用意していたそうです。2時からの開会でしたが、少し早めに宇川中学校の体育館に着いていた私たちは、参加者が増えるたびに「少し詰めて下さい」の声に移動を促されました。
 地元の「米軍基地建設を憂う宇川有志の会」の永井事務局長の訴えには驚きました。今月中にレーダー搬入があるらしいのですが、中山市長は秘密保護法の先取りの様に情報を知らせることはできないと言う。市民の安全・安心がないがしろにされています。先に取り交わされていた約束(通勤時間帯や休日の工事を行なわない他)も「ガードマンを置く」事以外守られていない実態。日本であって日本でなくなる、それが目の前で行なわれている状況には会場からも怒りの声が上がりました。



 宇川中学校から中浜漁港まで、集落の中の約2㌔の道のりを参加者がアピール行進をしました。近所の人たち(おじいちゃんやおばあちゃん、子どもたち)が時おり手を振ってくれました。発言の中でもありましたが、大きな声で反対と言えない人たちもいるのだと。複雑な立場から歯がゆい気持ちでこっそり手を振る人たちとエール交換したい、そんな思いで歩いてきました。
 



2014/10/04

京丹後へ行ってきました

10月4日(土)

 今、米軍が京都府内に新基地を作ろうとしています。経ケ岬のエックスバンドレーダーです。戦争へとひた走る現政権に対して、平和な日本、京都を守りたいと思い、「丹後に米軍基地はいりません 10・4府民大集会」に参加してきました。

 詳しいことは次回に書きますが、府内外からも含めて1400人ほどの参加があったそうです。私も息子に声をかけたら「興味はある」と言うので、誘っての参加です。
私に似ていると言われています。本人は嫌がっていますが

 京都府の一番南側の木津川市から北側の京丹後市。片道180kmほど。さすがに運転は疲れました。でも、行って良かった。それも次回ご報告します。