2014/10/06

金沢市長選挙に思うこと

10月6日(月)

 このところの議員の不祥事(?)やらなんやらで、「議員」に対する風当たりが強くなっています。真面目に活動している者さえも同じような目で見られる事に腹立たしさを感じていますが。
 週末の岡山県議会では、政務活動費の全活動に関する領収書添付などを義務づける条例改正が、過半数を占める最大会派の自民党の反対で否決されました。1万円以下の領収書は添付しないで良いそうです。
 住民感覚とかけ離れた意識の低さにはあぜんとしましたが、その住民にも「もっとしっかりしてよ」と思ったのが金沢市長選挙の結果です。
 山野前市長が競輪場外車券売り場を巡り特定の業者に便宜を図ろうとした事が発覚しての出直し選挙。金沢市民の良識が問われる選挙だと思っていただけに、再選されているとは…。議員や首長だけですよね。一般人でしたら会社は首、家族さえも冷たい目で見られるような事をしても、同じ職業に就けるなんて。

 そんなニュースを横目で見ながら真面目に活動。日本共産党議員は常に「はっきりものを言い、しっかり働く議員」であることを心がけています。

0 件のコメント:

コメントを投稿