2015/01/26

当尾文化祭

1月25日(日)その2

 午前中に当尾文化祭に行ってきました。約150点ほどの絵や写真や陶芸、手芸などの作品が出されています。大きくて立派な白菜やキャベツ、当尾ごぼうも売っていました。つきたてのお餅が入ったおぜんざいもいただき、お腹も満足です。


木津川アートでも出されいた作品
作家さんの名前を忘れてしまいました、ごめんなさい

 朝着いた時はまだそんなに集まって来ていませんでしたが、私たちが帰る頃にはたくさんの人が訪れ、賑わっていました。横をマラソンのランナーも走っていました。
 手作り感いっぱいの当尾文化祭、また開かれたら良いなと思いながら帰って来ました。

2015/01/25

各地でマラソン

1月25日(日)

 今日、「歴史めぐりマラソンin木津川市」があります。加茂町の赤田川をスタート・ゴール地点として、当尾めぐりなどのコースで、はじめての試みのようです。朝早くは寒いようですが、日中は大丈夫そう。きっと楽しめると思います。

 そして、久御山マラソンも行なわれるそうです。今年の年賀状に「今年はフルマラソンniに挑戦」と書いていた夫は、久御山マラソンのハーフコースを友人たちと申し込み、走ってくるらしい。私は当尾文化祭を見に行くつもりなので、「応援に行けないよ」と言っても、別に気にすることもなくそそくさと荷物を準備し出掛けて行きました。
 お互いにそれぞれの休日の過ごし方、と言えば聞こえは良いのですが。どうやら、互いにわが道を行く二人のようです。

2015/01/22

議会報告

1月22日(木)

 明日あさってと、議員団の議会報告会を行います。23日(金)15時〜16時半、上狛三番区公民館、19時15分〜21時、加茂文化センター研修室2。24日(土)10時〜11時半。東部交流会館和室です。みんなで意見を出し合いながらの報告会です。ぜひお近くの会場へお越し下さい。

 今日と明日は雨のようです。朝の気温はあまり下がらなかったものの、さすがに「寒中」ですね。寒い一日になりそうです。風邪に気をつけて下さい。
加茂駅での朝宣伝、7時ではまだ薄暗いですね



 

2015/01/18

20年の歳月

1月17日(土)

 阪神淡路大震災から20年経ち、各地でいろんな行事が行われました。
 あの朝、自宅の南加茂台でも大きな揺れを感じました。私はすぐに目を覚ましましたが、いつもだったら寝ている時間ですし、少しくらいの地震では気付かない夫も普段にない揺れに目を覚ましました。その横で、まだ3歳になったばかりの娘はすやすやと寝ていました。
 テレビを付けてその光景に驚いた方も多かったことでしょう。自然を相手にしたら人間のなんて力の小さな事か、あらためて感じました。
 ちょうど20年。今年の成人式での「誓いの言葉」を聞いていても、その年に生まれたことを考えるという内容がありました。まだまだ課題も多く残されています。被災された方達も確実に20歳年老いてきました。政治の役割が大切な事を感じる17日でした。

 

2015/01/12

薄桜記

1月12日(月)

 今日、京都四條南座に行ってきました。前進座初春特別公演「薄桜記」を見に。
 と言っても、急にお通夜に行くことになり、薄桜記のチケットは義母に譲り、見て来てほしいと頼みました。義母は優しい人です。2日ほど前に「お義母さん、12日の3時過ぎってなんか予定ある?」と電話をかけて、「予定は空いてるけど」と答えを聞いた上で、「南座でお芝居見ない?チケットあるから。私急にお通夜に行くことになったから」と半ば強引にお願いしました。
 終わってから、「なかなか良かったよ」と言っていたのでちょっとホッとしています。

 今日の前進座公演は、共産党の後援会での恒例の行事です。ちょうど4年前にも行ってきました。それ以降はいつも木津川市の成人式と重なっていたので行かなかったんですが、今年は成人式が11日に行なわれたので4年ぶりに行くことになっていました。
 舞台が始まる前に、4月のいっせい地方選挙の候補者の紹介がありました。宮嶋さんと私と2人だけの参加でしたが。


 今日は義母とお茶を飲む事もせずに帰って来ました。次はゆっくりお茶でも行こうっと。

2015/01/03

1月2日(金)

 昨日、家族から遅れて電車で京都市左京区にある夫の実家に行ってきました。昼までは晴れていて、みんなで「天気予報じゃ荒れるって言ってたけど、大丈夫そうやね」と話していましたが、少しずつ曇って来たと思っているうちに雪になりました。
 せっかくだから初詣にみんなで行こうという頃には、雪が本降りに。傘をさして寒い寒いと言いながら、毎年行っている近くの粟田神社へ向かいました。
滅多に登場しない夫です
社務所横の能舞台に飾られたひつじ


 
 粟田神社はその昔京都へ出入りする要所にあたる場所だったそうで、旅立ちの神社でもあるそうです。わが家にの二人の子どもたちはそれぞれに「旅立ちの年」でもあります。長女は就職で東京へ、息子は自宅通学ですが大学生になります。あらためてそんな由来があるんだと思いながら、雪の中で手を合わせてきました。
写真に写ろうとしない息子と

 外はまだ雪です。車の運転や歩く時は十分気をつけて下さいね。

2015/01/01

寒かった浄瑠璃寺前年越し宣伝

1月1日(木)

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 最初の予報では夕方から夜にかけては雨でしたが、年越し宣伝に行く時間には雨も上がっていました。帰ってくる時には星もきれいに見えるくらい、澄み切った夜空でした。だからというわけではありませんが、寒かった。
見るからに寒そうな二人です

 4年前も寒かったけれど、今年より参拝客が多かったように感じました。お寺の関係者の話でも、例年は開門(11:30)までに門の外には100人くらい並んでいるのが、今年は20人ほどだったそう。それでも嬉しいことに、娘の同級生と久しぶりに会えました。子どもの頃はふっくらしていたのに、今は背も高く男前になっていました。道ですれ違ってもたぶんわからないだろうな。自分の子どもはそう思わないけれど、みんな大人になっていってますね。嬉しいような寂しいような、いろいろ考える4年ぶりの年越し宣伝でした。